ソープ勤務の子でリスカとか自傷癖がある人多いけど家庭の事情?

2023年12月14日

Luiz_Fernando_Vicente / Pixabay

風俗業界を希望する女性は、近年非常に増えてきています。
特にソフトサービスを提供している風俗店に関しては、欲しいものを買いたい・生活の足しにしたいという軽い理由で、OLや学生がアルバイト感覚で応募をしてくることが多く見られます。

しかし、デリヘルやソープランドといったように、サービスの内容がどんどんハードになっていくにつれて、風俗嬢の働く理由も重くなっていくことがほとんどです。
中にはそうした重い理由に心を病んでしまい、リストカットを度々行ってしまうような自傷癖を持った風俗嬢も、少なくはありません。
特にその中でも、ソープランドにはそうした自傷癖を持った風俗嬢が多い傾向があります。
それではなぜ、ソープランドには自傷癖を持った風俗嬢が多く集まってしまうのでしょうか。

また、そうした風俗嬢は面接で不利になったり、お客様に不快感を与えないまましっかりと働き、お金を稼ぐことはできるのでしょうか。
今回の記事では、リスカなどの自傷癖のある風俗嬢とソープランドに関わるお話について、ご紹介します。

何でソープランドには、自傷癖がある人が多いの?

ソープ勤務の子でリスカとか自傷癖がある人多いけど家庭の事情?ソープランドとは、男性のお客様と風俗嬢が本番行為まですることを基本サービスとした風俗店の業態で、風俗業界の中では1番のハードサービス業態だと言われています。

その中でも、価格の安さを売りにした激安店から、所属している風俗嬢のレベルがある程度高い中級店、そしてずば抜けた容姿とスタイルを持ち、基本サービスで中出しまで許可されている高級店と、ランク分けがされています。
なぜ、こうしたハードサービスを提供するソープランドには、自傷癖がある風俗嬢が多いのでしょうか。
まず、ソープランドにいる風俗嬢で、リスカなどの自傷癖がある方は大きく2つのパターンにわけることができます。
それは、もともと自傷癖があった風俗嬢と、ソープランドで働く中で自傷癖がついた風俗嬢です。

前者の場合は、両親からの身体的虐待や性的虐待、同級生からのいじめなどをきっかけに心が病んでしまったことで一般的なお昼のお仕事に手がつかず、割り切って体を使ったソープランドのようなお仕事でしか働けないという人も少なくはありません。
そして、虐待やいじめを受けたバックボーンが全て自分の責任だと感じ、そんな自分を受け入れられないままにリスカなどをして体を傷つけ、その行為をしなければ生きている実感を感じられなかったり、自分のことを許せなくなっているのです。
後者の場合は、生活がかかっているために止むを得ずソープランドで働くことになったシングルマザーや、借金などの特別な事情があって、ソープランドで働かないととてもじゃないけど返済できないという女性であるパターンが多くあります。
例えばシングルマザーの場合、子育てのためにソープランドで働くとなると、子供が成人するまでその生活をしていかなければならなくなります。

それは20年ほどと非常に長い期間を要することになるので、その長い道のりに絶望を感じてしまい、リスカなどで現実逃避をすることが多くなってきます。
また、借金などに関しても、金額によっては子育て以上の長い返済期間を設けられることになり、「何のために生きているのかがわからない」と思うようになり、それなら一層死んだ方が…と、リスカなどの自傷行為に走ってしまうのです。

面接で不利になったりしないの?

メガホンリスカなどの自傷癖がある風俗嬢は、体の見える部分などにそうした傷跡を残していることが多く、それを隠しながら面接を受ける風俗嬢もいれば、それを晒した状態で面接に臨む風俗嬢もいます。

実際に面接の場では、そうしたリスカなどの自傷の痕がある風俗嬢は、不利にならないのでしょうか。
それについては、ソープランドのランクによって変わります。
例えば、容姿やスタイルのいい風俗嬢を宛行い、お客様に対して最高のサービスを提供することが売りの高級店であれば、自傷癖がある女性は面接を通過することは難しいでしょう。
容姿やスタイルの良さという部分は、何も目鼻立ちが整っていたり、くびれがあることが必須といった、体のパーツだけを指しているわけではありません。

