転々虫がM性感に移籍する事をおすすめできない理由

2023年12月14日

betexion / Pixabay

お店から干されるようになってツライ想いをするくらいであれば、いっそのこと条件の良い風俗店に移籍してしまいましょう。
世の中には非常に多くの風俗店があります。
今の店では給料が低く、稼げないのであれば、移籍するのも悪くないのですが、だからといって転々虫になるのは考えものです。

もしもM性感に移籍する際には、よくよくメリットとデメリットを熟慮しておきましょう。

風俗嬢が辞める理由

風俗嬢になると、職歴のない女性であっても短期間で高収入が見込めます。
それも、高学歴のOLでも稼げないような大金を稼ぐことも可能です。

そんな収入面において非常に魅力的な職場である風俗業ですが、その一方で仕事内容がハードなだけに、いざ風俗店に入店するとお金と引き換えにツライ日々を送ることになるかもしれません。
特に、ソープのようなハード系の仕事ともなると、性病に感染する確率が他の風俗嬢以上に高いだけに、ストレスが溜まりやすく、肉体的にも精神的にもツライことでしょう。
それでも稼げるうちはまだ良い方です。
というのも、風俗嬢の中にはお店からの評価が低くなった結果、干されることがあるからです。

風俗嬢が干されると、フリー客が付かなくなるため、給料を稼げなくなります。
特にリピーターのいない風俗嬢ともなると、全く稼げないことでしょう。
ツライ想いをしてまで風俗嬢になったにも関わらず、干されるようになり、全然稼げなくなったというのであれば、これ以上この風俗店にいる意義は最早ありません。
早急に辞め、移籍の準備に取り掛かった方が良いでしょう。

ただ、風俗嬢がお店を辞める理由は人それぞれです。
その中で、お店のせいで稼げない、もしくは客層が悪いから稼げないなど、自分ではなく、他人が悪いから稼げないといった後ろ向きな理由でお店を辞める女性というのは、たとえ移籍してもやはり稼げず、再びお店を辞めることになるケースが多いです。
その一方で、お店を辞める時に、自分には問題がなかったのか、どこを改善すればもっと稼げたのだろうなど、反省できる女性ほど移籍すると成功しやすく、転々虫になる可能性が低いです。

転々虫になるメリット

Ok, Good風俗の世界では、次々と風俗店を移籍し続ける女性のことを転々虫と揶揄します。
転々虫は自己中心的な理由で風俗店を辞める女性に多いです。
ただ、風俗の世界は歩合制です。
風俗店を何度も移籍し続けると、リピーターが付き辛くなるため、普通に考えるのであれば転々虫になることはデメリットでしかありません。

にも関わらず、なぜ転々虫になりたがる女性はいるのでしょう?
女性が転々虫になってしまう理由として、すぐにお店を辞めて移籍をすると、新人として働ける期間が長くなるというメリットがあります。
風俗店は入店したばかりの新人に対し、他の風俗嬢よりもフリー客を多めに付けるといった優遇措置を講じることがあります。
なぜこのような措置を取るのかといえば、新人の風俗嬢はまだこの仕事に不慣れため、自信がなく、新人期間中に稼げないと辞めてしまう恐れがあるからです。

そこでフリー客を多めに付け、自信をつけてもらおうと風俗店側は画策しているのですが、転々虫はこのような業界の習慣を逆手に取って稼いでいるのです。
転々虫になる女性は新人期間中に荒稼ぎをし、やがて新人期間が終了したらすぐにお店を辞めてしまいます。
あくまでフリー客メインで接客をしているため、本人にリピーターを作ろうという気概はなく、サービスをするにあたってよく手抜きします。
そのため、転々虫は地雷嬢として扱われやすく、お客さんからの評判も悪いのですが、評判が広まる前に本人は辞めてしまうため、本人は周囲の評価など全く気にしません。

