熟女風俗店なら年齢が60代でも採用される?1日いくら稼げる?

2023年12月14日

falovelykids / Pixabay

年齢が60代を超えると、普通のバイトでも採用は難しくなるでしょう。

しかし、風俗の世界には60代を超えるような熟女たちが働く風俗店があります。
たとえ60代であっても、このような熟女系の風俗店で働くことで、風俗嬢になるばかりか、それ相応の給料を稼げるようになります。

60代の熟女の需要

熟女風俗店なら年齢が60代でも採用される?1日いくら稼げる?どれほどマニアックな風俗店であったとしても、少なからずニーズというものがあるものです。

そもそもお店を営業しているということは、利益が出ている、つまり世間から必要とされているということです。
風俗店の中には30代、40代の女性たちがキャストを務める熟女系や人妻系と呼ばれるお店があります。
確かに30代40代の女性というと、20代の若い女性と比べると年配に見えますが、女性によっては艶やかさが増すことでかえってエロく見えることもあります。
しかし、60代ともなると、お母さん世代を超えて、おばあちゃんと呼ばれる年代になります。

果たして60代の風俗嬢を指名する男性はいるのでしょうか?
60代の女性が集まる風俗店の場合、そこを利用するお客さんは同世代の男性が多いものです。
そのため、超熟女な風俗店に勤務した場合、だいたい60代や70代のおじいちゃん世代の男性が主な客層になるでしょう。
高齢化社会を迎えた現代の日本において、60代70代の男性が風俗客になることは珍しいことではありません。

ただ、こういった年配の男性の中には、若い女性よりも同世代の女性を好む人もいます。
他にも、子供の頃におばあちゃんが好きだった若い男性が、亡くなったおばあちゃんに恩返しをするつもりで超熟女系の風俗店を利用することもあるので、必ずしも年配の男性ばかりだけが風俗客になるとは限りません。
このように、たとえ60代の女性であっても風俗嬢としてのニーズはあります。
そのため、60代であるからといって、風俗嬢になることを諦める必要はありません。

60代の女性の求人

女性に限らず、60代の人が仕事を探そうと思った場合、なかなか良い仕事は見つからないでしょう。
60代というと男性であっても長時間の勤務が難しいため、比較的短時間で終わる仕事ばかりになります。
過去の職歴を活かそうにも、年齢を理由に採用はおろか、面接もしてくれないかもしれません。

最近はコンビニのような低時給のバイトであっても意外と覚えるべき仕事の量が多く、60代の人が新たに始めるには大変な仕事になります。
しかし、風俗の仕事に関して言えば、覚えるべき仕事はそれほど多くはありません。
デリヘルやホテヘル、ソープなどのハード系の仕事であっても、やるべき仕事の数は少ないです。
特に今まで風俗嬢として働いてきた女性の場合、長年培ってきた経験やテクニックがあるため、若い女性ではまず出来ないような濃厚なサービスを提供することが出来ます。

60代の風俗嬢を求める男性の中には、このような濃厚なサービスを求めて指名するお客さんもいるだけに、まさに芸は身を助けると言えるでしょう。

求人の多いエリア

60, Number60代の女性が風俗嬢になろうと思ったら、やはり東京都のような求人数が多い地域がオススメです。
いくら需要があるとはいえ、人口の少ない地域ですと、指名してくれる男性の数も少ないでしょうから、あまり稼ぎは良くないでしょう。

その点、東京都は60代でも歓迎してくれる求人がそれなりの数あるので、60代でも東京都でなら風俗デビューを果たしやすいです。
具体的なエリアをあげると、池袋や鶯谷、日暮里、大塚、巣鴨、立川などに熟女系や人妻系の風俗店は多く存在しています。
たとえ熟女であっても、デリヘルやホテヘル、ソープのお店で働くことは可能ですし、現役の風俗嬢の中には70代の女性までいるほどです。

稼げる金額

たとえ60代でも風俗嬢になれるからといって、稼げる金額が低ければあまり意味はないでしょう。
実際のところ、60代の女性が風俗嬢になった場合、どのくらい稼げるものなのでしょうか?
同じ風俗嬢であっても、若い女性と熟女では1日に稼げる金額が異なります。
若い女性なら1人接客するごとに2万円以上稼げるでしょうが、熟女となると7000円から1万円ほどになります。

