マットヘルス店の面接で不採用になる女の子はどんな感じの子が多い?

2023年12月14日

Texler / Pixabay

風俗嬢のイメージって、華やかな夜っぽい女性か、ちょっと金銭面で苦労してそうな影がある美人というイメージの人が多いと思いきや、蓋を開けてみると意外にクラスで地味なほうのグループだった女子系や、可も不可もないフツー女子が働いていたりするものです。
例えばキャバクラやスナックなどは20代であれば比較的すんなり一日体験に行けるイメージの人も多いと思いますが、風俗の場合は応募しても面接で不採用になることが水商売より実は多いんです。
少々ハードなイメージのマットヘルスもまた同様で”えっ、この女の子が?”という感じの子が面接落ちするケースも多く、風俗の採用基準はかなり不透明と言えます。
しかし風俗の面接を受けるのは恥ずかしい…とストレスを感じる女性も少なくありません。
今回はなるべく一発で採用されるためのコツをご紹介します。

採用の基準

マットヘルス店の面接で不採用になる女の子はどんな感じの子が多い?ざっくり言って採用の基準は
・お店のカラー/女の子の見た目
・性格
・面接官のさじ加減に基づいています。

お店のカラーと女の子の容姿については、ギャル系のお店に30代女子や萌え系女子が面接に行っても、そのお店に来るお客さんが求めているタイプとは差があるという点で不採用になります。
また超ぽっちゃりを売りにしているお店でスリムな女性が面接に行っても同様です。
また風俗の中にも”ランク”があり、激安店、中級店、高級店、超高級店などとランク分けされています。
そして想像に難くないとは思いますが、ランクが上がれば上がるほどお店の女の子の容姿レベルも高くなります。

高級店以上になるとモデル並みの女の子や芸能プロダクションに所属しているような女性が勤めていることもあり、平均的な容姿の女性では不採用になるケースがほとんどです。
また、ソフトな風俗サービスを売りにしているエステ系のお店では、ハードなサービスがない分、容姿レベルの高い女性を雇う傾向が他の風俗店より高いため、こちらも風俗の中では比較的面接落ちしやすいジャンルと言えます。
面接の連絡をする前にお店のホームページを見て、どんな感じの女性が在籍しているのか目を通し、そこに自分がいても違和感がなさそうなお店を選ぶと採用されやすいでしょう。
風俗の場合はキャバクラやスナックと違い、忙しいタイミングで一人の女性を二人以上のお客さんに同時につけることはできないですし、プレイ部屋の数に限りがある=その日に働ける女の子の数も部屋と同数になるため、水商売でありがちな”ヘルプ要員”よりは”戦闘要員”を雇いたい傾向がより強いものです。

また、面接を受ける前に美容室で髪型を整えるのも重要です。
美容師の人に聞くと女性の印象の8割は髪型で左右される、というくらい髪の質や髪型は重要です。
元々の顔は平均的でも髪がキレイだったり、髪型が似合っていれば誰でも雰囲気美人になれます。
また面接に行くときはなるべくキレイめの恰好で行くとポイントが高いでしょう。

性格

一般的なアルバイトや会社員の面接と同様に風俗では、面接で応募者の性格を見ています。
面接官との相性もあるのでうまくかみ合わないパターンもあるとは思いますが、あまりにも要求が大きい女性や失礼な女性、プライドが高すぎる女性、性格が悪そうな女性、ツンケンしている女性はお客さんともうまくコミュニケーションが取れずお客さんとトラブルを起こしかねない、もしくはお客さんがリピートしてくれずお店としても利益が出せないと判断されます。
その上でお店の女の子ともめごとを起こされると、面倒という面もあり不採用になるリスクが高いです。

ある程度周りとうまくやっていける能力がなさそうな場合は風俗では微妙なようです。
ただしこれには例外があり、モデルクラスに可愛い女性の場合やアダルトビデオに出演していたなどのハクがある場合は多少難がありそうでも採用になるケースが多いようです。
しかしお店によっては”いくら美人でもこれでは…”と不採用にする場合もあるので一概には言えないようです。
面接で緊張して表情がこわばったり、うまく話せないことがあるのは面接官はわかっているので、できるだけ笑顔でフレンドリーかつ失礼のない態度で面接に挑めば面接通過率は上がります。

風俗だからって身構える必要はありません。
普通のバイトを受ける感覚でリラックスして面接に挑みましょう。

面接官のさじ加減

面接風俗の面接は、一般的にはそのお店の店長が行います。

風俗で長い期間面接に携わると、”一見ちゃんとしているように見える子だけど実はだらしなさそう””面接では演技していい人そうに見えるけど言葉のふしぶしにとげがあって性格の悪さがにじみ出ている””面接ではやる気を見せているけれど表面だけっぽいな”と内心思っていたり、逆に”面接だから緊張してるけどかわいらしい性格の子なんだろうな”“不真面目に見えるけど実は努力家っぽいな”とかなるべく本来のあなたを引き出して判断するようにしています。
風俗では一般の仕事よりもメンタルを壊しやすく、何も言わずいきなり来なくなったり、当日欠勤する女性も多く、女性との距離の置き方や扱い方が一筋縄では行きません。
風俗の面接官は風俗で働く様々な女性とのやり取りを通し”人を見る力”は基本的に高めであることが多いので“性格をごまかす”のは難しいと思ってください。
しかし世の中のすべての面接官に見る目が備わっているかと言えば、そうではありません。

“どうしてこんな子採用したの?”と思うような女性が採用になったかと思えば、“どうしてあんなキレイな子が不採用に?”という事態も往々にして起こります。
また、単純に面接官の好みで採用を決めているお店もあります。

後はお店の女の子の人数が足りない時期や繁忙期の場合は普段より採用基準を下がるお店もあります。
自分が入店するのは少し敷居が高いかも…というようなお店に面接に行くのであれば忙しい時期に行けば採用される可能性がグッと上がるでしょう。
ただし最近は女性の晩婚化や社会進出に伴った弊害として、リストラにあったふつうの女性が風俗の門を叩くことも昔よりは増えているので、風俗は“比較的誰でも受かる”感じでもなくなってきています。
とは言っても一店のみ面接を受けて不採用の場合でも他のお店では採用になる場合も往々にしてあるので、不採用でも自信をなくさずに次へ次へと面接を受けてみましょう。

ところでよく聞く講習って…?

虫眼鏡マットヘルスでは入店する際に“講習”があるお店が多いもの。
というのも“マットプレイ”は一般的に彼氏や夫とするようなプレイではないので、どうやってするのかわからないという女性がほとんどだからです。
ただ、お店の男性スタッフとの講習は嫌がる女性はとても多いです。

というのもタチの悪いお店では男性スタッフが“趣味講習”と言って、字面のままですが、個人の趣味でお店の女の子に性的サービスをさせるケースも。
気まずいだけではなく、断ると仕事面で干されたらいやだな…という思いが頭をよぎり渋々講習を受け入れる羽目になる女性も少なくありません。
ただそういった声が多いために最近では女性のみのマット講習や、女性と男性と新人の三人で講習をするという形をとっているマットヘルス店も増えてきています。
またマットヘルスやソープ以外の風俗店ではDVDを観るだけの講習をしているお店も昔よりも多くなってきています。