熟女系風俗のオプションバックって全額が普通?折半が多い?

2023年12月14日

geralt / Pixabay

風俗の仕事は一般の仕事と違って給料の体型は少し違っているのが特徴的です。
つまり1時間しっかり働いたとしても、その分がすべて給料になるわけではないので、これから風俗で働こうと思っている人はその違いは知っておきましょう。

では、熟女系の風俗店ではこの給料体系はどうなっているのでしょうか?
そこで今回は、熟女系風俗店のバック率やオプションについてのバック率などについてまとめてみました。

風俗のバックってなに?

熟女系風俗のオプションバックって全額が普通?折半が多い?普通のバイトや昼職は時給制というものが使われていることが多いでしょう。

1時間に働いた分の給料が定められているので、働けば働くほど給料が高くなります。
正社員にナルト時給制のところはほとんど来なくなりますか、月給というものが定められています。
つまり、1ヶ月しっかりと働くことによってその分の給料をもらうことができるのです。
しかし、風俗では時給制でも月給制でもない方法が使われています。

風俗ではバック率というものが定められています。
というのも、お客さんが支払った料金から給料を支払われるのですが、その全ての料金が自分の給料に反映されるわけではありません。
お客さんから支払われた代金は一部お店は持って行きます。
そして風俗嬢の給料は、お店側が撮っていた後に残ったものが給料として扱われます。

つまり、風俗で働いて給料をたくさんもらうためには、このバック率がいい店でないといけません。
どれだけお客さんが来たとしても、バック率が低いと自分の手元に残るお金は少なくなってしまうからです。
もちろん、たくさんお客さんに来てもらうことも大切ですが、バック率も重視してみましょう。

風俗のオプションとは?

風俗にはオプションというものがあります。
オプションとは、通常のプレイに加えて特殊なプレーができるシステムのことです。
店によってもオプションは様々ですがよくあるのが、おもちゃを使ったプレイや顔射、アナル舐めなどです。
コスプレセックスというものも中にはあります。

オプション料金は無料のこともありますが、別料金になっていることも多いです。
お客さんはより女の子とエッチなことをしたいと思っているので、オプションが利用できると喜んで追加してくれる人も多いです。
通常料金よりも高くなりますので、風俗嬢としてもお店側としてもオプションをできるだけたくさん追加してくれた方がありがたいものです。
しかし、中にはきついオプションも用意されています。

どうしてもできそうにないものがあれば、NGにしておくといいでしょう。
とはいえ、オプションを全て断っていると今度はお客さんからつまらないと思われてしまいますので、オナクラなどで働こうと思っている人は、注意が必要です。
オナクラなどのライトな店は、オプションを目当てに来るお客さんも多いため、自分がオプションをNGにしてしまうと、指名率が下がってしまう恐れがあります。
塩梅が難しいところではありますが、お客さんの気持ちを汲み取ってオプションをどこまで受けるのか考えるといいでしょう。

熟女専門店のオプションバックはどのくらいなの?

Another, Wayお客さんがオプションを追加すると当然、オプションバックも給料に反映されます。
あので、より高い給料をもらいたいのであれば通常プレイのバック率も視野に入れつつ、オプションバックもいい店を選ぶべきです。
しかし、ここで注意したいのが熟女専門店ということです。

10代後半や20代の女性なら働く店がたくさんありますし、店が合わないと思えば移転することもできますが、40代や50代の女性ともなるとなかなか店が見つからないため、少しやなことがあっても店を移動することはできないかもしれません。
特に、バック率が低いという理由で辞めていく女性はたくさんいますので、予め熟女専門店のバック率の相場を知っておくことが大切です。
しかし、オプションバック率は店によってまちまちなので、こればかりは入ってみないとわからないでしょう。
どうしてもバック率を知りたいのであれば、風俗嬢がよく集まる掲示板などに質問してみるといいかもしれません。

オプションバックは全額?それとも折半?

風俗の求人を見てみると、時々オプションバック率がフルバッグと書かれていることがあります。
フルバックと書かれていると、全額もらえるものと思ってしまいますが実はここに落とし穴があります。

風俗は経営するためにたくさんのお金が使われています。
箱ヘルであれば、部屋などを提供していますし、デリヘルであれば風俗嬢を送るための交通費などが使われています。
これらは全て、風俗嬢がお客さんを呼ぶ金で賄うことができるため、あまりお客さんを呼べない風俗嬢を置いておいても意味がありません。
フルバックと書かれている求人に応募したとしても、自分があまり売れない風俗嬢だと早々に早退扱いされてしまう可能性も否めません。

新人の頃は、お客さんが物珍しがるので、たくさん指名してくれますが、新人期間を終えるとたちまちお客さんを獲得できなくなるというのはよくある話です。
自分にあまり自信がないのであれば、フルバックと書かれている店ではなく折半してくれるお店の方がまだ働きやすいでしょう。
風俗の世界には、この様な嘘をつく店もたくさんありますので甘い言葉に騙されないようにしましょう。

風俗のオプションに頼らずに稼ぎたいのですが…

矢印 ターンオプションバックが入ると、より高い給料が手に入りますがお店に訪れたお客さんが全員オプションをつけてくれるとは限りません。
安定して稼ぎたいと思うのであれば、ソープ店などがいいでしょう。
ソープ店は、唯一本番ができる店なのでお客さんからも人気があります。
しかし、ソープ店は店のランクが上がるほど即即や即尺といったプレイが強要されます。

店の売りが、恋人のようなセックスを提供することにあるため、生本番や生中出しは当たり前となっています。
もちろん、ハードなプレイを要求されるだけあってとても高い給料が手に入りますが、その分身体を壊しやすくなってしまいますので、苦手な人はやめておいた方がいいでしょう。
業界未経験の人は、オナクラやメンズマッサージサービスなどのライトが調子もありますのでそちらの方がいいかもしれません。
オナクラ家メンズマッサージはお客さんとセックスをすることがありませんし、基本的なプレーも手コキぐらいなので業界未経験の人でも働きやすいとして人気を集めている業種でもあります。

しかし、ライトのサービスはプレー料金が安いため、がっつり稼ぐのには向いていません。
また、お客さんもたくさんオプションを入れる傾向がありますので、通常のプレイだけしかしたくないという人には、なかなか厳しい世界かもしれません。
特にオナクラでは全裸サービスなどもあり、興奮したお客さんが風俗嬢のあそこに指を突っ込んだり、そのままセックスをしようと行為を強要してきたりということもあるようです。
上手に買わせる人であれば問題ないかもしれませんが、断ることが苦手だという人にはあまりオナクラおすすめできません。

オプションに頼らずがっつり稼ぎたいという人は、デリヘルやソープなどハードなサービスを提供する店が、オプションを利用してがっつりと稼ぎたいという人はオナクラやメンズエステサロンなどのライトの分類の業者に入店すると満足して働くことができるでしょう。

仕事内容,熟女

Posted by ヒロシ