旦那に内緒でホテヘルで活躍する主婦って家計的に厳しい人たち?

2023年12月14日

Myriams-Fotos / Pixabay

昨日まで家庭に収まっていた普通の主婦が、数日後には風俗嬢としてお仕事してるなんて事は決して珍しい事ではありません。
旦那の年収やお子さんの有無などそれぞれの家庭において事情は異なりますが、一体なぜ一般職のパートやアルバイトではなく風俗のお仕事を選ぶのかについてはやはり得られるお金の事に絞られてくるでしょう。
家庭を任されている主婦にとってお金を遣り繰りしながらなんとか生活を全うしようと日々節約などにも奮闘されていますが、いざお金を工面するとなると一筋縄ではいきませんよね。

近くのスーパーでレジ打ちのパートを始めたり中には旦那に内緒で消費者金融から借金まで作ってしまう主婦も多いのが現状です。
主婦が風俗で働こうと決めるきっかけはやはりお金に関する事がほとんどで、貯めたお金で何かをするために風俗の世界へ飛び込む主婦の方が多いようです。
短時間で高収入を得られる風俗のお仕事は非常に魅力的ですが、同時に顔バレや身バレするリスクと共に旦那にバレてしまうリスクがある事も承知の上でお仕事しなくては修羅場と化すでしょう。
ここでは普通の主婦が風俗のお仕事を始めるきっかけや稼いだお金を何に使うのか、旦那にバレずに風俗で働くためには何をすればよいのか、主婦が風俗のお店を選ぶときの注意点などについて紹介していきますので参考にしてみて下さい。

風俗のお仕事を始める主婦の家計的事情とは

旦那に内緒でホテヘルで活躍する主婦って家計的に厳しい人たち?一般的な家庭では旦那が稼いだ月給から生活費などを妻へ毎月支給される構図となっています。
このお金から食費や医療費、子供の習い事の月謝などを差し引かれ遣り繰りする事になるわけですが、当然旦那から受け取るお金の額が多いほど融通も利きますので、へそくりに充ててみたり自分の為のエステやヘアメイクなどにも利用する事ができます。
上流、中流、下流など家庭の年収比較からも区分けされますが、旦那の年収、月給の違いにより1か月に50万円の生活費と10万円しか生活費がない家庭が出てくる事になります。

そこで家計的に厳しい主婦は少しでも生活費の足しにしようとパートなどを始めますが、時給1000円として3時間勤務で3000円が相場でしょう。
ただ日給3000円貰えれば上等と考えるか、たった3000円しか稼げないパートなんて嫌と考えるかは、価値観の違いにもよりますが、お金を稼ごうと決めた目的やきっかけによって大きく分ける事が出来ます。
風俗のお仕事なら同じ3時間でも4~5万円と桁違いの稼ぎを得る事ができますので、やはり風俗の魅力を感じてお仕事を始める主婦が多いのでしょう。

主婦が風俗のお仕事を始める目的やきっかけとは何か

先述したように短期間のパートで少しの稼ぎを得て家計を上手く遣り繰りできれば危険を冒してまで風俗のお仕事を始める必要はありません。
やはり高収入の風俗のお仕事でしか得られない目的やきっかけが背景にはありますので詳しく見ていきましょう。
まずは主婦が風俗の仕事を始めたきっかけを幾つか挙げて見ます。
・家計を支えるため
・子供の養育費のため
・旦那との離婚に備えての資金作りのため
・自分へのお小遣い欲しさのため
・女性としての魅力を再確認するため
・利用した事がない風俗業界への好奇心
10代や20代の独身風俗嬢とは異なりこれまで家庭を支えてきた主婦ならではの目的意識がどれも垣間見れる結果となりましたね。
一生、家庭に収まり朝から晩まで家事や洗濯に追われる忙しさと共に家系的に厳しい背景や、夫婦生活の営みのレスといった多くの女性が直面する要因も風俗のお仕事に走るきっかけとなるようですね。
電卓また意外と多かったのが旦那との離婚に向けての資金作りというきっかけで、今後の訴訟や自身で生活していくためにはパートだけでは得られない多くのお金が必要になってきますので、端から離婚する事を目的に風俗のお仕事を始める主婦の方も多いようです。

日本おける昨今の風俗では主婦や人妻が主役!?

