キャバクラで働くことを家族に話す?話さない?

2023年12月14日

geralt / Pixabay

キャバクラで働くことを家族に正直に話すか、話さないかという選択は、キャバクラで働く女の子にとって共通の悩みです。
就業前の女の子だけでなく、現在お店に勤務している女の子の中にも、キャバクラで働いていることを家族に話すかどうか迷っている子は大勢います。
家族に隠し事をしていると後ろめたい気持ちになりますし、実家で暮らしている場合は四六時中、顔を合わせているわけですから、バレてしまわないかと不安になってしまいます。
正直に話して堂々とキャバクラで働きたい!と考えている女の子も少なくありません。

でも、話すことで新たな家族トラブルが発生することもあるのです。
まずは、キャバクラで働くことを家族に話すメリットとデメリットをピックアップしていきます。
家族へ告げる前に一読して、もう一度、検討してみましょう。

家族に話すメリットとデメリット

Good, Bad近年、キャバクラは女の子なら誰でも気軽に稼げる高収入アルバイトとして認められつつあります。
テレビや雑誌でも「昔はキャバクラで働いていた」と自ら暴露する芸能人をよく見るようになりました。
昔に比べれば「水商売」と蔑む風潮は薄れていると言えるでしょう。
しかし、まだまだ快く思わない人がいるのもたしかな事実です。

特に高齢者や40代以上の親世代には「素行の悪い仕事」といった悪いイメージを持つ人がたくさんいます。
ですから、家族に話すデメリットとして第一に挙げられるのは「キャバクラで働くことを反対される」という点でしょう。
反対を押し切って働いたとしても、納得を得られない限り偏見の目を向けられることになります。
もちろん、家庭内の雰囲気も悪くなってしまいますし、仕事に対する労いや協力も得られません。

では、メリットはどういった点が挙げられるのでしょうか?
もっとも大きなメリットは「隠し事をしているストレスが解消される」という点です。
キャバクラ勤務に限らず、家族に隠し事をすると日頃からバレないように気を遣わなければいけません。
親バレ、身内バレには神経を尖らせる女の子も多く、店側もアリバイ対策を用意していますが、本人に隠す気がなければすぐにバレてしまいますし、日常会話においても嘘の整合性を気にしながら話す必要があります。

たとえば「居酒屋で働いている」と偽装している場合、勤務期間が長くなればなるほど、店長の人柄や同僚の性格、お店の雰囲気や内装など、たくさんの嘘を重ねていくことになります。
家族に嘘を吐く罪悪感よりも、これらのエピソードや設定をしっかりと覚えておかなければいけない、ということが大きなストレスになってしまうのです。
これらのメリット、デメリットを踏まえると世間にはまだまだ「キャバクラは悪い仕事」というイメージが根付いていることがわかります。
話すかどうか迷っている女の子自身も「偏見の目で見られるかもしれない」「反対されるかもしれない」といった不安を抱えていることでしょう。

モヤモヤした気持ちを抱えたまま、仕事をするのは誰だって嫌ですよね。
話すなら話す、話さないなら話さない、とはっきりさせたほうが精神的な負担も軽減されます。
キャバクラで働くことを家族に話すか話さないかは早めに決断しましょう。

キャバクラ勤務を家族に話すか話さないかの判断基準

吹き出しキャバクラで働くことを家族に話すか話さないかの判断基準を、一概に「これだ」と断言することはできません。
家庭の経済状況や家族の経歴、性格といった個人の考えが影響するためです。
まずは、家族がキャバクラにどういったイメージを持っているか探ってみるべきでしょう。
また、一言で家族といっても両親や旦那、子供など関係によっても判断が大きく変わってきます。

両親にキャバクラで働くことを話す場合は、将来のことをしっかりと考えておいたほうがよいでしょう。
「家庭の経済状況が悪い」「水商売で働いていた経験がある」などの特別な理由がない限り、娘がキャバクラで働くことを快く承諾する親はいません。
親にキャバクラで働くことを打ち明けるなら、反対を覚悟したうえで明かすべきでしょう。
反対された際に「大きな夢がある」「キャバクラで稼いだお金でやりたいことがある」といった説得力のある理由があれば、納得する親もいます。

旦那にキャバクラ勤務を話すのは、よほどの理由がない限り避けておいたほうが無難です。
これは旦那に限らず彼氏にも言えることですが、自分の妻や彼女が見知らぬ異性とお酒を飲むことに賛成する男性はいません。
経済状況が悪いなどの切迫した理由があれば、理解を得られるかもしれませんが、それでもケンカや離婚に発展する可能性があります。
客と男女の関係に発展しているのではないか、と疑う旦那も少なくありません。

中には妻がキャバクラで働いているとわかった途端、性病を指摘する旦那もいるほどです。
キャバクラは性的なサービスを一切提供していないため、もちろん性病にかかる可能性はゼロですが、枕営業を疑う男性は多いようです。
物心がついている子供がいる女性は、子供に自分の仕事を説明するかどうか迷うこともあるようですが、こちらも話さないほうが無難です。
子供に嘘を吐きたくない」と思うかもしれませんが、子供が幼稚園や小学校で「お母さんがキャバクラで働いている」と話してしまった場合、近所の人々にバレてしまうだけでなく、子供がいじめられる可能性もあります。

総合的に言えることは「理由がなければ反対される」ということです。
家族に話すメリットよりもデメリットのほうが大きいと感じた人も多いのではないでしょうか。
実際のところ、キャバクラで働いている女の子の大半が家族にキャバクラ勤務を明かしていません。
アリバイ対策がしっかりと行なわれている店舗であれば、バレることもほとんどないといえるでしょう。

キャバクラで働いていることがバレる原因

メイクキャバクラで働いていることがバレる原因は大半が、生活や服装の変化だと言われています。
深夜に働くことよりも、メイクが派手になったり、お金の使い方が荒くなるといった行動が家族にバレる大きな原因です。
そういった変化から家族に疑いを持たれた結果、携帯やスマホのメールをチェックされたり、尾行されて証拠を押さえられてしまいます。

家族にバレたくないのであれば、派手な振る舞いは慎んだほうがよいでしょう。
来店した客の中に家族の知人がいて、そこからキャバクラ勤務が伝わってしまう可能性はありますが、自宅や実家の近所でなければそういった身バレは少数です。
逆をいえば、近所のキャバクラを勤務先として選ぶと、そのぶん家族にバレる可能性も高まってしまいます。
家族にバレたくないのなら、遠方のキャバクラ店を勤務先として選びましょう。

副業としてキャバクラ勤務を考えている場合は、職場の近所のキャバクラも危険です。
なお「パネル写真が流出して過去の勤務がバレる可能性がある」といった噂もありますが、キャバクラ店から勤務時の写真が持ち出されることはありません。
優良店は個人情報の守秘を徹底しているため、勤務している女の子が退店する際にはすべてのデータを消去しています。
アリバイ対策や個人情報の管理がしっかり行なわれている店に勤務すれば、家族にバレないようにキャバクラで働くことはさほど難しくありません。

家族トラブルを避けるためにも、キャバクラで働く際には店舗選びを慎重に行ないたいところですね。

身バレ対策

Posted by ヒロシ