M性感なのに本番を求める客の対応方法と復讐のやり方

2023年12月14日

Goumbik / Pixabay

風俗の世界でもかなり特殊なM性感ですが、原則として本番は禁止されています。
それだけに、本番強要された際には臆せず断った方が良いのですが、ただやられるだけではストレスが溜まることでしょう。
どうしても復讐したい場合はあまり直截的な方法ではなく、間接的に復讐して留飲を下げましょう。

M性感の仕事内容

手錠 女性M性感というと人によってはSMをイメージするかもしれません。
ただ、実際にはSMプレイとは異なるジャンルであり、SMの女王様のような存在もいません。
M性感においてS役の女性は女王様ではなく、痴女と呼ばれます。

M性感の風俗嬢はとてもエッチなお姉さんとなり、男性を性的に虐める、それがM性感の醍醐味と言えるでしょう。
SMではないといっても仕事内容としてMな男性を責めることが多いジャンルなだけに、Sな性格の女性ほどM性感は向いていると言われています。
M性感では、風俗嬢は常にエッチなお姉さんでないといけません。
接客中もいやらしいお姉さんならではの口調で話さないといけないため、人気を得るためには痴女が言いそうなセリフをアドリブで言うだけの演技力が求められます。

M性感の風俗嬢が具体的にどのようなサービスをするのかというと、言葉責めや前立腺マッサージ、ドライオーガズム、寸止め、男側の潮吹きなどがあります。
これらのサービスに加え、よりM的な嗜好が強い男性を相手にする場合、叱責プレイや体液プレイ、足責め、アナル開発やフィスト拡張などのかなり特殊なサービスをすることもあります。
ちなみに、M性感のアナル開発とは、男性のアナルを開発することです。
M性感の現場はこのように、男性が受け身になってサービスを受けることになるため、本番に発展することは早々ないです。

お客さんも、本番なしでエッチなサービスを堪能したい人ばかりなため、比較的安全に働ける業種です。
しかし、男性の中には本番をしたいと望むあまり、本番強要などの暴挙をする人もいます。
そのような本番強要をしてくる男性にはどのように仕返ししたら良いのでしょう?

本番強要する客の対処法

チェックM性感であろうとも本番は禁止されています。
というより、どこの風俗店も本番行為は禁止しているのですが、では全ての風俗嬢が本番をしていないかというと、そうとも限りません。
中には目先の利益に囚われるあまり本番行為を容認してくれる女性もいますが、大半の女性は本番はリスクが高い行為なだけに、避けているものです。

もしもM性感の現場でお客さんに本番強要をされた場合、まずはきっぱりと断りましょう。
そもそも本番強要をするお客さんというのは、あわよくば本番が出来れば良いと考えていることが多く、出来ないとハッキリと告げれば簡単に諦めてくれます。
しかし、一回断ったにも関わらず、しつこつ本番強要されそうになった際には、「お店に電話をする」などと告げましょう。
風俗店のスタッフを呼ぶと言えば、ほぼ確実に本番行為を拒否できます。

しかし、中にはそこまで言っているのに止めない客や、中には暴力を使って無理やり本番をするなど、犯罪まがいのことをする人もいます。
もしも暴力を振るわれそうになったら一も二もなく逃げましょう。
ここまでくると言葉による説得はかえって逆上させ、さらなるトラブルに巻き込まれる恐れがあります。
それよりも、風俗店に連絡をし、助けを請いましょう。

本番強要客に復讐する方法

M性感だろうとSMだろうと、風俗嬢は基本的にお金のために仕事をしています。
なにより、M性感は実はヘルスよりも稼げる高給取りの仕事としても有名なだけに、本番行為をしてまで稼ごうと思う女性は少ないです。
ただ、せっかく稼げる良い仕事に就いたにも関わらず、トラブルの多い本番強要客に絡まれると仕事に差し障りが生じますし、何よりもストレスが溜まるでしょう。

もちろん、トラブルの多い本番強要客などは風俗店に頼んで出禁にすれば良いのですが、それでは今まで溜め込んだストレスを発散できないでしょう。
鬱陶しい本番客に仕返しをしたい、そんな時はどうすれば良いのでしょう?
いくら復讐をしたいと思っても犯罪行為は止めましょう。
犯罪行為をするとさらなるトラブルに発展する可能性が高いです。