風俗のお仕事はソープ、デリヘル、ヘルスが3大業種と言われており登録されているお店も全国に13000件以上あります。
その中でお店ごとに独自のコンセプトを持たせ年齢や容姿から学生風ロリ系や人妻熟女系をはじめ、体型でも貧乳専門やデブ、ポチャ専門などが展開されています。
中でも人妻や熟女系のジャンルは業界の中でも過半数を占めており、昨日まで主婦だった女性がお相手してくれるとあり利用する男性客からも圧倒的な支持を受けています。

昨日までは家庭に収まっていた普通の30~40代の地味だった主婦が、風俗デビューした数日後は華やかなスポットトライトを浴びこんな魅力的な世界があるんだなと実感できる事でしょう。
主婦の方は人妻という列記とした肩書きがあり人生経験も豊富な事から、卓越したテクニックをはじめ母性本能をくすぐられる女性らしさ、旦那さんがいるのにサービスしてもらっているという背徳感などは10代、20代の女性にはない人妻ならではの魅力と言えるでしょう。

主婦が風俗でお仕事するための注意点とは

主婦が風俗のお仕事をはじめるためにはまず独身とは異なり家庭を持つ身だという事を忘れてはいけません。

風俗のお仕事を始めるきっかけが旦那との離婚資金を稼ぐための方なら気に留めておく必要もありませんが、多くの主婦は顔バレ、身バレなど特に旦那にいかにしてバレないかが重要なポイントとなります。
風俗の求人サイトには応募資格や日給をはじめ待遇など様々な魅力的な条件が記載されていますが、全てを鵜呑みにする事は避けて下さい。
ここでは主婦が風俗のお店を選ぶ際のコツについて見ていきましょう。

アリバイ対策は完璧か

アリバイ対策とは風俗で勤務している事を隠し、ダミーのフェイク会社を用意して身バレを防ぐためお店側から提示されます。
もし旦那から電話が掛かってきてもアリバイ会社を通じ全く別の社名で応対してくれますし、社員証や給与明細まで偽装して発行してもらえます。
ただアリバイ対策を取っていないお店もありますので、お店選びの際には十分注意しましょう。

性病検査や衛生管理はきちんと行っているか

検査風俗のお仕事では不特定多数の男性客のお相手をしますので、毎月1回無料で医療機関で性病検査を行ってくれるお店を選びましょう。
また避妊具やバイブ、ローターなどのオプション品やコップ、歯ブラシなどの消耗品もきちんと殺菌消毒が行われているかにも注意しましょう。
使い捨てならともかくお客さんが指定した道具を使いまわしする事で税病に感染するリスクが高まり、性病に感染すれば一発で旦那から疑いの目を向けられます。

託児所や送迎などの待遇は充実しているか

お子さんがいる主婦の方は時間に限りがありますので、できれば託児所完備や無料送迎などの待遇があるお店を選ぶと良いでしょう。
またお住いのエリアや旦那が勤務しているエリア周辺はNGとして送迎できないようにし、少し遠く離れた場所で合流するなど些細な事まで了承してくれる優良なお店を選ぶ事が大事です。

まとめ

昨日までは普通の主婦だった方が一体何故リスクを冒してまで風俗のお仕事を始めるのかのきっかけや目的がお分かり頂けたでしょう。

家計的に厳しい主婦の全てが風俗のお仕事を始めるのではなく、個々の家庭が抱える事情や目的を達成するための資金集めとして風俗の世界へ飛び込む主婦が多い事が理解できましたね。
30~40代の主婦でも一夜にして輝ける風俗のお仕事は魅力的で、主婦や熟女、人妻系のジャンルは非常に支持が高いのが昨今の現状です。
お店選びでもアリバイ対策や衛生管理に注意し、口コミや評判などからも十分検討してみる事が大事と言えるでしょう。