熟女系の風俗店に来る客の特徴は?おじさんばっかり?

2023年12月14日

Pixel_perfect / Pixabay

熟女系の風俗店の客層といえば、30代40代のオジサン世代の男性ばかりになります。

中には熟女好きの若い男性が来ることもありますが、大部分は熟女と同世代の男性が風俗客となるでしょう。
オジサン世代の風俗客はリピーターになりやすい一方で、キモ客やウザい客もいるため注意が必要です。

熟女系風俗店の客層

熟女系の風俗店に来る客の特徴は?おじさんばっかり?30代、40代の熟女がいる熟女系風俗店は風俗業界でも人気の高いお店であり、日々多くのお客さんが来店しています。

では、そんな熟女に興味を抱く男性とは一体どんなタイプなのでしょう?
熟女に興味がある男性だからと言って、必ずしも若者とは限りません。
むしろ熟女系風俗店の場合、来店するお客さんは30代40代のおじさんが多いといった特徴があります。
中には夫婦関係が冷え込んでしまい、再び女性と接して熱い想いを取り戻したいという人もおり、独身の男性ばかりがお客さんになるとは限りません。

若い女性と違い、30代40代の女性ともなると結婚している女性も多くなります。
実際、熟女系風俗店に勤務している女性の中には既婚者やシングルマザーもいることでしょう。
そういった女性にエッチなサービスをさせることで、まるで不倫をしているような、背徳的な気分を体験できるというのも、熟女系風俗店の魅力の一つです。
熟女というと若い女性と比べて外見的な魅力が劣るように感じられますが、中には若い女性にはない妖艶な魅力に満ち溢れた女性もいます。

他にも母性や包容力のある女性はマザコン気質な男性から好まれやすく、人気が高いです。
客層が30代40代のおじさんが多いからといって、全員が社会的な常識を弁えている男性とは限りません。
こういった年配の風俗客の中には、若い女性よりも熟女の方が店外デートや本番がしやすいと思い込み、強引にハードなプレイや本番を要求することがあります。
中にはプライベートでも親しくなろうとする人もいます。

それだけに、熟女系風俗嬢の中には接客中こそ笑顔を浮かべつつも、本音ではウザいと感じ、しんどい気分になっていることが多いです。
その一方で、若い男性と比べて中年のおじさんは丁寧にサービスして満足させると、リピーターになってくれる確率が高いだけに、安定した収入を目指すならオジサンの方が良いかもしれません。

嫌な客の特徴

熟女風俗店だからといって、ウザい客やキモ客がいないとは限りません。

むしろ、こういった嫌な客は熟女風俗店の方が多いでしょう。
熟女系かどうかに関係なく、風俗嬢はお金のために風俗の仕事をしています。
お金を稼ぐため、プレイ中は笑顔で接客するのでしょうが、本音ではこの仕事はしたくないと考えている女性は多いようです。
中にはプレイの最中に風俗嬢の気分を害させるような風俗客もいるだけに、内心ではストレスや不満を溜め込んでいることでしょう。

不衛生な客

風俗嬢がしんどいと思う風俗客の特徴として、まず不衛生な男性がいます。
風俗という仕事上、どうしても性病のリスクは避けられません。
それだけに、性病を持っていそうな風俗客は嫌われやすく、服装や身だしなみが出来てない男性や、顔や体が汚い男性は本音では来ないで欲しいと思っているものです。

特に、30代40代の男性となると、年齢的にどうしても若い男性と比べて体が汚れやすく、中には酷い加齢臭や悪臭を放つ人もいます。
おじさん世代はどうしても体臭がキツクなりやすいだけに、風俗嬢の中には悪臭に耐えられず、本音ではしんどい気持ちになっています。
なにしろ風俗のプレイやサービスによっては、男性の性器どころかお尻の穴まで舐める必要に迫られます。
即即のプレイをやっている風俗嬢にいたっては、シャワーも浴びずにプレイをするだけに、プレイ中の嫌悪感は尋常ではないでしょう。

本音では嫌々ながらも、お金を稼ぐためにしんどい気持ちを我慢してサービスに明け暮れる風俗嬢は多いようです。

本番を強要する客

風俗嬢からウザい客だと思われる男性は意外と多くいるものです。
特に、風俗嬢が嫌がることを強引にやらせようとするお客さんは本音では嫌われやすく、ウザいと感じられています。

