M性感のバイトは本強されますか?プレイ的に絶対ない?

2023年12月14日

Fotomek / Pixabay

ピンサロのようなスタッフが近くにいる風俗店を除き、どの風俗嬢もやはり本強されるリスクはあります。

M性感とてその例外ではありません。
しつこい本強客に遭遇すると仕事がやり辛くなりますし、何より一旦受け入れると今後も本番強要される恐れがあります。
本強は風俗嬢にとってデメリットばかりなだけに、もしも本番強要されたとしてもしっかりと断るなど、対策を講じましょう。

M性感の仕事の特徴

チェックM性感とは女性がS役となり、M役のお客さんを性的に責める風俗業の一種です。
ただ、責めるといってもSMの女王様のように、鞭や蝋燭を持って肉体的な苦痛を与えるということはまずやっていません。
M性感の場合、S役の女性は痴女となり、快楽を中心に男性を責めることになります。
代表的なプレイで言うと、言葉責めや前立腺マッサージ、ドライオーガズム、男の潮吹きなどもあります。

SMに興味はあるけれど、痛いのは苦手という男性向けのプレイとなります。
ただ、Mの嗜好が強い男性のために、叱責や体液プレイを用意しているお店もあります。
プレイをするにあたり、男性は基本的に受け身となります。
例えば前立腺マッサージをする場合、男性は女性からアナルを責められ、前立腺に刺激を与えられます。

常に女性になすがままに責められるため、エステに似ています。
というのも、M性感の風俗嬢はプレイ中、男性から責められず、触られたり、舐められたりしません。
さらに、接客中は脱ぐ必要すらないため、M性感というアブノーマルな世界でありながら、実は性病の感染率が低い安全な風俗業でもあります。
それに加え、M性感は基本的にMな男性ばかりが集まる風俗店です。

そのため、女性を責めるのが好きという男性が来ることは少ないのですが、絶対に来ないとは限りません。
中には、M性感の風俗嬢と本番行為をしてみたいと考える男性もいます。
M性感は確かに性病の感染リスクが低い安全な仕事なのですが、本強に応じてしまっては折角安全な職場で働いている意味がありません。
もしも本強客に遭遇した際には、しっかりと無理だと断りましょう。

本番強要に応じるリスク

注意 マークソープなどの一部の例外を除き、風俗嬢は基本的に本番行為を禁止されています。
にも関わらず、もしも本番強要に応じてしまったら、どうなるのでしょう?
M性感に限らず、どこの風俗店も原則として本番行為を禁止しています。

それだけに、ルールに厳しい風俗店ともなると、本番行為が発覚した時点で風俗嬢をクビにすることもあります。
ただ、風俗嬢の中にはお客さんと交渉し、金額次第で本番強要に応じることもあります。
ただ、一度でも本強客の要求に応え、本番をすると、後々になって面倒なトラブルを抱える可能性が高いです。
というのも、本強客というのは本番行為が出来た事を周囲に吹聴することが多く、特にネットが発達している今の時代、そういった情報は簡単に拡散させることが出来ます。

そうなると、本番目当てのお客さんが集まりやすく、接客する度に断り続ける必要性が出てきます。
風俗嬢の中には断るのが面倒なあまり、そのままなし崩し的に本番強要に応じてしまうこともあるのですが、そういった行為をしているとやがて風俗店に本番をしていることがバレる恐れがあります。
そうなると、クビになるなどのペナルティを受けかねません。
なにより、繰り返し本強に応じ続けると、やがては性病に感染するリスクが高まります。

性病の中には完治が難しい難病もあるだけに、やはり余計なリスクを避けるためにも本強は断った方が良いです。
何より、M性感は他の業種と比べて稼ぎが良い風俗バイトです。
真面目に仕事をこなせば、1日5万円くらいは稼げます。
さらに、M性感はリピーターが付きやすい風俗業でもあるだけに、わざわざ本番をせずともリピーターはいくらでも獲得できます。

