メンズエステはバックが安い割に過剰サービス求められて病む?

2023年12月14日

Deedster / Pixabay

一般的に「風俗の王様」といえば、言わずと知れたソープであり、いわゆる風俗嬢の中でも、王道の部類に位置付けられるのが「ソープ嬢」です。
日本では、法律的には「本番禁止」なのですが、ソープは「自由恋愛」の名のもとに、半ば公然と「最後まで」のサービスが付随しています。
ソープ嬢になろうという女性も、そのあたりの事情は十分理解したうえでソープにやってくるので、ある意味「腹が据わった状態」である、といえます。

しかし、風俗のジャンルや種類はいまや多様化の一途をたどり、一見風俗ではないお店、例えば「(表向きは)性的サービスなしのエステ」なども存在しています。
「性的サービスがない」ということは、法律的には「風俗店ではない」ともいえるのですが、そこはグレーゾーンの解釈や、お店の方針次第で、微妙に異なってくるものです。
こういった微妙なラインの代表的な例が「メンズエステ」だったりするのですが、実は「メンタルを病む嬢が多い」、という噂を耳にしたりします。
このあたりの事情を説明していきます。

そもそも風俗ではない?

風俗におけるメンズエステの位置付けとは

マッサージ「メンズエステ」と聞くと、ひと昔前には某アイドル事務所の所属タレントがCM出演していたような企業を思い浮かべる方もいらっしゃるかと思います。
女性目線からすれば「エステ」は、「風俗とは全くかけ離れたものである」、といっても過言ではないでしょう。
しかし、「エステ」という呼称の前に「メンズ」が付くと、かなり事情が変わってきます。

そのあたりの事情は、微妙な報酬水準からも、推測することができます。
ネットなどでメンズエステの報酬を検索してみると、いわゆる「普通のマッサージ」と比較して高給であるものの、「風俗の王様」であるソープや、その次に王道といわれるヘルスなどと比較すると、若干(場合によってはかなり)低めの報酬が設定されていることが多いようです。
この報酬から想像できることは、「王道風俗と比較すると、報酬が安い」、つまり、風俗で稼ぎたい女性からすれば、「(お客さんからとる料金と比較して)バックが安い」、ということです。
報酬が低ければ、提供するサービスの内容も、女性からしてみれば「ハードルが低くなる」ように思えますが、確かに肉体的にはそうかもしれません。

なぜならば、「本番が前提となるような職種ではない」、もっといえば、「性的サービスが前提となるジャンルではない」からです。

ジャンルとしてのハードルと客層とのギャップ

しかし、ソープやヘルスなどの王道風俗と比較すると、明らかに後発であり、なおかつサービス内容も非常に幅広い(本当に「普通のマッサージのみ」というサービス内容を掲げるお店も多数存在しています)メンズエステは、それでもお客さん目線からすれば、あからさまに「脱毛エステ」や「痩身エステ」という呼称でもない限り、風俗的なところ、つまり「性的サービス」を期待する層が来店します。
実際のサービスとしても、「ぎりぎりのライン」をウリにするお店も多々ありますし、「ぎりぎり以上のオプションを有するお店」も存在していますので、お客目線からすると、整理のしにくい、非常にわかりにくいジャンルであることも、また事実です。
この結果、「マッサージや脱毛、痩身を期待する層」と、「風俗に行きたい、性的サービスを期待する層」という、対極の客層が混在するという、働き手である女性からしても、非常にカオスな状態が、生まれてしまっています。

メンズエステは、数ある風俗ジャンルの中でも、「女性から見た風俗ジャンルとしてのハードル」と、「実際に来店する客層」とのギャップが、非常に大きいジャンルである、といえそうです。

女性が病む確率が高くなる?

上 矢印ギャップが大きくなった結果は、お店よりも、働く女性のリスクとして重くのしかかってきます。
こういった傾向は、風俗産業以外でもよく見られる事象です。

たとえばIT産業は、かたやベンチャー企業におけるIT長者に代表されるような、いわば「現代の花形産業」としての顔を持つ反面、「IT土方」や「3K」、「ブラック業種」といった風評(一概に風評だけとはいえない状況です)も、常について回ります。

IT産業の例でも、やはり「業種のイメージ」と「業種に期待して注文をかけてくる客層」と、「実際に働く層」や「従業員に対する要求レベル」には大きなギャップが存在しています。
こういったギャップは、従業員のストレスやメンタルに、少なからず影響を与えるものです。
メンズエステの場合も然りで、お客さんの要求と、風俗産業としては低いハードルをくぐってやってきた女性従業員とのギャップが、「病む」という事情を呼んでしまっています。

ストレスを軽減するには?

ギャップを放置すると稼げない

お客さんやお店側の要求レベルと、働く女性の腹づもりとのギャップを放置すると、お店での待機(お客さんが付かない状態)が長くなったり、「在籍しているお店に干される」という最悪の事態を招いてしまったりしかねません。
そのうえ、たまにお客さんに着いたとしても、ギャップが解消されていない状況ですと、女性から見ればいわゆる「キモ客」にしか見えない状況となってしまったり、無理をして接客した結果、メンヘラ状態になってしまったりという、誰もハッピーにならない状況となってしまいます。
メンズエステでしっかり稼ごうと思えば、女性のほうも、お店の方針や客層を見極めたうえで、(風俗嬢として)それ相応の腹づもりを持って、仕事に臨む必要があります。

ストレスを軽減する方法

チェック自分が思うサービス内容と、お店やお客さんが要求してくるサービスレベルとのギャップは、ふたつの方法で解消することができます。

これを実施すれば、メンヘラ化するかもしれないような多大なストレスを、かなり軽減することができます。
ひとつは、「お店のスタッフに、今一度サービス内容や方針自体を確認したり、今自分が抱えているストレスを相談すること」です。
お店の方針として、客層はもとより、客単価や売り上げ予測なども立てているはずですから、そのあたりの事情をきちんと共有することが、ギャップの解消に直結します。
いまひとつは、「自分自身の腹づもりを再設定すること」です。

ソープ嬢に「ストレスによるメンヘラ被害」が比較的少ない理由は、そもそもソープ嬢が、割り切って仕事をしていること、覚悟を持って業務に臨んでいることが、かなり影響しています。
お店の方針にもよりけりですが、もし「ぎりぎりの線で勝負している」お店であれば、今一度現実を直視して、自分自身の「サービスレベルに関するハードルを上げ下げする」ことが重要です。

まとめ

メンズエステは、お客さんやお店から見た「風俗としての解釈」が多種多様であり、その結果、働き手である風俗嬢ばかりか、お客さんやお店のあり方にも、大きく影響しています。
あり方の違いは、各登場人物間で、大きなギャップを生み出し、従業員である女性のストレスが発生してしまっています。

しかし、お店の方針を確認し、自分自身も納得づくで仕事に臨めば、不必要なメンタルへのストレスは、大方解消されるものです。
メンズエステは、そもそもキスや本番、タッチなどの粘膜接触リスクはないジャンル(一部可能となっていたり、オプション設定されているなど、完全な風俗店化している場合を除きます)なので、お店のスタッフに相談し、サービス方針を共有して、なおかつ自分自身の腹づもりを明確化することができれば、ストレスを軽減することができて、メンタルを病む可能性も低減できるのです。