手コキ専門店の面接で必要な身分証とは?

2023年12月14日

jackmac34 / Pixabay

今回のテーマは手コキ専門店の面接で必要な身分証とは?と言う事についてです。

求人サイトなどでお店を探している中でいざ面接となった時、実際に何が必要なのかと言う事はわからない人が多いと思います。
面接時に必要な身分証はどのようなものなのか、と言う事をメインにこれから色々と書いていきたいと思います。

必要な物

チェックリスト今回のテーマは手コキ専門店の面接で必要な身分証とは?と言う事についてです。
風俗で働きたいと思った時、必ずどこかのお店に面接にいく事になると思います。
面接時に何が必要になるのか、と言う事は事前に把握しておく事が大切です。
何を持っていけば良いか分からない、そしてどんな服装でいけばいいかわからないなど、各自で不安な事がある場合は自分が面接にいく店の面接担当者に事前に直接聞いて確認をとるのが一番よい方法だと言えると思います。

今回は面接に必要な身分証、と言う事で身分証をメインに色々と書いていきたいと思います。
風俗では基本的に、どこのお店やジャンルを選んで面接に行ったとしても必ず身分証の提示を求められます。
なぜ身分証の提示が必要になるかと言いますと、正確な年齢を確かめる為に必要になってきます。
風俗では働ける年齢と言うのが決まっています。

風俗では18歳以上の女の子でないと働けないルールが存在します。
故に、身分証をしっかりと提示してもらって確認する義務が雇う側にはあるのです。
仮に18歳以下の女性を雇ってそれがバレたら、お店自体が営業停止、または刑事処罰を受ける可能性になる事もあります。
営業停止になれば自分も職を失う事になりますし刑事処罰にでもなれば、家族や知り合いにも風俗嬢をしていた事がバレてしまう事にもなりかねません。

ゆえに、風俗で働きたければ身分証を必ず提示しなければいけない、と言う事をまずは頭に入れておいて下さい。
そして身分証を提示するもう1つの理由は、身分証のコピーをとって登録しなければいけない、と言う決まりがあるからです。
風俗では約3年間、身分証のコピーを所持する事ができます。
この2つの目的の為に働く女性は身分証を提示する事になると思います。

しかし、それは分かっていたとしてもやはり身分証を提示すると言うのは怖い事でもあると思います。
自分の本名、実年齢、そして住所まで個人情報が丸わかりになってしまう訳です。
出来る事なら提示したくないと言う気持ちは分かりますが、絶対に提示しないと働けないようになっています。
因に身分証のコピーと言うのは基本的に返しては貰えないようになっています。

仮に体入後に辞めたり、1ヶ月働いてすぐに辞めたとしても返しては貰えないのです。
ですので、働くからには覚悟を持って面接に行きそして働いてほしいと思います。
実際どのような身分証が必要なのか?
と言うのが今回のテーマになるのですが、基本的には運転免許証と住民票があれば100%大丈夫です。

この2つがあれば十分に確認を取る事ができますので、風俗嬢として働きたい場合は運転免許証と住民票を必ず用意するようにして下さい。
ちなみに、免許が無い場合は運転免許証は用意できないと思います。
その代わりに学生証でも大丈夫なのか?
と言うのが若い子のリアルに気になる所だと思います。

No, 禁止結果としては学生証はNGになります。
更には保健所でも大丈夫です、と言っている店も中にはあると思いますが、基本は運転免許証と住民票ですので、それ以外を求める場合は怪しいと思っておいた方がいいと思います。
例えば、店をちゃんと登録せずに働かせていたり、風営法にひっかかるような事を裏でしている可能性があります。
保健所ならあるからラッキーみたいな安易な考えですと、どんなトラブルや事件に巻き込まれるやも分かりません。

必ず運転免許証を準備するようにして下さい。

義務

風俗で女性を働かせる、と言うのはお店側としてもやるべき事をしっかりとしておかなければいけない、と言う事が言えます。

つまりちゃんと把握して登録し、そして管理する義務が雇う側にはあるのです。
ですので身分証の提示は絶対条件になってきます。
前述では運転免許証を必ず準備しておいてほしい、と言う事を書いてきましたが要は大事なポイントと言うのは本人の顔写真がある身分証を提示する必要がある、と言う事なのです。
ですので、顔写真があれば例えばパスポートやマイナンバーなど、公的に認められている身分証を提示すれば可能なケースもあるかとは思います。

どうしても運転免許証が用意できない場合は事前に採用者に確認をとって相談する事をおすすめします。
整理しますと、身分証は必ず必要になると言う事、そしてどのような身分証が有効かと言いますと一般的には顔写真付きの身分証に限ると思います。
NGな身分証の代表は学生証と保険証になります。
あくまで運転免許証が一番強いと思います。

どうしても用意できない場合はその他の顔写真付きの身分証を用意するようにして下さい。
身分証の提示は絶対です、そして雇う側の義務なのです。
どうしても身分証の準備はできない、と言う女性も中にはいると思います。
残念ながら身分証が用意出来ない場合は風俗で仕事をする事はできません。

身分証がない状況でどうしても風俗で仕事がしたいと言うならば、写真付きの身分証を取得する、と言う方法しかないと思います。
原付おすすめの簡単にとれる身分証と言うのは原付の免許証になると思います。
コストも少なく、日数も掛からずに取得可能な免許ですのでオススメです。
前述でも書きましたが、身分証は絶対にどこのお店でも必要になってきます。

仮に身分証がなくても大丈夫だと、あるいは働けている、と言うケースがあった場合にはそれは間違いなく怪しいと思った方がいいと思います。
ですので、絶対に身分証を用意して下さい、そして用意できない場合は所得して提出するようにしてほしいと思います。

まとめ

手コキ専門店の面接で必要な身分証とは?と言う事について色々と書いてきました。
手コキ専門店に限らず、風俗で働く場合必ず自分の身分証が必要になってきます。
ですので、身分証が提出できなければ風俗では働けない、と言う事をまずは念頭において置いて下さい。
必要な身分証と言うのは基本的には運転免許証と住民票になります。

これがあればほぼ間違いなく大丈夫です、そしてNGな身分証と言うのは学生証や保険証になります。
顔写真付きの身分証と言うのが絶対条件です。
どうしても運転免許証が用意出来ない場合はパスポートやマイナンバーなどを提出して提示するようにしてほしいと思います。
全ての身分証が提示できない、と言う女性も中にはいると思います。

そのような場合には残念ながら風俗で働く事ができないです。
どうしても働きたい場合は、顔写真付きの免許を取得するしか方法はないと言えると思います。
オススメなのは原付の免許です、原付の免許ですと費用も少なく、そして日数もあまり掛からずに取得できますので良いと思います。
もちろん合格しないと取得できませんが、本気で風俗嬢として仕事がしたいならば頑張って身分証を用意してほしいと思います。

最後に、身分証を提示すると言う事は自分の個人情報が知られてしまう、そして保管されてしまう、と言う事になります。
身分証のコピーと言うのは絶対に返しては貰えません。
ですので、事前によく考えて風俗で働くなら働いてほしいと思います。