風俗バイト初心者が働きやすいのはオナクラです

2023年12月14日

melancholiaphotography / Pixabay

今まで一度も風俗の仕事をしたことがない初心者の女性の場合、風俗バイトを始めるのであればオナクラがオススメです。
ソフトサービス系に分類されるオナクラの仕事内容は非常にソフトであり、エッチなサービスもほとんどありません。
脱がず、舐めず、触られもしないオナクラはまさに初心者にとって一番稼ぎやすい風俗バイトでしょう。

初心者にオススメの風俗バイト

Ok, Good風俗の世界は普通のバイトと異なり、歩合制であるため、指名が獲れないと稼げないものです。
ただし、風俗は男性から非常に人気が高い業界なだけに、真面目に働いていればOLの倍以上は稼げるものです。
風俗の世界が性に合っている女性ともなると、まだ風俗バイトを始めたばかりの初心者であるにも関わらず、一ヶ月目から100万円稼げる女性もいることでしょう。

ただ、そういった一部の才能のある女性を除き、エッチなことをは苦手で、何よりも風俗の仕事は不安だという初心者は、オナクラで働いてみましょう。
ソフトサービスな風俗店であるオナクラの場合、風俗嬢になったとしてもエッチなサービスはほとんどありません。
お店によっては手コキなどのオプションがある事もあるのですが、本当に嫌ならばNGにすることも可能です。
オナクラは3ないと呼ばれる仕事、脱がない、触られない、舐めないの3つの「ない」の特徴を備えている風俗店です。

今まで一度も風俗の仕事をしたことがない女性や、エッチなサービスに苦手意識のある女性であっても、オナクラであれば敷居が低く、抵抗感なく働けることでしょう。
その一方で、風俗初心者はデリヘルのようなハード系の仕事はできるだけ避けた方が良いでしょう。
というのも、デリヘルのお客さんの中には時に風俗嬢に本番を強要するなど、トラブルを起こす男性もいるからです。
ファッションヘルスのような店舗型の風俗店であれば、たとえ本番強要をされそうになったとしてもお店のスタッフが助けてくれるのですが、無店舗型のデリヘルの場合、何かトラブルがあってもすぐにお店のスタッフが駆けつけることはなく、助けてはくれません。

自分の身は自分で守る必要があります。
風俗業界に慣れているデリヘル嬢であれば、危険なお客さんに遭遇したとしても、万が一の際の対処法を熟知しているものですが、まだ業界に不慣れな初心者となるとそうはいかないでしょう。
何より、風俗客の中には風俗業界について無知な初心者をターゲットに本番強要をする人もいます。
その点、オナクラの客層は基本的にM寄りな男性ばかりであり、何よりも基本的に相手から触られることもないだけに、初心者であっても余計なトラブルに巻き込まれる恐れが少ない、比較的安全な業種となります。

オナクラの仕事内容

チェックリストオナクラはソフトサービス系の仕事だと言われるのですが、具体的にどんな仕事内容になるのでしょう?
オナクラの仕事内容とは基本的に男性のお客さんのオナニーをサポートすることです。
といっても、基本的にオナクラ嬢から積極的にエッチなサービスをすることはなく、仕事内容は専ら男性のオナニーを鑑賞することになります。

ただ、オナクラはMな男性から人気の高い業種ということもあってか、基本プレイにビンタや言葉責め、足蹴り、人間椅子、抓りなどのソフトな範囲でのSMプレイが含まれることがあります。
そういったSM的なサービスのあるお店に在籍した場合は、お客さんの要求に応え、プレイをしてあげましょう。
オナクラで働く際、オナクラ嬢は基本的に服を着たまま接客をすることになるため、全裸になることはまずないです。
ただ、コスプレのあるお店の場合、指定されたコスチュームに着替えることになります。

さらに、お店によっては裸同然の格好をすることもあるため、どんな服装になるかは事前に面接で確認しておきましょう。
オナクラの風俗店によっては有料のオプションとしてマッサージや手コキが用意されている事があります。
ただし、オプションは稼げるものの、嫌ならばNGに出来るため、無理してエッチなサービスをする必要はありません。
このように、オナクラは風俗店でありながら、エッチなサービスをせずとも稼げる業種となるだけに、初心者や未経験者でも働きやすい職場となります。

