M性感で使用する器具にはコンドームを付ける?

2023年12月14日

KlausHausmann / Pixabay

M性感風俗では、M(マゾの)のお客さんが、S(サド)の女性からの「責めプレイ」を楽しめるお店になっています。
ここでは「性感マッサージ」をはじめとする言葉による責めや、最近ではSMで使用する道具を使っての簡単なSMプレイを楽しめるお店が増えています。
M性感は性格がSの女性に向いている仕事ですが、風俗未経験や「責めプレイ」が初めての女性にとっては、そのプレイ内容に戸惑うことも多いのではないでしょうか。

さらに、お店によってはSMの器具を使うこともあり、その使い方や危険性に悩む女性が多いようです。
そこで今回は、M性感で使用する器具の扱い方や、コンドームの重要性について紹介していきます。

M性感の中にはSMプレイが可能なお店がある

手錠 女性全てのM性感でSMプレイを取り扱っている訳ではありませんが、最近になりSMプレイを取り扱うお店が増えてきました。

これにも一応理由があります。
M性感はマゾの男性が楽しめるサービスを提供していますが、本格的な責めを味わいたい人には物足りない内容になっていました。
そこで、より刺激的な責めプレイを味わいたいというニーズに応えてSMプレイが取り入れられるようになりました。
SMプレイというのは、本格的なものになってくると非常に奥が深いので、SMクラブのような「ガチ」なSMではなく、どちらかというと「ソフト」なSMプレイが楽しめるようになっています。

イメージ的には性感ヘルスとSMクラブの「ちょうど中間」といったところでしょうか。
M性感で行うSMプレイの内容はお店によってことなりますが、マニアックなものだとロープや拘束具を使っての「言葉責め緊縛プレイ」からの、バイブを使ってのアナル責めによって「オーガズム」を感じてもらうといったプレイがあります。
本来のM性感では、サービスは全て女性の「手」だけで行っていますが、SMプレイをするには専用の器具が必要になってきますので、それに伴って器具の使い方やプレイ後の手入れも必要になってきます。

SMプレイでの器具の取扱いについて

M性感で使用するバイブには様々なタイプがあり、乳首責め用の小型バイブからアナルに挿入するためのペニバンやバイブなど色々な種類があります。
プレイで使用する器具は、基本的には「自分専用」の物となり、自分、もしくはお店で管理してもらっています。
プレイで使用した器具は「必ずプレイ後に清潔に清掃」しないといけません。
そのまま放置しておくとバイ菌が繁殖してしまい、匂いや性病感染の元になってしまうからです。

清掃する時には消毒用の「ペンザリコリウム液」やアルコール殺菌スプレー等で洗浄消毒をするのが基本です。
最近ではSMプレイに興味を持つ男性が増加しているので、M性感で働いている女性はSMプレイをする機会が多くなっています。
お店によっては、全てスタッフの方が清掃してくれますが、そうでない場合には自分で行わないといけません。
なので、お客さんが安心してSMプレイができるように器具の取り扱いや清潔に保つ方法はしっかりと学んでおきましょう。

ゴムは付ける?付けない?

コンドームバイブやペニバンへのコンドームの着用についてですが、これは基本的には着用した方が良いとされています。
肛門には多くの菌が潜んでいるので衛生的にもコンドームは絶対に着用しましょう。

コンドームを付けるのが面倒くさいという理由で、生身のまま使用する女性もいますが、器具を衛生的に長く使用するにはコンドームは付けたほうがいいです。
お客さんによっては、コンドームの感触が嫌という理由で、生身のまま挿入することもあるかと思いますが、最近のコンドームには「人肌仕様」や「エラストマー」を使用した、素材の感触を味わえる物が増えてきているので、コンドームの種類を変えてみるのもいいかもしれません。
アナルは「締まり」が良いので、激しく動かすとスグに破れてしまうイメージもありますが、今のコンドームは「薄くて丈夫」な物になっています。
お客さんをオーガズムに導き、気持ちよく、安心なプレイをするためにはバイブやペニバンにコンドームを着用するようにしましょう。

バイブに付着するう○こには大腸菌や性病菌がいっぱい!

バイブやペニバンを使用することで、表面には目にはみえない「菌」がたくさん付着しています。
コンドームを着用せず、そのままの状態、つまり衛生状態の悪いまま使用すると病原体に感染する可能性が高まります。
最悪、死に至ることもあるのでM性感で働く女性はSMプレイで感染してしまう性病についても知っておいてもらいたいです。

感染する病原体の種類には以下のようなものがあります。
・クラミジア
・淋病
・カンジタ
・トリコモナス
・梅毒
・HIV感染(エイズ)
カンジタなどは女性の性病のイメージがありますが、バイブを介して男性に直腸感染することがあります。

梅毒やエイズといった人を死に至らしめる性病にもなる可能性があるので、SMプレイで使う器具は常に清潔に手入れされた物を使用しましょう。
そして、さらに恐ろしいことに、バイブに付着している菌が手に付いて、それが口に入ってしまうと別の症状を起こしてしまいます。
アナル挿入した際に付着する菌には以下のようなものがあります。
・A型肝炎
・アメーバ赤痢
・大腸菌O-157
・ノロウィルス
・黄色ブドウ球菌

これらの菌に感染したら下痢、嘔吐、発熱といった症状が見られるようになり、場合によっては死に繋がる恐ろしい病気です。
男性のアナルと血液にはこうした菌が存在しているので、コンドームを着用しない生の状態で挿入をすると、こうした症状を引き起こしてしまうので使用前には必ずコンドームを着用させましょう。
アナルは、非常にデリケートな作りになっているので、ちょっとしたことで傷付き出血します。
M性感を利用する男性はアナル開発がされ性感帯になっていて、刺激されると非常に気持ち良く感じてくれますが、調子に乗って乱暴に出し入れをすると内部を傷つけたりするので、滑りが悪くなればスグにローションを付け足すなど十分注意しましょう。

SMプレイで感染症を防ぐには

ウイルスSMプレイで感染症を防ぐには使用前にコンドームの着用、そして使用後には清潔に洗浄することで感染するリスクを最小限に抑えることができます。
M性感は特殊な風俗ですが、最近ではかなりの人気があり、多くのマゾ男性が利用しています。
つまり、それだけ多くのマゾ男性に器具を使ったSMプレイをする機会が多いということです。

もしも、お客さんがM性感のSMプレイが原因で、性病や病原菌に感染したらクレームを言ってくることもあるかもしれません。
そうならないためにも常日頃から器具の取扱いには注意しておきたいです。
女性の方も、バイブやペニバンを介して手や身体に菌が付着し、感染する可能性が十分あります。
お店によっては、定期的に風俗嬢への性病検査を行うようにしているので性病検査は必ず受けておきましょう。

まとめ

M性感では、SMで使う器具を使ったSMプレイも人気メニューになっています。
SMプレイでは、バイブやペニバンを使用してアナルに挿入するプレイが人気ですが、その際には必ずコンドームを着用しましょう。
コンドームを着用することで、性病や大腸菌に感染するリスクを最小限に抑えてくれるので、お客さんへ安心したプレイを提供できます。

また、使用後には清潔に保ち、手に触れた場合は入念な手洗いを行うようにしましょう。