熟女系風俗は何歳から稼げる?若いと逆に稼げない?

2023年12月14日

TeroVesalainen / Pixabay

風俗店に明確な「コンセプト」があることが多いです。
単に若い娘がいれば安泰という時代ではありません。

熟女系風俗店のコンセプトは「熟女」です。
お客さんもそれを求めて来店するので、高校生のような風俗嬢には用がありません。
年齢40歳以上が条件です。

熟女系風俗は40歳から

40熟女系風俗で働くには何歳からかと聞かれることがあります。

その年齢は40歳です。
30歳では若すぎます。
どうしてそんなことになるのでしょうか。
熟女系風俗店に来店する男性は60代以上の男性が多いです。

年金などをしっかりもらっており、悠々自適の生活を送っているため余裕があります。
シルバー世代を狙った店舗やサービスが増えていますが、熟女系風俗店もそのひとつなのです。
このような男性は若い娘のいる風俗店に行くことは少ないです。
在籍している女性が自分のも子供か孫の年代だからです。

話だって全く合いません。
それより年齢が近い熟女がいる風俗店のほうがいいのです。
何歳かという疑問は解決するのではないでしょうか。

30歳は「若手」

熟女系風俗店にもたまに30歳程度の女性が在籍しています。

大手グループ店の系列熟女店であることが多いのですが、熟女風俗嬢が足らないため移籍させているのです。
30歳前後の女性の中には、実家に高齢者がいて話を合わせることができる場合があります。
このような女性は高齢者に対する応対が丁寧で来店客からも喜ばれることが多いです。
とはいえ、熟女店に在籍する風俗嬢の平均年齢は40代後半です。

本人が聞いたら苦笑いするでしょうが、30歳は「若手」と言えます。
稼ぎにくいのではないでしょうか。

最高60代もOK

熟女系風俗店の中には60代の女性が在籍していることがあります。
誰が指名するのかと思われるかもしれません。

しかし、70代の男性にとっては60歳の女性は「若い娘」なのです。
熟女系風俗店の求人サイトを見ると、最高65歳までの求人があります。
お店のコンセプトが「ソフトサービスでお客さんの心を癒す」というようなものであれば、60歳の女性の方が好ましいとも言えるのです。
若い方にとって熟女系風俗店の存在は理解しがたいものがあるでしょう。

しかし、若ければどんな風俗店でも歓迎してもらえるわけではないのです。
お店のコンセプトに合わなければ、そのお店で稼ぐことはできませんし、採用すらしてもらえません。

容姿重視はどの店も同じ

とはいえ、熟女系風俗店でも採用の基準は容姿重視が普通です。
肌の手入れが行き届き、美魔女と呼ばれるような熟女女性は一発で採用されるでしょう。

見た目が可愛い女性も、綺麗な女性も面接では有利です。
ただ、お店のコンセプトと自分が一致しているかどうかを考えることが大切でしょう。

熟女店のコンセプトは?

では、熟女店にはどんなコンセプトがあるのでしょうか。
容姿が重視される点はさほど説明した通りですが、可愛い熟女を求めるお店と、綺麗な熟女を求めるお店ではコンセプトが違います。

例えば、可愛い熟女を求める店舗では、身長が低めの女性の方が「可愛い」というイメージを出しやすく、指名も取りやすいはずです。
これに対し、綺麗な熟女を求める店舗では、モデル並みの均整の取れたスタイルの女性が面接では有利であり、実際に稼げるでしょう。
女性 セクシーコンセプトを読み違えると非常にもったいないことになりかねません。
少なくとも何歳くらいの女性が求められているかは知っておかなければいけません。

40歳という年齢は熟女店の目安です。

人妻系風俗店とも違う

熟女店のコンセプトは人妻店とは違います。
人妻店は「他人の女」というコンセプトがあります。
年齢は関係ないので「若妻」が有利です。

人妻店の応募は何歳くらいからかと聞かれれば、若妻として無理のない25歳以上という事になるでしょう。
しかし、25歳という年齢は、熟女店では間違いなく不採用です。
ちなみに人妻店は募集する年齢層が広いです。
若妻から「妙齢の奥様」まで、人妻とのプレイを望む男性の要望に応える必要があるためです。

可愛いだけでは不採用

熟女店の面接は内面も問われますが、外見重視です。
ただ、可愛いというだけでは不採用になる可能性があります。
やはり、接客業なので態度の悪い女性は採用できません。
それがパートの仕事であっても、最初の面接はそれなりにおしゃれをして行くでしょう。