さらに、60代の女性ともなると、どんなに稼ぎたくとも体力が続かないでしょうから、1日に接客できる人数も少ないです。
それだけに、働くのであれば単価が高いデリヘルやホテヘル、ソープがオススメになります。
60代の女性がいるような超熟女系の風俗店の場合、70分コースでも1万円であることが多いです。
仮にバック率が50パーセントだとすると、1回あたりに稼げる給料は5000円となります。

仮に1日2人接客し、1人あたり5000円稼げるとした場合、日給は1万円となります。
15日勤務して15万円、20日勤務してようやく20万円を超える計算になります。
60代の風俗嬢の場合、1ヶ月に30万円も稼げれば良い方でしょう。
もっとも、60代の男性ですら、普通の仕事で月20万円以上の給料を稼ぐことは難しいでしょうから、これはそれほど悪い数字ではないかもしれません。

60代熟女の強み

熟女系や人妻系の風俗嬢といえば、30代から40代をイメージするものです。
熟女と言われ、60代の人妻をイメージする人がいるとしたら、余程マニアックな人でしょう。
そんな60代の熟女には他の風俗嬢にはない強みがあります。

それは経験とテクニックです。
ただ、60代の熟女に若い風俗嬢のようなテクニックを求められても出来ないでしょう。
なにしろこの年齢に差し掛かると肌の質は衰え、体型は崩れ、力もないので激しい動きも難しいです。
しかし、若い女性と違って60代の女性ともなると、非常に濃厚なサービスをする女性もいます。

その快感が凄まじく、体験したらハマったという男性もいるほどです。
さらに、60代の女性ともなると歯が無くなってしまい、入れ歯を使う女性もいます。
そういった入れ歯フェラなどのサービスは60代の風俗嬢ならではの独自のサービスであり、気持ち良いと感じる男性も多くいるようです。
それに加え、年齢が60代にまで達すると生理が上がってしまうため、たとえ本番をすることになったとしても、妊娠する可能性はほとんどありません。

そのような事情もあってか、本番目当てで60代の風俗嬢を指名する男性もいます。

60代女性が風俗嬢になる理由

Tokyo, Nightそろそろ還暦を迎えるという女性が、一体なぜ風俗嬢になるのでしょう?
こういった女性の場合、お金が目当てであることもあるのでしょうが、他にも寂しいからという理由で風俗嬢になるケースがあります。

特に旦那に先立たれてしまい、夜が寂しいという人妻が風俗嬢になるケースが意外と多くあるようです。
どのような理由があるにせよ、超熟系の風俗店は60代の女性であっても歓迎しております。
特に鶯谷は熟女系のお店が意外と多くあるようです。
60代でも働ける風俗店の求人に応募し、面接を受け、採用となれば、晴れて風俗嬢としてデビューすることが出来るでしょう。

超熟系の風俗店の場合、待遇の良いお店というのはあまり多くはないです。
ただ、待機に関しては自由にさせてくれるお店が多いようで、事務所のみならず、自宅での待機が可能なお店が多くあります。
ただ、超熟系の風俗店はやはり全体的に料金が安めに設定されているため、たとえデリヘルやホテヘル、ソープのような稼ぎやすい業種であったとしても、短期間で大金を稼ぐというわけにはいかないでしょう。
さらに、雑費などが高額な風俗店の場合、給料がかなり減ってしまうだけに、求人を選ぶ際には雑費が少ない風俗店を選んだ方が良いです。

そのため、面接を受ける際には実際に働いた場合、給料はどのくらいの額になるのか、そしてその給料のうち手取りとして貰える金額はいくらになるのかまで、細かく聞いた方が良いでしょう。
特に、お金目的で風俗嬢になるような女性の場合には、尚更給料に関しては採用される前に詳しく聞いておいた方が良いです。
稼げる金額は安くなりやすいですが、風俗嬢としてデビューし、指名が獲れるようになれば、同世代のパートやバイトをしている女性よりも高額の給料が稼げるようになるでしょう。