もちろん、サービスで手を抜くような風俗嬢ともなると、いくらM性感といえども稼げないでしょう。
実際、本番強要に応じる女性に限って、サービスで手を抜くような風俗嬢が多いです。
しかし、普通に働いている分には本強に応じるメリットは非常に少ないです。
無知な新人の中には「みんなやっているよ」と騙され、本強に応じてしまうことがあるのですが、嫌ならば嫌だと断って大丈夫です。

本強客の心理

本番強要といっても、嫌がっている女性を相手に無理やり本番行為などすれば、それは強姦罪に該当します。
お客さんは逮捕されるでしょう。
にも関わらず、なぜ本強客は相当数いるのでしょう?

もちろん、お客さん自身もレイプをしようとは思っていません。
というのも、風俗客というのは結構な割合で本番をしたいと考えているものの、やれれば儲けもの程度にしか考えていません。
本強客といっても、その心理状態としては、ダメで元々ぐらいの気持ちです。
もちろん、何度もしつこく本番強要をするようなしつこい客やウザイ客も中にはいるでしょう。

しかし、あくまで本強客の心理としては、断ってくれても構わない程度の気持ちで本強をしています。
にも関わらず、本強に応じてしまうとクビになったり、性病に感染するリスクが発生します。
風俗嬢の中には本番行為をしたことを気に病むあまり、鬱になることもあるでしょう。
このように、風俗客としては、本強は軽い気持ちでやっていることが多く、真面目に取り合う必要はそもそもありません。

それだけに、真面目に考える必要はなく、軽く断っても全く問題ありません。

本強客への対策

盾基本的に本強客と遭遇しても、無理だと断れば大丈夫です。
風俗嬢の中には本強を断ったらリピーターが減ってしまうかもしれないなど、気に病む女性もいます。

しかし、風俗嬢の本番は禁止されているため、断っても大丈夫ですし、なによりリピーターが多い風俗嬢に限って本番は絶対にしないものです。
ただ、中には何度も無理だと言っているのに、それでも本強を迫るしつこい客やウザイ客もいます。
このような客への対策はあるのでしょうか?
基本的に本強客への対策としては、無理だと断るだけで大丈夫です。

ほとんどのお客さんは挨拶レベルで本番強要をしているため、一回断ればそのまま引き下がってくれることが多いです。
しかし、それでもしつこく本強を迫って来るのであれば、「お店に電話します」と伝えましょう。
このテクニックは非常に有効で、ここまでやればしつこい本強客も諦めてくれます。
さらに、本当にしつこく、ウザイ客に対しては、お店に連絡して出禁にしてもらいましょう。

ただ、本強客の中にはどれほど断られても本強に迫るばかりか、中には暴力を振るってでも本強をしたがる人もいます。
そのようなケースの場合、テクニックは通じません。
犯罪に巻き込まれる前に、風俗嬢は逃走しましょう。
さらに、お店や警察に連絡をし、助けを請いましょう。

本番を断るテクニック

リピーターが多い風俗嬢というのは、本強されたとしても、上手に断るものです。
それどころか、本強客をリピーターに変えるテクニックを持っているものです。

例えば、本強された時、「お店で禁止されているからダメよ。
その代わり、今日はたっぷり虐めてあげる」など、伝えましょう。
その後に、しっかりとM性感のサービスを頑張り、男の潮吹きを体験させてあげれば、今後は本番強要を求めてくることはないでしょう。
他にも、「そんなこと言う人だったの?」
とか、「もっと優しい人だと思っていたのに」といったフレーズも、本強客に対して使えるテクニックです。

M性感はプレイ的に、本強されるリスクが低い仕事です。

ただし、だからといって本強客がいないというわけではありません。
もしも本強に応じると、性病に感染するリスクが高まりますし、お店にバレるとクビになる恐れもあります。
M性感は本強をせずとも稼げる仕事です。
わざわざリスクを冒してまで本強に応じる必要はまずないだけに、本強客に遭遇した際には無理だと告げ、その代わりにM性感のサービスに尽力しましょう。