熟女風俗で客ウケのいい下着は?派手よりはシックが良い?

2023年12月14日

ValeriyaBoltneva / Pixabay

風俗嬢になったからといって、それだけで稼げる人気嬢になれるわけではありません。

人気のある風俗嬢ほど、お客さんから悦ばれる下着を身に付けるものです。
たとえ熟女だったとしても、客ウケの良いランジェリーやパンティを身に付ければ指名される確率もあがり、稼げる金額も増えることでしょう。

下着選びの重要性

熟女風俗で客ウケのいい下着は?派手よりはシックが良い?入店した当初こそ、新人ということで頻繁に指名され、稼ぐことが出来たものの、1ヶ月2ヶ月と時間が経過するにつれてだんだん指名される頻度が減り、稼げなくなることがあります。

入ったばかりの新人でもない限り、リピーターのいない風俗嬢はあまり稼ぎが良くありません。
いくら風俗嬢が稼げる仕事といっても、本指名される回数が少ないと、収入が伸び悩むことでしょう。
特に熟女風俗のような、ただでさえ若い女性中心の風俗と比べて稼ぎ難い環境にいる風俗嬢ならば尚更です。
若い風俗嬢と違って、熟女の風俗嬢というのはバックで稼げる金額が低くなる傾向があります。

さらに、いくら熟女風俗が人気のあるジャンルとはいえ、人気の規模でいえば若い女性中心の風俗店の方が大きいでしょう。
一回接客する度にお客さんに飽きられてしまうような風俗嬢では、収入はいつまでも増えないでしょうし、それどころか収入が落ちる可能性すらあります。
熟女だけに限った話ではありませんが、風俗嬢が稼ぐためには、お客さんにもう一度この女性に会いたいと思わせる必要があります。
しかし、一体どうすればリピーターは増えるのでしょう?

お客さんに悦んで貰うためには接客やサービスの質を向上させることも大切なのですが、それ以上に即効性のある方法があります。
それが下着選びです。
同じ熟女でも、地味な風俗嬢と客ウケの良いランジェリーやパンティを身に付けている風俗嬢の二択ならば、男は確実に後者を選ぶでしょう。
客ウケの良い下着を身に付け、お客さんを興奮させ、悦んでもらうことができれば、次回の本指名にもつながるだけに、収入アップが期待できます。

若い女性と比べてあまり稼げない、もっと給料を稼ぎたい、本指名されたいと考えているのであれば、一度客ウケの良い下着を身に付けることをオススメします。

客ウケの良い下着

下着風俗嬢が身に付けるような下着となると、高級店の女性が身に付けるようなブランドものの下着から、激安店の女性が身に付けるようなリーズナブルな下着まで種類は豊富です。
特に高級店の場合、下着のブランドを指定することもあり、働くにあたって高額の下着を用意させられることもあります。

一方で激安店では下着に関して注文されることはあまりないのですが、それでも多くの風俗嬢がプライベートとは別に仕事用の下着を多数用意するものです。
それは風俗嬢が稼ぐ上で、下着が大切だということを身をもって知っているからでしょう。
風俗嬢の中にはプライベートこそ地味なパンティしか履かないものの、仕事をする時はエロエロな下着を履く女性もいます。
では、風俗嬢にとって客ウケの良い下着とはどのような種類の下着のことを指すのでしょう?

基本的にオススメとなる下着は働く風俗店のランクによってそれぞれ異なります。
たとえ熟女風俗店であっても、激安店から高級店までそれぞれランクがあるでしょうから、下着選びの際にはまず勤務先の風俗店のランクをチェックしましょう。
ただし、熟女風俗の場合、全体的な傾向としてはセクシーさを強調しつつも、シックで落ち着きのあるモノが悦ばれやすいでしょう。
下着のオプションがあるような風俗店を除き、風俗嬢は自分で下着を用意することになります。

間違った下着を用意すると、本指名される確率が落ちるばかりか、無駄な費用となります。
それだけに、下着を用意する際には、お店のイメージにマッチした客ウケの良い下着を選びましょう。

激安店向きの下着

お勤め先が激安店のような、大衆向きの熟女風俗であった場合、リーズナブルな下着を選んだ方が良いでしょう。

なにしろ高級店の女性が選ぶようなブランドの下着の場合、購入にあたって数万円の費用がかかるものです。
一方で、お値段がリーズナブルな下着の場合、数千円の出費で購入することが出来るため、たとえ稼げる金額が低かったとしても、それほど手痛い出費にはなりにくいです。
風俗嬢向きの下着を作っているブランドの中には、リーズナブルで、さらに可愛らしい下着を作っているブランドが多くあります。
ただし、熟女風俗店で働く女性の場合、20代の若者が身に付けるような可愛らしいパンティやランジェリーはあまり似合っていないかもしれないので、出来るだけセクシーさを強調したような下着の方が良いでしょう。

