熟女風俗嬢が客から店外デートに誘われるのはおかしい?

2023年12月14日

geralt / Pixabay

熟女風俗嬢が店外デートに誘うなんて…という不思議

水商売や風俗で働いていれば、必ずと言っていいほどお客さんから店外デートに誘われます。
男性側の理由としては、お店の外でタダでデキる女性がいればいいなあ~とか、感じの良い接客をする風俗嬢の場合はプライベートでもそういう性格に違いないと思って普通にアタックする男性もいると思います。

私なんて熟女なのに誘うなんてどうかしてるわなんて思っている方、ちょっと待ってください。
実は世の中には熟女・人妻系の女性が好きな男性はごまんと存在することはご存知でしょうか?
熟女・人妻の女性を性の対象に捉える風潮を生み出したのは、1995年から日本経済新聞に連載され、1997年に単行本化及び映画化されたことで世間に大きなセンセーションを巻き起こした失楽園でしょう。
人妻と関係を持つという禁断の果実感背徳感が淫靡でそそると思った男性は実に多かったようです。

女性 アルコール水商売・風俗などジャンルを問わず、熟女・人妻系のお店に来店するお客さんは全体的には年齢層が高めな傾向はありますが、20代や30代で熟女系のお店を好んで通う男性も中にはいます。
若い女性だと自分がリードしなければ…と感じ、接客されにお店に行ったのに、かえって自分が接客をしているかのように感じ、疲れてしまうのだとか。
それに対して熟女の場合は、年上という点で甘えることができるし、特に風俗の場合は性的にも経験を積んでいる女性が多く、若い女性には引かれるようなマニアックな性癖を披露しても笑顔で対応してくれる包容力があるのでより自分らしくいられる、という点が熟女好きの若い男性のポイントのようです。
ちなみに少し本題からは脱線しますが、熟女店には下は20代前半くらいから、上は80代の超熟女まで在籍しているお店もあります。

その差は60歳近く…まさに同じお店に祖母と孫が働いているようなものです。
思った以上に風俗嬢の年齢層の幅が広いのは熟女・人妻店の大変興味深いところだと言えるでしょう。
話を戻しますと、ひと昔前は人妻系風俗や熟女系風俗を売りにしたお店はほとんどなかったので最近になって以前よりも熟女に注目が集まっているのは明らかです。
実際に熟女や人妻を扱ったAVや成人雑誌も昔より増えています。

コンビニなどでもそういった雑誌をよく見かけますよね。
ですからお客さんが熟女の風俗嬢を店外デートに誘うのも全くおかしな話ではありません。
また、風俗に定期的に通える年収の男性の多くの年齢層が高いことも背景にあります。
ロリコン王国として知られる日本ですが、女性は若ければ若いほど良いという男性と、成熟したオトナの女性を好む男性とに、世の男性の好みは確実に二極化しつつあると言えるでしょう。

誘われても…

熟女・人妻店で働く風俗嬢には結婚している女性やシングルマザーの女性の割合は他ジャンルの風俗店よりも多いものです。
特に結婚している場合は旦那の了解をとって風俗勤務をしている女性は少数派なため、店外デートに誘われても旦那や旦那の知り合いなどに目撃されてバレるわけにはいかないと理由をつけてお断りする風俗嬢のほうが多いです。
実際にバレたら困る場合は断っても問題ありません。

もしお客さんに店外デートしてくれないならもうお店には来ないなんて脅し文句を言われた場合はかなりの危険信号です。
そういう事を言うお客さんに限って店外デートをしてもそのうちお店に来なくなる可能性は高いですし、要求がエスカレートしていくリスクも高いのです。
断るのも悪いとかお店に来てくれなくなったらどうしよう行かなかったら指名を外されるかも…と考える風俗嬢も多いですが、逆に考えたら誘ってきたお客さん全てに店外デートに応じていたら時間がいくらあっても足りないですし、体やメンタルも持ちません。
まして結婚している場合や彼氏がいる場合は店外デートをしても何ひとつメリットはありませんから、断ることに慣れるしかありません。

お客さんも断られるだろうなと思いつつも打てば当たる感覚で、お店であった風俗嬢全員に外で会いたいと言っているだけですから、あまり深刻に考える必要なんてないんです。

店外デートに応じる場合

指輪では熟女・人妻系風俗店で働いているシングルの女性はどうでしょうか。
特に知人バレのリスクがない場合は、もし自分が店外デートに行きたかったら行ってもOKだとは思います。

ただしお店を挟まず、一対一でお客さんに会うことになるのでそれなりのリスクヘッジは必要です。
例えばお客さんの家やあなたの家で店外デートをしたい、と言うお客さんもいますが、これは相当信頼関係があるお客さんでない限りは絶対に避けるべきパターンでしょう。
言うまでもありませんが、特にお客さんの家は逃げ場がありません。
何かトラブルに発展しても助けてくれる人は誰もいません。

またあなたの自宅がいいと言われた場合は、そのままOKしてしまうとストーカー化したときに面倒なことになりかねませんから、ここはひとつ普段から実家暮らしだよと嘘をついておくと便利でしょう。
できることなら食事や買い物程度、つまり他にも周りに人がいるようなところで店外デートを完結できればそれに越したことはありません。
つまり、ガツガツしていない紳士的な常連のお客さんで、お店で性行為をするだけでは味気がないから一緒にご飯でも食べに行けたらいいね、という気心が知れたお客さんとの店外デートであればリスクも少ないですし、精神的にもラクでしょう。
ちなみに、お客さんの自宅やホテルで密室状態で接客をするデリバリーヘルスの場合は、お客さんに首を絞められたり、何らかの形で暴力を振るわれた、という風俗嬢は四人に一人と言われるくらい多く、同じ風俗業界でも店舗型のお店のほうが遥かに事件に巻き込まれにくいのは明白です。

つまり一対一でお客さんと密室にいるという状態はトラブルに発展するリスクを秘めているという事です。
何年もお店に通ってくれて毎週来店してくれるようなお客さんで信頼がある場合は話が別ですが、よく知りもしないお客さんに誘われて断りきれずに店外デートをすることだけは絶対にやめるべきでしょう。
ちなみに風俗嬢が店外デートに応じるパターンとしては、そのお客さんと話や気が合ったり趣味がたまたま同じだったパターンや、イケメンだったというパターン、またはものすごくお金持ちで裏引き、つまりお店の外でお金を貰ったり、プレゼントを買ってもらえるというパターンが多いようです。
これはレアケースですが、お客さんにマンションを買ってもらった、なんて風俗嬢もいるくらいですから、きちんと人を選べば店外デートをするのも悪くないのかもしれません。

また、少数派ではありますが出会った場所が風俗だったけど恋や結婚に発展するケースも聞かない話ではありません。
指輪出会いはどこに転がっているかわからないものですね。
ただ現実的にはお客さんと店の外で会うのは嫌お店では別人格だからボロを出したくないおやじと外なんて一緒に歩きたくないもしお店の外でプレイしたのにお金貰えなかったら時間の無駄という意見が多数派です。
本当は嫌なのに業務内容に含まれていない店外デートに応じる義務は全くありませんから、嫌なら丁寧かつハッキリとお断りをしたほうが精神衛生上もラクになりますよ。