それよりも、ちょっとした復讐をし、留飲を下げておきましょう。
幸い、M性感の風俗嬢には本番強要客に復讐するチャンスが非常に多いです。
例えば、タイマーを短くしてわざとプレイ時間を早く終わらせたり、前立腺マッサージをする時に力を入れてダメージを与えたり、さらには同じ風俗店に在籍しているキャストの中から地雷嬢を勧めるといった復讐方法があります。
地雷嬢といっても必ずしも風俗店にとって不利益になるとは限りません。

トラブルの多い風俗客に宛がうことで、嫌な客を暗にお店から追い出すことが出来ます。
他にも、接客の最中にわざと男性の言葉を聞こえないフリをして無視したり、必ず彼氏がいると宣言するというのも、地味に効く復讐方法です。
特にM性感のプレイ中に自分には彼氏がいるというのは、非常に精神的なダメージが大きいでしょう。
もっとも、生粋のMなら悦ぶかもしれません。

やろうと思えば、風俗嬢は様々な復讐が出来ます。
例えば、ドリンクに唾やゴミを入れたり、前の風俗客が使った歯ブラシで歯磨きをさせたり、お尻を汚い状態にさせたまま顔面騎乗位をするなど、数え上げたらキリがないでしょう。
ただM性感の場合、嫌がらせをすればするほど本人は悦ぶ可能性が高いです。
風俗嬢の中には復讐感覚でお客さんの靴に唾を吐く女性もいますが、Mな男性の中にはお金を払ってでも唾を吐いて欲しいという人もいるため、必ずしも効果があるとは限りません。

なんだかんだいって一番効果の高い復讐方法は出禁にすることでしょう。

本番行為と罰金

お金風俗店の中には本番行為をしたお客さんに対して罰金を請求することがあります。
中には、罰金目当てに本番をする風俗嬢もいるのですが、こういったお客さんに罰金を請求するお店では働かない方が賢明でしょう。

確かに、お客さんが暴力を振るい、無理やり本番をしたというのであれば強姦罪が適用され、お客さんは逮捕されるでしょう。
しかし、風俗嬢側が誘った場合、強姦罪は適用されないため、逮捕されません。
むしろ、本番を理由にお金を請求するということは、管理売春に該当するため、逮捕されるとしたら風俗店側になります。
もしもお客さんに通報された場合、風俗店側が摘発されるでしょうし、風俗嬢自身も逮捕こそされないかもしれませんが聴取を受けるなど、嫌な想いをするでしょう。

なにより、風俗店が摘発され、潰れてしまった場合、今後風俗嬢として働けなくなるため、今まで通りには稼げないでしょう。
安定した収入を目指すのであれば、風俗嬢に本番を強要するようなお店は避けた方が良いですし、お客さんから本番強要されそうになった時も断った方が良いです。

M性感で稼げる給料

M性感だろうと風俗嬢の給料は基本的に歩合制であるため、稼げるかどうかは本人の実力に依存します。

ただ、M性感はかなり特殊な世界ということもあってか、ハマる男性が意外と多く、なによりもサービスの単価が高いため、デリヘルよりも稼げることがあります。
だいたい日給として稼げる金額といえば、5万円から8万円ほどとなり、非常に高額です。
さらに、Mな男性から人気の高い痴女ともなると、リピーターが多く、一ヶ月で100万円以上の収入が見込めることがあります。
女性によっては年収が1000万円を超えることもあります。

これだけ高給の仕事でありながら、M性感には性病の感染リスクが低いというメリットがあります。
なにしろM性感の現場において、責めるのは女性側であり、男性から責められることはありません。
基本プレイも前立腺マッサージをすることはあっても、キスや素股、フェラ、クンニといった粘膜接触のあるプレイはほとんどありません。
アナル開発といっても、開発されるのは男性側であり、痴女役の風俗嬢のアナルを開発される心配もないです。

性病のリスクが低く、ソープ嬢以上に稼げるM性感の世界は、風俗店の中でも特に美味しい仕事かもしれません。
もちろん、女性が主体となるサービスなだけに、痴女役には高い演技力とMが望むエッチなお姉さんならではのいやらしい接客スキルが必須となります。
ただ、一旦サービスに慣れ、Mに好まれる痴女になれると、本番なんてせずとも短期間で高収入を得られるでしょう。