初めて風俗店に在籍するなら手コキ風俗がソフトでおすすめ

2023年12月14日

JerzyGorecki / Pixabay

風俗の世界は学歴や職歴が関係なく、どんな女の子であっても普通のお仕事よりもはるかに稼げる可能性があるので、とにかくがっつり稼ぎたい女性にとっては非常に魅力的なお仕事です。
しかしたくさん稼げる代わりに、お客さんである男性と性的な事をしなくてはいけないので抵抗を感じる女性も多いでしょう。
風俗で働くことに不安を感じている初心者の方や、たくさんお給料は稼ぎたいけれどもハードなことをするのは嫌だと思っている女性には、手コキ風俗がおすすめです。
この記事では風俗業界初心者でも働きやすい手コキ風俗というお仕事についてご紹介します。

手コキ風俗とは

質問 疑問手コキ風俗とは、お客さんに対して風俗嬢が手で性器を刺激して射精をさせてあげるお店です。
手コキ風俗の基本的なプレイでは男性が女性に対して触れることはできないので、性的なサービスに対して抵抗がある女性であってもやりやすいお仕事と言えます。
実際手コキ風俗には風俗嬢初心者の方が非常に多いですし、大学生をやりながらお金が欲しい時だけ働いているような女の子もたくさん在籍しています。
手コキ風俗はオナクラと呼ばれる風俗店と非常に似ています。

オナクラというのは、男性がオナニーしている姿を女性が見るだけのお店です。
男性に対して触れる必要がないので、オナクラは手コキ風俗よりもさらにソフトと言えます。
ただし、オナクラであってもほとんどのお店に「鑑賞コース」と「手コキコース」というものが用意されていて、鑑賞コースであれば男性がオナニーしているのを見るだけですが、手コキコースであれば手コキをしてあげることになります。
もちろんオナニーを鑑賞するだけよりも手コキをする方がサービスとしてはハードなので、お給料も高くなります。

手コキ風俗で働きたいのであれば、手コキ専門店だけではなく、手コキコースがあるオナクラも候補に入れるのが良いでしょう。
また、手コキ風俗は出稼ぎ先としても人気があります。
出稼ぎというのは、女性が自分が住んでいる地域とは離れたエリアに行き、1週間から1か月程度の短期間だけ風俗店で勤務することです。
出稼ぎの最大のメリットは、普段自分が活動しているエリアから離れているので、身バレを防ぐことができるという点です。

学生やお昼の仕事をしている方の場合、身バレをしてしまうとプライベートに悪影響があるため、出稼ぎをすることによって短期間だけ働いてがっつり稼ぐという方法を取ることができるのです。
なお、手コキ風俗には店舗型と派遣型があります。
店舗型の場合、サービスはお店の中にある個室で行うことになります。
派遣型の場合は、お客さんの自宅やホテルなどに出向いてサービスをすることになります。

派遣型の方がほんの少しだけお給料が高い傾向がある代わりに、店舗型であればいざという時にスタッフに助けを求めることができるというメリットがあります。
手コキ風俗はどちらかといえば店舗型の方が多いですし、特に初心者の方はお客さんとトラブルになった時に助けてもらえるように店舗型のお店を選ぶことをお勧めします。

手コキ風俗は稼げる?

お金手コキ風俗はデリヘルやソープに比べれば時間あたりの給料が高くありませんが、それでも普通のお仕事よりははるかに稼げます。
手コキ風俗を始めとした風俗店のお給料は基本的に完全歩合制になっています。

完全歩合制というのは、普通のアルバイトのようにただお店にいるだけで時給が発生するわけではなく、接客をするたびにお客さんが支払った金額の中から一定の割合を受け取るシステムのことです。
手コキ風俗で男性が支払う金額はだいたい20分3,000円程度になっています。
長時間のコースもあるので60分10,000円や90分15000円などのコースを選択する男性もいます。
そして、風俗嬢に対してはお客さんは支払った金額の中から50%程度がバックされます。

例えば60分10,000円コースの接客をすれば、5,000円をもらえるということです。
つまりお客さんが支払う金額が高い高級店の方が、時間あたりのお給料は高くなるということです。
高級店は若くて可愛い女の子ほど採用される可能性が高いので、自分の容姿や年齢を見て高いお店に在籍できると思うのであれば高級店に応募しましょう。

手コキ風俗のサービス内容

手コキ風俗のメインのサービスはお客さんに手コキをしてあげることですが、ほとんどのお店で手コキ以外のサービスをオプションとして用意しています。

オプションというのは、お客さんが通常料金とは別に追加料金を支払うことによって風俗嬢にやってもらえるサービスのことです。
オプションとして設定されているプレイは、やりたくなければ風俗嬢がNGにすることもできます。
オプションの中で自分がどうしてもやりたくないものがあれば、お店の人にNGにだと伝えれば無理やりやらされることはありません。
ただし、たくさん稼ぎたいのであれば、出来るだけNGは少ないようにしておきましょう。

オプション料金としてお客さんが支払った金額も女の子のお給料にバックされるからです。
お店によっては、オプション料金は100%風俗嬢に還元されることもあるので、非常に効率がいい稼ぎ方なのです。
ここでは手コキ風俗にあるオプションの中から多くのお店で採用されているポピュラーなものをご紹介します。

コスプレ

学生服やナース服などの衣装を着てサービスを行うプレイです。

基本的には衣装を変えるだけなので、女性にとって辛いことはありません。

下着見せ

オナクラでは基本的にお客さんが女の子を攻めることはできません。
しかし、お客さんも興奮するためにはできれば女の子の体を見たり触ったりしたいと考えているものです。
その中でも最もソフトなのが下着見せです。

下着見せも触られるわけではなくあまりツライサービスではないので、NGにしないほうがよいでしょう。

キス

キスデリヘルやソープピンサロなどのお店であれば通常のサービスに含まれているキスも、手コキ風俗であればオプション扱いになります。
また、唇をつけるだけのフレンチキスとディープキスは分かれていることがあり、ディープキスの方がお客さんの支払う金額は高くなります。

足コキ

足コキとは足でお客さんの性器を刺激してあげるサービスのことです。

このオプションがあるのは、Mのお客さん向けのお店が多いです。
そもそも手コキ風俗と一体になっていることが多いオナクラは、女性にオナニーしている姿を見られるだけで興奮する男性がたくさん来るお店なのでMの性癖を持っている方が非常に多く、オプションとして足コキを採用していることが多いのです。

乳揉み

手コキ風俗ではお客さんが女の子の胸を触ることもオプションになっています。
乳揉みは手コキ風俗ではとても人気があるオプションなので、NGにしなければ注文される頻度が高いです。

手コキ風俗になれてきてからNGを解除することもできるので、最初はNGにしておいて大丈夫だと思たらOKにするのもありです。

おもちゃ

ローターなどを使ってお客さんが女の子の胸や性器を攻めるサービスです。
手コキ風俗の中ではハードなサービスなので抵抗がある方も多いと思いますが、その分オプション料金も高くなっているので女の子のお給料に還元される金額も高くなります。

まとめ

初めての方でも働きやすい手コキ風俗というお仕事についてご紹介しました。

手コキ風俗では基本的にはお客さんのオナニーを鑑賞するか、手で性器をしごいてあげるというサービスをするだけで良いので、ハードな性的サービスに抵抗がある女性にとっても働きやすいお仕事と言えます。
それだけでも普通のお仕事よりは稼げますが、さらにがっつり稼ぎたいのであればお店に設定されているオプションに少しずつ対応していくようにしましょう。