熟女風俗嬢が本音でしんどい事や悩みを語る!ツライ想いしてる?

2023年12月14日

slightly_different / Pixabay

一般的に、風俗の世界では若ければ若いほど需要が高くなります。
したがって、熟女になってしまうと稼げなくなってしまうといわれています。
しかし、そんな中でも熟女風俗嬢として頑張っている女性はいるものです。

では、彼女たちはどのような思いで仕事をしているのでしょうか。
抱えている悩み事やつらいと思っていることやあるある体験などをまとめてみました。

風俗の仕事がつらくてたまらない

女性 ストレス風俗の仕事は、稼げる仕事として知られていますが、その分しんどい仕事として有名です。

よほどセックスが好きでない限り、好きでもない人とセックスをすることに抵抗感があるようです。
お客さんを喜ばせることが前提なので、プライベートで行うようなラブラブなエッチはほぼ望めません。
AVで学んだような荒っぽいプレイをされることが普通なので、肉体的にもきついと思ってしまうとか。
若い女性でも精神を病んでしまう仕事なので、熟女風俗嬢になると余計に仕事のきつさを感じてしまうようです。

風俗の仕事は、若い女性に需要があるため一定の年齢になってくると、お客さんがつきにくくなってしまいます。
時給制ではないので、お客さんがつかないことには給料をもらうことができません。
そのため、大半の人が自分が稼げないことを思い知りつつ、引退していくようです。
なので、中には風俗の仕事は長くやるべきではないと諭している人もいます。

現在、熟女と呼ばれる年齢まで仕事を続けてきた人は、なんとなく仕事を続けてきた人も多いとか。
昼職などに比べると稼ぎがいいため、給料につられてずるずると居ついてしまう人も少なくありません。
しかし、ほかの仕事と違ってつぶしがきかないので、キャリアウーマンになることはまず不可能です。
なので、仕事がいやだと思ってやめたのに、また戻ってしまう人も多いようです。

風俗の仕事をはじめたら、今後どのように働いていくのか考えておいたほうがいいのでしょう。

金銭感覚でおいしい思いをするので辞められない

風俗で働いていると、その待遇のよさや高い給料から、どっぷりつかってしまう人も少なくありません。
風俗で働いていてよかったと思っている人の意見を見てみると、やはり高額稼げることにおいしいと思ってしまっているようです。

お金を稼ぐことは悪いことではありませんが、金銭感覚がくるってしまうと、熟女と呼ばれる年齢に差し掛かった時に困ってしまうことも増えてきてしまいます。
もちろん、熟女でも風俗嬢として働いている女性はたくさんいます。
しかし、60代や70代に差し掛かった際に、年金だけで細々と暮らしていくことは可能でしょうか。
若いころにしみついてしまった贅沢する癖はなかなか抜くことができません。

なので、借金に手を染めてしまう人も中にはいます。
若いころなら風俗で働いて返すこともできますが、熟女や高齢女性になってしまうと、そうもいきません。
老後に悲惨な思いをしないためにも日ごろから節制するのが大切なのでしょう。

年収が年々下がっている

交わり熟女として働いている女性も多いですが、どうしても年収は下がっていってしまうようです。
お店のバックも関係していますし、需要も大きく関係しています。
熟女に需要はありますが、全男性がそうかと言われればNOです。
基本的に、男性は若い女性に興味を持つものなので、若いころのような稼ぎは期待できません。

しかし、キリのいい年齢で引退しなかった女性は年々下がり続ける給料の中で生活をしなければいけないようです。
40代以上で風俗で働いていると、その間職歴も作れなくなってしまいます。
熟女と呼ばれる年齢になってしまうと、再就職先を見つけるのも至難の業。
若い女性ならまだ多めに見てもらえるかもしれませんが、その年齢でトラブルを起こしてしまうと痛い目で見られてしまいます。

下がり続ける給料の中で不安に暮らすか、風俗よりも低い年収だけど社会的な地位があって安定している職種ならどちらのほうが働きたいと思うでしょうか。
まだ大丈夫だと思っている人も、今後のことを考えていく先を選んでみてください。

周りの目が気になってしまう

40代以上で風俗店で働いていると、どうしても周りの目が気になってしまう人もいるようです。

確かに、若い女性に中に一人熟女が混ざっていると恥ずかしく思ってしまうのは無理もないでしょう。
中には、40代以上で風俗で働いていることにあまりいい感情を持っていない人もいるようなので、余計に負い目を感じてしまうのかもしれません。
しかし、同じ風俗嬢ならその悩みは無用です。
自分のことに必死な人も多いので、あまり気にしなくてもいいでしょう。

ただ、一般人に風俗で働いていることをカミングアウトするのは控えたほうがいいかもしれません。
やはり、風俗という仕事に嫌悪感を持っている人も少なくありませんので、白い目で見られるのが嫌なのであれば、できるだけいわないほうがいいでしょう。
特に、家庭のある人が風俗嬢として働いていることが知られてしまうと、一家離散の危機になりかねません。
ある意味、浮気や不倫と同じような問題になる可能性もありますので、多感な年齢の子供がいる女性は万全の対策を考えておく必要があるでしょう。

ソープで働くのがきつい

風俗の中でも、特に高い給料をもらえるのがソープです。
特に、お客さんとコンドームなし、生中だしできる店は高い給料をもらえるのが特徴的です。
もちろん、熟女風俗嬢でもそのような店で働けたら給料の悩みはほぼ解決するでしょう。

しかし、現状としては働けないのが一般的です。
生中だしできるソープは、超高級店と呼ばれています。
超高級店では、容姿や年齢が重視されるのでよほどルックスのいい熟女でない限り入店を見送られてしまうでしょう。
また、仮に働けたとしても生中だしなんかされると、性病にかかるリスクがあがってしまう!と考える人もいるようです。

確かに、年を取ると膣の治癒力などは落ちてしまいます。
自分からリスクのある道を選ぶのはあまりよくないことでしょう。

本番行為を求められる

交わりなぜか、熟女専門店や人妻専門店なら本番行為はOKだと思っているお客さんはいるようです。

しかし、たとえヘルスやマットプレイができるお店であっても、本番行為はNGです。
法律で禁止されているため、お店が黙認してしまうといつか警察に摘発されてしまう可能性が高くなってしまいます。
しかし、ここ数年で人妻店や熟女専門店は爆発的に増えました。
風俗嬢としては、その分選択肢が増えたことになりますが、店としてはたまったものではありません。

ライバル店が多ければ多いほど、収益が集まりにくくなってしまいます。
お客さんとしても、できるだけ安くてかわいい女性の多い店に行こうと思ってしまうからです。
したがって、違法でありながらも店が本番行為を黙認する場合もあるとか。
ひどいケースだと、店が風俗嬢に本番行為を強要することもあるそうです。

もちろん、違法なので店を移転することをおすすめしますが、40代や50代になってしまうと、なかなか次のいい店を調べるのも至難の業でしょう。
どうしても、容姿などが衰えてきやすい熟女と呼ばれる年齢の人は、いい店で働くためには高い倍率を潜り抜けていく必要もあります。
どうしても無理だと思ったときは、潔く退店してしまうのも一つの方法でしょう。