会社の採用担当者の前では就活中の女子のように緊張するのではないでしょうか。
そのような女性も風俗店の面接では、足を組んだり、相手を見下したりする態度を取ることがあります。
容姿端麗で人気が出やすいと思われる女性に多いパターンですが、一発で不採用です。
お客さんにそんな態度を取ったら大ヒンシュクです。

コンセプトに合えば出稼ぎも歓迎

風俗店にとって女性は稼いでくれる大切な存在です。
そのため、地方都市からの出稼ぎ女性も大歓迎で迎えてくれます。
出稼ぎの女性は、住居の世話などをする必要があり、お店としては手間がかかります。
しかし、お店のコンセプトに合う女性であれば大歓迎なのです。

このような女性の多くは、まじめにサービスをするためお客さんの受けがいいです。
熟女系の店舗でも出稼ぎの女性は少なくありません。

自分に合った風俗店選び

熟女系風俗店で採用されるのは何歳からかという疑問は解決したのではないでしょうか。
次にコンセプトに合った店舗をどうやって探すかを考えてみましょう。

お店のコンセプトはWEBを見れば大々的に載っています。
まず熟女専門店とか「熟女」という文字があるかを確認することが大切です。
まさかとないは思いますが、セーラー服の写真が並んでいるお店に応募しても面接すらしてもらえないでしょう。
お店のWEBにはもっと細かいコンセプトも出ています。

セレブ系という店舗は、モデル体型のきれいな女性が好まれるでしょう。
カジュアル系という店舗は、可愛い女性が好まれます。
熟女系風俗では少ないですが、ぽっちゃり系、小柄系、という体型に関するコンセプトを出している店舗もあります。

鏡を見てみましょう

コンセプトに合ったお店で稼ぐためには、まず自分のことを知る必要があります。

毎日顔のお手入れをするため、鏡を見ている女性がほとんどでしょうが、裸になって自分のボディを見ることは少ないのではないでしょうか。
自分は背が低いなぁ、貧乳だなぁ、と思うかもしれません。
多くの場合ネガティブなイメージを持つでしょう。
しかし、背が低いことはカジュアル系の店舗で武器になります。

貧乳でも背が高ければスタイル抜群のセレブ熟女です。
自分をネガティブに判断するのではなく、冷静に自分自身を知ることが大切です。

コンセプトに合わなければ不採用

このようにしてコンセプトに合うと思われる店舗に応募してみましょう。
ソープのようにある程度の「技術」が要求される場合は別として、ヘルスなどの場合は採用決定とともに「体験入店」をすることになります。

しかし、コンセプトに合わない女性は体験入店もさせてもらえず不採用です。
不採用の場合はっきりと「不採用」と言われないことがあります。
「結果は後で連絡する」と言われることもあります。
募集している風俗店は女性が足らないので、コンセプトに合っていればその日のうちに体験入店させます。

「後で」ということは採用する気がない事を意味しているのです。

コンセプトに合った店は大きく稼げます

40お店のコンセプトに多少あっていなくても採用されることがあります。
女性が足らない店舗の場合、一般常識があり、接客がきちんとできそうならコンセプトを無視して採用してしまうことがあります。
しかし、そのような店舗では稼げません。

お店がコンセプトを明確にしている場合、お客さんもそのコンセプトをアテにして来店します。
セレブ熟女という店舗に可愛い小柄の女性が在籍しても、セレブというイメージにはちょっと合いません。
逆にカジュアル系のコンセプトを打ち出している店舗にスタイルのいい女性が応募してもちょっと合わないでしょう。
コンセプトをアテにして来店したお客さんを失望させない女性が大きく稼ぐことができるのです。

40歳を過ぎてから風俗嬢としてデビューした女性が、あっという間にナンバーランキングに登場することがあります。
他の風俗嬢から嫉妬のまなざしを受けつつ、自分でも理由がわからないまま稼ぎ続けることになるのです。
このような女性はお店のコンセプトにドンピシャです。
お店はコンセプトに基づいて宣伝をしているため、自然とその女性を宣伝することになります。

人気が上がるのは当然です。
熟女系風俗店で働くためには、40歳以上であることが必須でしょう。
しかし、それだけではなく、自分が応募するお店のコンセプトに合っているかどうかも注意が必要です。

仕事内容,熟女

Posted by ヒロシ