ソープを辞める時は筋を通して辞めないと再入店できなくなるかも…

2023年12月14日

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

ソープで働いている女性はいつかはお店を辞めることになります。
お店をやめることになる理由は人によって様々ありますが、退店する時にはお店に迷惑をかけないようにしっかりと筋を通して辞めなくてはいけません。
普通のお仕事でもそうですが筋を通さずにお仕事を辞めてしまうと、後から様々なトラブルになる可能性があります。
この記事ではソープをやめるときに筋を通す方法と、筋を通さずに辞めてしまった時に起こるトラブルについてご紹介します。

ソープを辞める時にはどうすればいい?

ソープを辞める時は筋を通して辞めないと再入店できなくなるかも…風俗業界は年齢が上がってくると徐々に稼ぐことが難しくなっていきます。
また、いつまでも続けられるお仕事ではないので誰もがいつかはお店を辞める事になります。
ソープをやめる理由は人によって様々です。
単純に年齢が高くなり、指名が取れなくなって稼げなくなったから辞めるかたはたくさんいます。

それ以外にも性病にかかってしまったり、体調を崩してしまって風俗業界を去る女性もいます。
また彼氏ができたという理由や結婚をすることになったから風俗から足を洗う方も珍しくありません。
お仕事を辞めていく女性の中でも理想的なのが、もともと借金返済や貯金を目標にしていて、それを達成したから辞めるというパターンです。
とにかくこのように様々な理由でいつかは誰もがソープ店を退店することになります。

お店を辞める時には、最低でも辞める1か月前ぐらいまでにはお店の人にそのことを伝えましょう。
女の子がお店を辞めると店長は新しい女の子を補充しなくてはいけませんし。
シフトの調整などをしなくてはいけません。
これはソープに限った話ではなく普通のお仕事でも当たり前の話です。

しかし、残念ながら風俗業界には突然お店に来なくなってバックれてしまう女の子もたくさんいます。
お店をやめることは女の子が当然持っている権利なので遠慮することは無く正直に辞めると伝えれば良いのです。
それさえしっかりしていればお店の筋は通しているので、後から問題になることはありません。
また、お店を辞める時に理由を偽って説明する女の子もたくさんいます。

特に、移籍する店が見つかったから辞めると場合なかなか正直に言いにくいので嘘の理由を言う事もあります。
しかし後から嘘がバレてしまうとお店の人からの印象も良くありません。
お店の人にとっては女の子が辞めてしまうことは痛手ですが、それ以上に嘘をついたり突然いなくなったりされる方がはるかに迷惑なのです。
ですからソープ店を辞める時には辞める理由を正直に、そして出来るだけ早めにお店の人に伝えるようにしましょう。

もしお店を辞める理由が「あまり稼げない」などの場合日給保証を上げてくれるなどの対策をしてくれる場合もあります。
また、結婚するから辞めると言う理由の場合には後から身バレなどが起きないように、ホームページからも完全に在籍していた痕跡を消してくれることもあります。
お店の人も決して女の子を不幸にしたいわけではないので、正直に理由を話してくれれば円満に送り出してくれることが多いのです。

ソープを辞める時に筋を通さないと再入店できなくなる?

拒絶上で紹介した通りソープをやめるときにはできるだけ早くお店の人に伝えることが重要です。

しかし残念ながらお店に筋を通さずに突然バックれてしまう女の子もたくさんいます。
お店を辞める時には、もう二度とこのお店で働かないと思っているのでたとえ迷惑をかけても構わないと考える方が多いのでしょう。
もう風俗業界から完全に足を洗ってお昼の世界で生きて行くことを決心している方も多いです。
しかし、風俗業界は出戻りが非常に多い業界だと言われています。

その理由は普通の仕事では決して稼ぐことができないような大金を風俗ではもらえるからです。
たとえ風俗業界から足を洗おうと決心をしてお昼の仕事を始めたとしても、1時間働いて1,000円ももらえないようなお仕事に嫌気がさして風俗業界に戻ってくる方はたくさんいます。
他にも突然の病や過程の事情で、風俗で働いて稼がなくてはいけない状況になる可能性もあります。
ですからたとえ今はもう二度と風俗の仕事はしないと心に決めているのだとしても、もしかしたら風俗業界に戻ってくるかもしれないということを考えて飛ぶ鳥跡を濁さず筋を通してお店を辞めなくてはいけません。

筋を通さずにお店を辞めた時に起こるトラブルには以下の様なものがあります。

再入店出来ない可能性がある

筋を通さずにお店を辞めた場合、あとからそのお店に再入店することは非常に難しくなります。
お店としても筋を通さずに辞めてしまう様な女の子を、また雇ってあげたいと考えてくれることはほとんどありません。
筋を通していなくても再入店できるのはお店に在籍しているだけでたくさん稼いでくれる超人気嬢だけです。

働いていて良い環境だと感じたお店なのであれば、あとからまた入店したくなる可能性は非常に高いので、絶対に筋を通して辞める様にしましょう。

同じ地域のお店で採用されない

風俗店は実は経営者や店長同士がつながりを持っていることがよくあります。
ですから同じ地域にある風俗店同士は何らかの情報交換を行っています。
当然筋を通さずにお店を辞めてしまったような女の子の情報もお互いに交換し合っています。

ですから一つのお店で筋を通さずに辞めてしまうと、その地域の他のお店でも面接に行っても採用されないという事態になりかねないのです。

同じグループのお店で働けない

風俗店にはいくつの店舗を経営しているグループ店も存在します。
そのようなお店はグループ内で在籍している女の子の情報交換していますので、筋を通さずに突然バックレた女の子はグループ内には二度と立ち入り禁止になってしまいます。
基本的に大手のグループ店は女の子への待遇もよく働きやすい環境であることが多いので、そこで採用されなくなってしまうと働くお店の選択肢が狭くなってしまいます。

お店から嫌がらせされる

女性 後ろ筋を通さずにお店を辞めてそのまま何事もなく過ぎれば良いのですが、お店の人にとっては恨みの対象となってしまっています。
だからといっていちいち筋を通さずに辞めた女の子に対して何かをするお店はほとんどありません。
しかし一部には筋を通さずに辞めてしまった女の子に対して、嫌がらせをするお店もあります。
例えばお店のホームページに載せているプロフィールをいつまでも消してくれなくて顔写真も乗ったままの状態で、身バレする危険性に常に怯えるような生活をしなくてはいけない状況になってしまうこともあります。

他にも自分の携帯電話にいつまでもずっと電話がかかってきてストレスの種になってしまうこともあります。

まとめ

ソープをやめるときに筋を通す方法と、筋を通さずに辞めてしまった時に起こるトラブルについてご紹介しました。
お店を辞める時には最低でも1か月以上前にお店の人に正直になる理由を伝えて円満に体験できるようにしましょう。
たとえもう二度と働くつもりがなかったり風俗業界自体から足を洗うつもりだったりしても、出戻りする可能性はいつでもあると考えておきましょう。

もし筋を通さずにお店を辞めてしまうと、西入店することは非常に難しくなりますし同じ地域にあるお店屋グループ展でも採用してもらえません。
やめることをお店に伝えるのがストレスになる気持ちも分かりますが後からトラブルになって苦労をするくらいなら正直に伝えた方がはるかに楽なので、ソープ店をやめるときには必ず筋を通してやめましょう。