ピンサロの一日で貰える給料はいくら?日払いもしてくれる?

2023年12月14日

anaterate / Pixabay

ピンサロで1日に貰える給料はどれくらいでしょうか?
また、ピンサロは風俗の中では珍しく、日払いとは限りません。

ピンサロの給与システムはどちらかというと水商売や飲食店に近いです。
すぐにお金が必要な人、短期で働きたい人に向いていないわけではありませんが、働く前によく確認をしておくことをおすすめします。

ピンサロの給料の相場

ピンサロの日給は2万円から3万円ていどが相場だと言われています。
あまりマナーや会話力が求められる仕事ではありませんが、1人における接客時間が短く、回転率が多いので、1回の出勤で10人ものお客さんにサービスをすることすらあります。

男性 シルエットそうなると毎日の出勤は体力的に厳しいので、週に3日から4日程度の出勤となります。
日給2万円で週に4日出勤した場合、月収は2万円×4日×4週間で32万円となります。
ピンサロは指入れを拒めば生理中でも働けるところが強みです。
そして、年収384万円となります。

年収384万円は専業の風俗嬢としてはあまり高給とは言えませんが、副業としてやるのならば十分な収入と言えるでしょう。

ピンサロは時給プラス歩合制

ピンサロの給料は時給プラス歩合制というシステムが基本です。
これは風俗中でも少し特殊なシステムです。
時給というとはつまり、出勤さえしていれば、待機している間も給料が発生するということです。

永久的な保証があるという考え方もできます。
絶対に手ぶらで帰りたくない、ある程度収入の見通しをたてたいと考えている風俗嬢にとってはとてもありがたいシステムです。
とはいえ、平均的な時給は2500円程度です。
保証だと思えば悪くない金額ですが、風俗の給料としては多いとは言えません。

しっかりと稼ぎたいのならば指名や接客人数を増やしていくことを狙う必要があります。

歩合を増やすには

歩合を増やすためには指名や接客人数を増やすことが大切です。
ピンサロにもよりますが、1人の接客につき、1000円から3000円程度がプラスされます。
指名料のバックはほぼ全額風俗嬢に還元される場合が多いですが、お店によっては風俗嬢に飛ばれないように、指名料の5割はすぐに還元しても、残りの5割は数か月後にまとめて清算をしているところもあります。

指名を受けるためには風俗嬢の努力ももちろん必要ですが、お店のカラーによっても変わってきます。
ピンサロは大きく分けて固定制と回転制があります。
固定制は1人お客さんに対して30分から40分ほどワンツーマンでサービスをします。
このようなシステムだとお客さんは自分の好みの風俗嬢と遊びたいので、指名をする場合が多いです。

一方で、回転制はフリーのお客さんは10分から15分程度で次々と風俗嬢が変わっていきます。
このようなお店だとフリーでいろんな女の子と遊んだ方がお得だとお客さんは考えることが多いので、指名はあまりありません。
しかし、客入り自体は良いので、接客人数で稼ぐことが可能です。

指名をとるのが苦手な人におすすめ

ピンサロ、とくに回転制のピンサロは指名をとるのに苦手な人が風俗で稼ぐのにとてもおすすめです。

風俗嬢がただ待機しているだけでも人件費が発生してしまうので、ピンサロの経営者側からすればできるだけ待機を減らしたいと考えています。
なので、風俗嬢が積極的に指名をとる努力をしなくても、どんどんとお客さんを付けてくれます。
そうすれば指名されるよりは少ないですが、フリー客の接客数で歩合を稼ぐことができます。

だからといって甘えは禁物

待機をしていても給与は発生するし、指名をとる努力をしなくてもお店側がどんどんお客さんをつけてくれるしなどと甘えきって稼ぎ続けることができるほど、甘い世界ではありません。

ピンサロの評判を下げてしまうほどの地雷接客が続けば出勤制限をされたり、クビになってしまったりすることもあるでしょう。
お客さんからのクレームはもちろん、スタッフから丸見えの状態での接客なのですぐにばれてしまいます。
指名をとることに躍起になる必要はありませんが、お客さんに満足してもらう努力は忘れてはいけません。

1日に10人の接客が目安

ピンサロで1日に2万円から3万円を稼ぐためには10人程度の接客をしなければなりません。

これはヘルスやソープなどと比べるととても多い人数です。
短ければ1人10分程度なので1回1回の身体的な負担は少ないですが、それでも10人ともなると大変な労力です。
ピンサロは良くも悪くもシャワーが無いのでシャワーで体力を奪われることはありませんが、それでも、毎回毎回フェラをしていると顎が痛くなってしまうかもしれません。
お喋りが苦手だという人にとってはピンサロの方が精神的な披露は少ないかもしれませんが、毎回毎回初めての人と会うというのが緊張したり、負担に思ったりする人には少し厳しいかもしれません。

最初は大変かもしれませんが、続けていくことで、慣れてきたり、体力を温存する方法を身につけたりしていくでしょう。
とにかく、時間をかけずに抜けるようになりましょう。

ピンサロは日払いアリ?

カレンダー風俗業界は基本的に給料が日払いであることが多いですが、ピンサロはどうなのでしょうか?
ピンサロは経営システムが風俗店というよりも水商売、飲食店に近いです。

なので、風俗嬢への給料の支払いも日払いだけでなく、翌日払い、週払いであるお店もあります。

日払いが多い

翌日払いや週末払いのピンサロもありますが、日払いのピンサロが今は主流です。
翌日前、ましては翌週まで待てないという人は給料が日払いのお店で働きましょう。

日払いでなくても相談次第

給料が翌日払いや週払いのピンサロであっても何か事情があれば融通してくれることがあります。

急にお金が必要になったりしたらお店に相談してみましょう。
日払いではないピンサロは古いピンサロであることが多いです。
日払いでないのは面倒であるように感じるかもしれませんが、ある程度繁盛している老舗のお店ならばお店と風俗嬢の間に信頼関係がある証とも言えます。

蓋を開けたら完全日払いでないことも

求人の掲載や面接の時に日払いであることを謳っているピンサロでも、実際に務めてみたら日払いではないこともあります。

「今日はレジにお金がないから」「〇万円以上は翌日払い」などと言われることがあります。
未払いが増えてきたり、遅延が目立つようになってきたりしたら経営が思わしくない可能性が高いです。
早めに貰うものを貰い、見切りをつけましょう。

種類によっては後払い、分割払いも

求人に入店祝いがあると掲載されていても、入店したその日に全額受け取れることはまずないでしょう。

分割払いや入店して数か月経ってから渡されることが多いです。
これはお店が嘘をついている訳でも経営が思わしくないからでもなく、ただ、風俗嬢に入店祝い金を持って飛ばれないようにするための対策です。
入店祝いがあるお店は入店祝いを受け取るための条件を面接のときに確認しておくのがおすすめです。
高額な入店祝いを提示しながら、受け取るためのハードルがあまりにも高いようなお店はあまり良心的とは言えないでしょう。

ピンサロは1日2万円から3万円が相場、日払いも可能

お金 手ピンサロの給料は1日2万円から3万円が相場です。
ヘルスと比べると少ないかもしれませんが、指名をとる努力はそれほど求められませんし、時給制なので最低限の給与は保証されています。

高度なテクニックも全裸になる必要もありません。
とはいえ、1日で10人は接客をする覚悟が必要です。
心身ともにハードなことも多いです。
給与の支払いは翌日払いや週払いのシステムのお店もありますが、日払いのお店も多いです。

求人欄をみたり、面接の時に確認をしたりするのがおすすめです。