マットヘルスは本番アリ?知っておかないとトラブルになります

2023年12月14日

ASasch / Pixabay

マットヘルスで本番は有りなのか?

マットヘルス・ファッションヘルス・デリバリーヘルスなどヘルスのジャンルに関わらず、ソープ以外の風俗では基本的には本番はNGです。

店舗型のヘルスの場合はプレイ部屋に本番行為は禁止と明記された張り紙や、本番をすると罰金〇〇円などと書いたポスターが張り出されている風俗店もあります。
またホームページを見ると店舗型・派遣型などお店の形態に関わらず本番はなしと記載されているお店がほとんどです。

本番がダメな理由

法律法律に反するから

あまり知られていませんが実は日本では売春を禁止する売春防止法なる法律が存在します。
これは売春行為を行うことで女性の尊厳を害したり、性道徳・社会の善悪に悪影響を与えることがないように1957年に施行された法律で、同年に政府公認で運営されていた赤線が廃止されています。
そのため本番行為を伴う風俗は法律上で違法となっています。
ではなぜソープでは本番行為が許されているかと言うと、ソープは個室付き特殊浴場という位置づけで、ざっくり言うとお風呂で女性が体を洗ってくれるお店という建前があります。

その過程で自由恋愛としてお客さんと行為を行っているという見方をされているので売春には当たらないという理屈です。
それとソープでは在籍女性がローションや避妊具を自分で購入するのでお店が管理して売春を行っているわけではないという点、また入浴料とサービス料が別になっており、絶妙に法律に引っかからないように経営されているためです。
(※単純売春は違法ではないが管理売春(お店で売春を斡旋する形態)は違法と言う解釈)。
屁理屈じゃないか、と思う人も多いところですがソープはギリギリのラインで違法ではなく、また必要な社会悪として専ら摘発されることはあまりないというグレーな業種です。

グレーな運営と言えばパチンコ屋もそうですね。
パチンコ屋に行く人はご存知かと思いますが、遊戯スペースと景品交換所は同じパチンコ店にあるようで経営者が別なため、違法性はないよ、という理屈です。
矛盾しているようですが、風俗に限らず世の中にはこのような不思議な法律が沢山あります。
パチンコの件で話が脱線してしまいましたが結論としては自由恋愛で本番行為をしている個人事業主であるソープ嬢が本番行為をするのはOKでも、従業員扱いのヘルス嬢がお金をもらって本番行為をすることは違法性があるという解釈です。

同じエッチなお店でもこのような差があるのは実に理解に苦しみますが、これが現状の法律上の見解です。

お店の他の女の子に迷惑がかかるため

在籍風俗嬢の誰かひとりが本番をする事で、そのお客さんが他の女の子に別の子はさせてくれたと本番強要をするためトラブルに発展しがちという面があるからです。
本番が無理だからソープではなくヘルスで働いている子も多く、お客さんから本番を強要されるとイラっとしてしまう女の子も多いのでヘルスで働く場合は本番は断りましょう。

そして前述の通りヘルスでの本番行為は違法になるのでお客さんがあの店は本番ができると噂が広まってしまうと警察に目を付けられて、最悪の場合営業停止になってしまったら、お店の女の子やスタッフの仕事がなくなってしまいます…。

本番強要をするお客さん

チップヘルスで本番強要をするお客さんは基本的にやれたらラッキーくらいの感覚で聞いてくると思ってください。
中には本当はソープに行きたいけどお金の余裕がないというパターンもあり、働いているほうとしては本当に迷惑極まりないという話です。

良く聞くのが本番させてくれたらお金をあげる本番をやらせてくれたら今後指名するなどと言って女の子に本番させるタイプのお客さんです。
この手合いは実際に本番をしたとしてもお金はちょっとはくれるかもしれませんが、今後指名してくれるかどうかというとその可能性は低いでしょう。
実際に売れている風俗嬢は安易に本番行為はしないものです。
ただ中にはちろちろと時間をかけて責められるくらいなら本番をしたほうが身体的に楽だからという理由で自分から本番を提案する女の子もいます。

そういう子が多いお店や、本番強要するお客さんが多いお店は客層が悪いケースも多いので他店に乗り換えたほうが精神的に楽かもしれません。
ただ本番をしてもいいか聞いてくるお客さんはまだかわいいものです。
ヘルスでは素股と言って、局部をすり合わせるプレイがありますが間違って入れっちゃったフリをしようとする確信犯のお客さんも少なくありません。
また力づくで本番をしてこようとするお客さんも中にはいます。

そういう場合はお店の人に助けを求めましょう。
何回も本番強要でお店のスタッフを呼んだらまたあいつか…なんて思われたらどうしようなんて心配する必要はありません。
働いているのは本番NGのお店ですし、お店に税金や厚生費、雑費も毎出勤毎支払っているのです。
風俗嬢を助けるのも男性スタッフの仕事のうちです。

しかし自分で解決してくださいというスタンスの風俗店もあるので、うまくかわす方法を見つけることが大切です。
笑顔で無理~と言ってみてお客さんが諦めなかったら、本番はしないって決めてるからとキッパリ宣言してみても良いでしょう。
ただひとつだけ言わせて頂くと、お客さんが力ずくで…という場合は対策はとりにくいですが、事故を装って素股中に挿れようとしてくる場合は対策がとれます。
素股をするときに片手を添えましょう。

テクニックを磨けばお客さん的には入れていないのにかなり気持ちよくなれますし、手で押さえているので間違って挿入はできません。
また事故挿入が起こらないアングルを研究するのもお勧めです。
基本的にはお客さんが上に乗ってくる角度は抵抗しにくいので、なるべくその体勢でいる時間をナチュラルに短縮できるようにクセ付けしましょう。
本来ヘルスでは本番サービスはありませんし、本番をすることで病気になる可能性も上がります。

病気になったことでお店を欠勤しなくてはならなくなったら、少しチップを貰ったくらいでは補えなくなってしまいます。
法律本番をしなくてもリピートしてくれるお客さんはたくさんいるのですから、本番を強要してくるお客さんはお客さんではない、と区別化しましょう。
特にマットヘルスの場合は風俗嬢が何かと主導権を握ってプレイをしやすいので、絶対に挿れさせないように何か対策をとりましょう。

自分自身にストレスが溜る

一度本番をしてしまうと、そのお客さんがリピートした場合はまた本番をしなければならないという悪循環に陥ります。
そんなお客さんが何人もいたらどうなるか?
きっと私はソープ嬢ではない!怒とイライラしてしまうと思います。
特に避妊具なしで本番をしてしまうと重篤な性病にかかるリスクもあります。

本番をやればもっと稼げるかもしれない…と安易に本番はせずに、本番なしでも稼げるようになりましょう。
ちなみにマットヘルスでは女の子がリード出来る上、ローションをつけてヌルヌルしている分、確信的にわざと挿入することが難しいため、風俗初心者はもちろん現在ファッションヘルスなどで勤務していて本番してくれと言われてストレスが溜っている風俗嬢はマットヘルスに移籍するのも良いかもしれません。