肌の綺麗さ、手入れが抜かりなく行き届いているなどの美意識についても、高級店であれば問われることになります。
その中で、リスカ痕があったり、自傷癖があるという状態は、お客様に最高のサービスを提供するという高級店の信念や方針に、反してしまうことになるのです。
また、中級店であっても、そうそう簡単に面接が通るとも言えなくなるでしょう。
風俗店で働きだしてからそうした自傷癖を発症したのであればまだしも、もともとある風俗嬢に関しては、やはり心が病んでいるために勤務状況がコンディションに左右されやすくなってしまいますので、風俗店側も採用することに、非常に躊躇してしまいます。

それによってお客様に迷惑をかけてしまうことになれば、クレームの元になりますので、風俗店側が躊躇してしまう理由も、わからなくはありません。
そこまで大きなハンデがなく、面接に挑めるのはやはり激安店や格安店になります。
風俗業界では自傷癖を持つ風俗嬢が採用されるケースはあまり多くはなく、やはりほとんどの風俗店が採用を懸念してしまいます。
しかし激安店や格安店は、キャスト確保が難しいソープランドの中でも特にキャスト確保が難しい業態と言われているので、結果的にキャストが増えるという事実があるのであれば、それに越したことはないと考えます。

そのため、例えリスカ痕があろうが、自傷癖があろうが、受け入れていただきやすいのです。

お客様は傷跡に引かない?それでも稼げるの?

リスカ痕など自傷癖を想定させる傷跡は、まだ浅く比較的目立たないものもあれば、かなりの回数切りつけたが故に、傷口が非常に目立ってしまっているものもあります。

実際にサービスを受けるお客様がそうした傷跡を見た時に、引いてしまったり、最悪の場合クレームになってしまうことはあるのでしょうか。
実際、お客様はそうしたリスカ痕などの自傷部分を見た時には、少し引いてしまうこともあるかもしれませんが、それがクレームにまで発展してしまうことはほとんどありません。
もちろん、一部は自傷痕があるだけでクレームに発展してしまうこともありますが、それはあくまで一部です。
ただし、リスカ痕がある、自傷癖がある風俗嬢の精神状態が非常に病んでいて、その精神状態がサービスに影響を与えてしまっている場合は、クレームに発展してしまうこともあります。

メガホン例えば途端にパニック状態になってしまい、サービスを受けることができなくなってしまったなどの事態に発展してしまうと、謝罪や返金対応をしなければならないこともあります。
しかし、サービス自体に何かしらの影響がない場合は、お客様もわざわざクレームを出そうとまでは思わないのです。
そのため、サービス内容に特に影響がないのであれば、稼ぎに関してもそこまで大きく影響されることはほとんどないでしょう。
風俗店側も、プロフィールにわざわざリスカ痕があるなどの情報を書き込むことはありませんし、サービスに難がなければ、お客様にもリピートしていただける可能性は十分あります。

ただし、その中でだんだん症状が重くなってメンヘラ化してきた場合は、リピートしてくれているお客様も離れてしまうこともあるでしょうし、「リスカ痕を見るのも耐えられない」というお客様もいないわけではありませんので、どうしても一般的な風俗嬢の方よりもハンデを背負うことにはなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ソフトサービスを提供している風俗店であれば、所属している風俗嬢の事情や所属理由も軽いものがほとんどですが、ソープランドにもなると、働く風俗嬢の理由や背景は様々です。

その中でリスカをするなどの自傷癖がある風俗嬢は、家庭環境が絡む事情を抱えていることもあれば、過去のトラウマなどが原因でメンタルがやられてしまい、行き場のない劣等感や満たされない気持ち、生きている心地を求めて、リスカという行為に走ってしまっている方もいます。
もしあなたがソープ嬢の立場でも、お客様の立場でも、そうした自傷癖のある風俗嬢に出会ったとしても、その傷に自ら触れるようなことは控えるようにしましょう。
軽率に触れられることで大きなパニックを引き起こし、辛い思いをさせてしまうことにもなり得るのです。