周囲の評判を気にせずに働き、楽して稼げる、それが転々虫のメリットでしょう。
もちろん、そのような働き方をすれば周囲から疎まれ、後々になって悪影響を被るでしょう。

転々虫のデメリット

No, Mark新人期間が終わったらすぐに辞め、別のお店に移籍するという働き方をする転々虫ですが、いずれ移籍できなくなる日が来ます。

いくら風俗店が世の中に多くあるとはいえ、流石に限度があります。
なにより、風俗店というのはお店同士のネットワークがあるもので、転々虫の情報などは他のお店にすぐに伝わります。
転々虫であることが業界で話題になると、いざ移籍しようと思っても面接で転々虫であることがバレてしまい、採用され辛くなります。
なにより、転々虫になる女性というのは決まって態度が悪く、サービスでもよく手を抜くため、採用基準が厳しいお店ともなると普通に面接で不採用になります。

転々虫とM性感の相性

基本的に短期間しか働くつもりがない転々虫とM性感の風俗店は相性が悪いです。
そのため、転々虫がM性感のお店に移籍することはオススメしません。
転々虫にM性感がオススメできない理由として、まずこの仕事は高い演技力を求められる業界だからです。

普通の風俗店と違い、M性感は女性が主体となってサービスを提供する仕事となります。
男性は基本的に受け身となり、風俗嬢が様々なアプローチをもってして男性を責めることになります。
この時、風俗嬢には痴女のような振る舞いを求められます。
エッチでいやらしいお姉さんになって、男性を性的に辱める、それがM性感の仕事内容になります。

普段より仕事で手を抜いてばかりの転々虫ではまず務まらないでしょう。
なにより、M性感の世界は極めて特殊で、お客さんの数も限定されます。
ソープやデリヘルと違い、フリーのお客さんがやって来るということは滅多にありません。
それでもM性感の風俗嬢が稼げる理由は、リピーターが多いからです。

新人期間中にフリー客を優先的に付けてもらい、給料を稼ぐことを生業としている転々虫にとって、リピーターが稼ぎの中心となるM性感は相性が悪く、稼げないでしょう。

M性感の求人

M, アルファベットたとえ転々虫がM性感の風俗店に移籍したいと考えたところで、採用される可能性は低いです。
というのも、M性感は全体的に店舗数が少なく、求人の数も少ないからです。

いくら移籍をしたくても、求人の数が少ないと移籍が出来ません。
まさに転々虫にとって求人の少なさは致命的な問題です。
仮に入店できたとしても、店舗数が少ないだけに、すぐに情報は他店へと伝わり、やがて面接を受けても不採用にされるでしょう。
さらに、求人があったとしても、日給保証が付いていない可能性が高いです。

求人の数が少なく、新人ならではのアドバンテージが発揮できないM性感は、転々虫にとって非常に相性が悪い風俗店です。

移籍をしない風俗嬢

本当に干されるなどの嫌がらせを受け、ツライ日々を送っているのであれば、移籍は悪いことではありません。
しかし、稼げない原因が自分にあるのでしたら、一度反省し、過去を振り返り、悪い点を改善してみましょう。

単純に稼ぎやすさで言えば、風俗嬢は移籍せず、一つのお店で働き続けた方が給料は良いです。
特に、新人期間中にサービスに力を入れ、リピーターを多く獲得した風俗嬢ほど、安定した高収入が見込めます。
特にM性感のようなリピーターが付きやすい風俗店の場合、平均的に1日5万円以上は稼げるものです。
人気のある痴女ともなると、ソープ嬢以上に稼げるものです。

M性感のメリット

M性感はヘルスよりも稼ぎが良い風俗業なのですが、その一方で性病感染リスクの低い仕事でもあります。
なにしろ接客中、お客さんは常に受け身となるため、風俗嬢は責められません。
さらに、キスやフェラ、69、素股といった、性病感染リスクの高い性行為をやらないため、実はオナクラ並みに安全な仕事です。

M性感の現場でやる性的なサービスといえば、前立腺マッサージや、アナル開発ぐらいです。
アナルを開発されるのはあくまで男性側となるため、風俗嬢側が肉体的な負担を負うことは滅多にないです。
給料が良く、性病に感染するリスクも低いM性感は、仕事内容こそアブノーマルで特殊な世界ですが、見方によっては非常に魅力的な職場でもあります。
それだけに、転々虫となってすぐに移籍してしまうのは、とても勿体ない行為です。