デリヘルで一番ハードだと思うサービスはなんですか?

2023年12月14日

KlausHausmann / Pixabay

風俗の「ハードプレイ」は、いろいろな種類があります。
ひと昔前までは珍しいプレイであった「即即」も、今では普通にオプションプレイにされています。
男性同士で行うイメージがある「アナルプレイ」の数々も、最近では人気を集めています。

このような昔なかったプレイは、マニア向けのお店でしか体験することができなかったり、風俗嬢に高いオプション料金を払うことでしか体験できませんでした。
でも今では過激なAVの影響もあって、風俗店もどんどんオプションプレイを取り入れている傾向にあります。
普通のプレイでは物足りなくなってしまった男性の性癖を満たすために、たいていのお店にオプションプレイが設定されています。
オプションの数が多ければ多いほど、ほかの風俗店との差別化を図ることができますし、女の子にとってもオプションバックで稼げる結果となります。

オプションをほぼNGにしている女の子が居ますが、やはりオプションの数が多いとお客さんの幅が広がります。
Optionsデリヘルで働くとさまざまな性癖を持ったお客さんに出会うので、幅広くオプションをOKとしていた方が稼げるのです。
ですがプライベートで、好んでハードプレイをしている女の子は少ないと思います。
アナルセックスが好きでたまらない!ペニスは洗わない方がいい!なんていう女性は聞いたことがありません。

オプションの激化によってハードプレイが当たり前な感覚になっているだけで、結構危険なプレイでもあります。
今回はデリヘルにおける、ハードプレイについてお伝えします。

「即系」はやっぱりハード?

デリヘルのサービスで、フェラは基本プレイとされています。

そのフェラのオプションとして「即尺」というプレイがあります。
普通はお客さんと一緒にシャワーを浴びて、体をきれいに洗ってプレイに移りますが、即尺はシャワーを浴びずに、洗っていないペニスをフェラします。
先ほど述べた「即即」とは「即尺・即プレイ」の略で、シャワーを浴びない状態でフェラやそれ以外のプレイも行うことを指します。
「高級ソープ」では即系プレイが基本とされていますが、「デリヘル」では有料オプションとなります。

ですが即尺や即即に抵抗がある女の子が多く、オプションNGにしていることが多いです。
即系のプレイができると指名を取りやすくなるのは事実ですが、衛生面や性病に繋がるリスクがあることから拒否する傾向にあります。
男性にとって即尺は、特別なもの・憧れのプレイに位置づけられています。
普通のフェラとは比べものにならないほど気持ち良く、非常に興奮するプレイのひとつです。

洗っていないペニスを丁寧にフェラしてもらうことは、性的道徳から外れた異常な興奮が芽生えます。
ちょっとフェチみたいな方向になりますが、フェラ自体もともとは動物的な趣向から来ています。
そのさらに奥深い世界を追及した結果、即尺プレイが特別なものになったわけです。
彼女や奥さんに頼んだら、間違いなく拒否されるプレイ…高いオプション代を払ってもやってもらいたいと願うもので、その征服感はたまらないと言われています。

風俗でしか味わえない即系プレイは、男性にはとても魅力的なのです。
ちなみに洗っていないペニスと言いましたが、お店からは事前に洗っておくことをルールにしています。
石鹸あくまでも女の子の前で洗わないことを即尺としているだけで、ルールを守ってくれるお客さんでしたら問題はありません。
ハードと言われている即系のプレイも、お客さん次第でやる・やらないを決めても良いかもしれません。

デリヘルのオプションは即尺のほかにも、バイブ・電マ・ごっくん・コスプレなどがあります。
なかでも即系のバックは、3,000円~5,000円が相場ですので、基本プレイのバックに合わせて、たくさんオプションバックが入ればおのずと稼げます。
即系をNGにしている女の子も多いので、これができると指名獲得の大きなアピールとなります。

「AF・アナル舐め」はアブノーマル?

AFは「アナルファック」の略で、肛門を使ってセックスすることです。
以前は同性愛者のプレイや、マニアックなプレイとされていましたが、デリヘルなどでもオプション化されるようになりました。
メジャーで人気のプレイになりつつも、すべてのデリヘル嬢ができるわけではなくオプション料金も高めに設定されています。
はじめての女性にはアブノーマルすぎて抵抗がありますが、これができるデリヘル嬢にとっては稼ぎどころです。

デリヘルは本番行為が認められていませんがAFは認められているので、「疑似セックス」を楽しめる点では大きなポイントとなります。
普通のセックスにもの足りなさを感じている男性や、さらに刺激を求めている男性にとってもAFは大きな魅力です。
プライベートでは偏見を持たれるアナルセックスも、風俗なら存分に楽しめて虜になってしまう男性も多いようです。
ですがHIVへ感染するリスクが非常に高いので、もちろんプレイはゴム着用で行います。

生のアナルセックスはNS(ノースキン)よりも危険ですので、オプションOKの女の子は必ずルールを守って行いましょう。
AFは抵抗があるけれど、「アナル舐め」ならできる!というデリヘル嬢もいます。
肛門のまわりをペロッと舐めるだけではなく、グリグリと舌を入れて舐める「ドリルアナル舐め」などもありかなり危険でマニアックなプレイです。
即尺よりも不衛生な行為ですので、体調がすぐれないときはもちろんのこと、アナル=生理的に無理!と感じる女性は違うオプションで稼ぐ方法をおすすめします。

デリバリー型のSMクラブ?

最近では未経験の女の子がSMクラブで働けるようになったことから、SMクラブのプレイ内容もデリヘルのオプションとして導入されています。
鞭本格的なスカトロや医療プレイなどではなく、言葉責め・バラ鞭・ローソクなどを使ったいわゆる「ソフトSM」で行われるプレイ内容です。
プロ要素を求められるSMクラブよりも初心者向けのプレイを基本としているので、SM好きでなくても覚えやすいでしょう。

SMクラブで要求されるほどのスキルは必要とせず、変態向けのサービスが求められます。
先ほど出てきたAFもSMプレイの一貫とされていて、そのほか飲尿・飲精など受け身プレイが中心です。
デリヘル店のコンセプトによりますが、SMの世界がはじめての女性はM女のプレイを習得することからはじめます。
プレイ内容も思ってるほどハードではなく、容姿はあまり関係なくドMの女の子が稼げます。

顔やスタイルに自信がないデリヘル嬢は、いかに受け身スタイルのオプションができるかが、お客さんへのアピールポイントとなるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
このようなフェチ×変態プレイを好むお客さんは、普段仕事で大きなストレスを抱えている男性が非常に多いです。

秋葉原のオタクとはまた違った、奥深いマニアの世界があるのです。
デリヘルで働くと、どのエリアにも変わったお客さんがいるので、基本コースに加えてオプションを設定するお店が多くなっています。
即系のプレイをはじめ、アナルプレイ、SMプレイの需要は根強くあるので、できる女の子は稼げます。
どのハードプレイも難しいスキルは必要ありませんが、最後は生理的に受けつけられるかどうか?にかかっています。
もしやってみて無理だな…と思ったら、NGに戻すことも可能です。
デリヘルで働く女性にとってオプションの幅を広げるかどうかは、お客さんの幅を広げることに直結します。
ぜひ無理のない範囲で、チャレンジしてみてくださいね。