ただし、いくら下着はセクシーな方が良いといっても、服装までセクシーさを強調する必要はありません。
むしろ服装に関しては清楚な方が良いです。
熟女風俗を利用する男性は、風俗嬢にあまり派手さやエロさは求めない傾向があります。
むしろ内面的な魅力や、包容力、年上の女性としての落ち着きなどを求めるものです。

30代40代の風俗嬢が派手派手しい格好をしていると、安っぽく見られやすいですし、お客さんからも飽きられやすいです。
それよりも、服装こそ落ち着きのある清楚な格好にしつつも、下着だけはセクシーにしましょう。
服装は清楚なのに下着はセクシーというギャップに悦ぶ男性は多くいるものです。
一方で、顔の外見や身体がどうしてもいやらしく見えるような女性の場合、服装こそ派手にしつつも、下着は清楚なモノを選ぶと、やはりギャップ的なエロさを男性に感じてもらえるようになります。

どの下着を身に付けるとお客さんのウケが良くなるかは、その女性の特徴によって異なります。
それだけに、下着選びの際には店長や男性スタッフなど、男性目線の意見を取り入れてみましょう。

高級店向きの下着

下着激安店と違い、高級店に勤務する風俗嬢は、その店のイメージにあった高級感のある下着をつけることをお店に要求されます。

なにしろこういった高級店のお客さんは、風俗嬢に高級感を求める気質があるからです。
せっかく高い料金を払っているのに、安物のパンティを履いている風俗嬢が登場したら興醒めです。
それだけに、高級店に勤務する熟女はそのお店に合う高級ブランドの下着を事前に用意した方が良いです。
高級店向きのブランドの下着を購入するにあたり、パンティとブラを合わせるとだいたい予算は1万円以上はかかります。

値段はどれも高くなりますので、最初は赤字覚悟で購入することになります。
しかし、高級ブランドの下着には、その値段に見合うだけの価値があります。
なにしろ高級店はバックが良いため、お客さんウケの良いパンティやランジェリーを身に付け、リピーターになってもらえると、1日10万円以上稼ぐことも十分に可能です。
高級ブランドの下着は見た目がセクシーなモノが多く、男性の目を飽きさせません。

身に付けることで女性のセクシーさがより強調され、お客さんにも悦んで貰えるでしょう。
デザインのみならず、ボディメイキングの機能が充実している下着が多いため、年齢的に体型が崩れ気味な熟女には高級ブランドの下着は特にオススメです。
値段が高いだけあって、高級ブランドの下着は質が良く、女性の魅力をあげるモノばかりが揃っています。
そのため、高級店のみならず、激安店のような大衆向きの風俗店で身に付けても、お客さんからのウケは良いでしょう。

ただし、風俗嬢の下着というのは損耗率が激しく、すぐに使えなくなってしまいます。
頻繁に新しい下着を購入すると、出費の額も大きくなります。
高級ブランドの下着は、稼げる風俗嬢ならではの下着と言えるでしょう。

下着のお持ち帰りオプション

風俗店の中には使用済みのパンティなどの下着のお持ち帰りをオプションとして用意しているお店があります。
こういったお店の場合、風俗店側が用意したパンティをお持ち帰りすることもあれば、風俗嬢が用意したお店をお持ち帰りしてもらうこともあります。
こういった下着のお持ち帰りオプションの値段は通常料金に含まれることもあれば、3000円ほどになることもあります。
通常料金に含まれる場合、風俗嬢にあまりメリットはないですが、料金が発生する場合は収入アップのチャンスにもなります。

ただし、オプションが発生する度に3000円以上の自前のパンティをお持ち帰りされていては赤字になりますので、オプション有りのお客さんと接客する時のために激安店向きの安物のパンティを何着か購入しておいた方が良いでしょう。
フェチな男性の中には、ノーパンのまま帰宅して欲しいと注文する人もいます。
そのためだけに使用済みパンティのお持ち帰りオプションを注文することもあります。
このように使用済みパンティの需要は意外と高いだけに、収入アップを目指すならプライベートや仕事用とは別にオプション用のパンティも自前で用意しておきましょう。

若い風俗嬢と違い、熟女店の風俗嬢はバックが安いなどのデメリットがあります。
しかし、セクシーな下着を身に付けて接客すればリピーターも増えるでしょうし、オプションで稼ぐことも可能です。
バックの低さを補えるだけの可能性が、下着にはあるのです。