オナクラ嬢の給料

初心者にも風俗への敷居が低いオナクラの世界ですが、一体どのくらい稼げるものなのでしょう?
まず、オナクラはデリヘルのようなハード系の風俗店と比べるとサービスの料金が安くなるため、給料もそれに応じて安くなる傾向があります。
ただし、オナクラはデリヘルほど店舗数が多くはないため、人気のあるお店ともなると1日に何人ものお客さんを相手に接客することになります。

回転率が高いため、料金が安くても何度も接客することで高収入が見込めます。
何より、料金がリーズナブルなだけに、気軽に抜きたい男性ほど頻繁に利用します。
では、具体的にいくら稼げる業界なのかというと、まず中堅クラスのオナクラ嬢の場合、1日25000円も稼げれば良い方です。
仮に1日25000円稼げるオナクラ嬢がいたとして、20日働けば50万円の収入になります。

この金額は風俗業界全体から見れば普通の金額なのですが、OLなどと比較すればかなりの高収入となるでしょう。
ちなみに、オナクラで最も稼げる風俗嬢ともなると、1日に4万円稼げることもあります。
このペースで働ける女性が20日出勤すれば、月収が80万円になるだけに、かなりの高給となります。

オナクラのメリットとデメリット

オナクラで働く最大のメリットといえば、やはり性病の感染リスクが他の業種と比較して最も低いことでしょう。
オナクラは本番強要されるリスクが低いのみならず、そもそも性行為そのものを滅多にしません。
オプション次第では手コキすることもあるのですが、ゴム着用のお店に勤務しているのであれば、性病の感染リスクはかなり低くなります。
さらに、服を着用しながら接客できる仕事であるため、たとえ生理になったとしても問題なく働けるというメリットもあります。

風俗嬢の中には生理が来る度に生理休暇を取得し、休む女性もいますが、オナクラならば生理に関係なく働き、稼ぎ続けられます。
その一方で、デリヘルやソープなどと比べると料金が安くなるため、風俗嬢としてはあまり稼げないというデメリットがあります。
ただ、まだ風俗初心者で、それほど大金を求めていないというのであれば、オナクラのデメリットはそこまで気にする必要はないでしょう。

オナクラで人気が出る女性

女性オナクラは確かに初心者でも働きやすい業種なのですが、だからといって初心者でも楽して稼げる業界というわけではありません。
なにより、オナクラは歩合制の世界なだけに、指名が獲れないと稼げません。
では、どのようなタイプの女性だと、オナクラでは稼げるのでしょう?
まず、オナクラで稼ごうと思うのであれば、お客さんのニーズを理解し、それに応える必要があります。

ちなみに、オナクラの客層というとMな男性が多いため、Sな性格の女性ほどオナクラでは稼ぎやすいです。
さらに、Mな男性が悦ぶようなセリフや、責めを咄嗟のアドリブで出来るような演技力のある女性も、オナクラの世界で稼げることでしょう。

風俗嬢の練習になる職場

もしも今後ソープやデリヘルなどのハード系の風俗店で働く予定があるという女性であっても、オナクラはオススメの職場となります。

というのも、オナクラは人気が高い割に店舗数が少ない業種なだけに、1日の回転率が高く、多くの男性を相手に接客をすることが出来るため、今後デリヘル嬢になるにあたって様々な経験を積めるからです。
一方で、デリヘルは人気があるものの料金が高いため、女性によっては1日何もせず、お茶を引くこともあります。
いくら可愛い女性であっても、接客数が少ないと風俗嬢として成長することが出来ないでしょう。
その点、オナクラは回転率が高いため、稼げる風俗嬢へと成長するには理想的な環境が整っています。

まだ未経験の初心者だけど、風俗の世界を知り、どんな接客をすれば男性が悦んでくれるのかを学びたいという向上心の強い女性ほど、オナクラは理想的な職場となるでしょう。
風俗の世界では、職歴がなくても短期間で高収入を得られます。
しかし、肉体的にも精神的にも辛く、中には病む女性もいることでしょう。
その点、肉体的な負担が少ないオナクラは、初心者にとって最も働きやすく、何より稼げる環境が整っています。