熟女系の風俗店で働く女性というのは、全体的に30代40代の女性が中心となります。
そして、こういった熟女と呼ばれる年代の女性の場合、若い女性と比べて稼げる給料が低くなる傾向があります。
熟女系風俗店に来る風俗客の中には、そういった事情を知っているからなのか、熟女は若い女性よりも簡単に本番できると思い込んでいる人が意外と多くいるものです。
確かに、熟女の中には人気を得るために本番をするなど、ハードなプレイやサービスに挑戦する女性もいます。

しかし、全員が本番をしているわけではありません。
しかし、客層の悪い地域になると、かなり強引に本番を強要することもあれば、店外デートを要求することもあります。
対処店外デートのような、プライベートの場でお客さんと出会う行為は、確かに風俗店を通さずに稼げるなどのメリットこそありますが、その一方で風俗店の庇護が受けられず、危険な目に遭うリスクがあります。
何より、本人が嫌がっているのに無理やりプライベートで会おうとする男性はかなり危険ですので、しっかりと断った方が賢明でしょう。

ウザい客やキモ客の中には、風俗嬢の接客態度を見て気分を良くし、行動がエスカレートするあまり、ストーカー化することもあります。
仕事中ならばともなく、プライベートにまで干渉されると安心して生活することも出来ません。
それだけに、悪質な風俗客には断固とした対応を取る必要があります。

態度が悪い客

熟女系に限った話ではありませんが、風俗客には態度が非常に悪いお客さんがいます。
特に風俗嬢に悪口を言うような人や、仕事を批判する人、説教をする人は本音ではウザいと思われています。
特に風俗嬢の人格を否定するような風俗客は嫌われやすく、あまりにも度が過ぎる言動ばかり取られると風俗嬢自身のメンタルが折れ、嫌な気持ちを通り越して鬱になるかもしれません。
それだけに、態度があからさまに悪い客に対しては、出禁にしてもらうなど、お店に対応してもらう必要が出てきます。

風俗客の中には普段の言動は問題なくとも、プレイやサービス中の行動が悪く、嫌われる人がいます。
例えば、身体を必要以上に力を込めて触る客や、指入れをする時にガシガシと傷が出来るくらいの勢いで指を入れる客、髪や顔を汚す客などです。
女性の体はとてもデリケートに出来てます。
それだけに、男性が強引に指入れしたり、力を込めて触ると傷つきやすく、女性も嫌がります。

他にも、髪を汚されたりすると、次の接客までに綺麗にしなければならず、非常に面倒です。
それだけに、こういったプレイのやり方が下手な男性はウザいと思われ、キモ客として扱われやすいです。

嫌な客への対処法

疑問客層の悪い風俗店に勤務すると、どうしても嫌な気持ちになったり、落ち込むことも多くなります。

しかし、それでも風俗嬢になった以上は働かないといけませんし、お金が必要なら一人でも多く接客しなければなりません。
では、キモ客やウザい客がやって来た時、どのように対処したら良いのでしょう?
基本的にウザい客やキモ客がやって来た時は、適当に相槌をうち、あまり会話をしないようにすれば良いです。
何を言われても聞き流し、サービスを提供することだけに没頭しましょう。

風俗客の中には自分の話しを聞いてくれさえすれば、それで満足してくれるお客さんは意外と多くいるものです。
無理に仲良くなろうとする必要はなく、何を言われても受け流してしまいましょう。
真面目に対応をすると余計に疲れるだけですし、なによりもしんどいです。
ウザい客やキモ客ばかり接客していると、心が疲れる一方でしょう。

それならば、適当に受け流した方が精神的な疲労も少なく、風俗嬢の仕事に従事しやすいです。
基本的に失礼な態度や無礼な接客をしない限り、お客さんからクレームが来ることはありません。
それどころか、ただ適当に頷き、聞き流してあげた方が、聞き上手な風俗嬢として興味をもたれ、本指名されることもあります。
風俗客といっても、様々なタイプがいます。

そして、その多くが本音では嫌だなと思う客ばかりです。
しかし、ここで上手にあしらう技術を身に付けておけば、嫌な客はリピーターとなり、大切な収入源となるのです。