タトゥーがあっても箱ヘルで働ける?指名に影響ある?

2023年12月14日

タトゥー

最近では若い女の子でもタトゥーをしている方がとても増えています。
実は風俗業界で働いている女の子でもタトゥーをしている方はたくさんいるので、タトゥーがあるからといって風俗で働けないということはありません。
ただし、風俗業界においてタトゥーがあることがプラスに働くことは多くないと言うのも事実です。
この記事ではタトゥーがあっても箱ヘルで働くことができるのかということと指名に影響があるのかということについてご紹介します。

タトゥーがあっても箱ヘルで働くことはできる?

タトゥー最近ではファッション感覚でタトゥーを入れているという女の子も多いと思います。
それは風俗業界でも同じで、風俗のお店で働いていると刺青をしている女の子と出会うことも珍しくありません。
実際にタトゥーがあっても箱ヘルで働いている子はたくさんいるので、タトゥーがあるからといって絶対に風俗で働けないと言うわけではありません。
とはいえタトゥーが入っていることが風俗業界においてプラスに捉えられることはほとんどありません。

だからタトゥーがあってもお店の面接に行って全く問題なく対応されるかといえばそういうわけではないのです。
風俗店の求人ページを見ると、刺青OKやタトゥーOKなど書いてあるお店があります。
基本的にタトゥーが入っているのであればこれらの事が書いてあるようなお店を選べば問題ありません。
ただし、刺青やタトゥーについて何も書いていなかったとしても、タトゥーNGのお店でない可能性もあります。

風俗店が求人ページに書く情報の中で刺青やタトゥーに関連する内容はまだそれほど一般的ではないため、タトゥーOKのお店でも求人ページにわざわざそのことを書いていないこともあるからです。
もし自分が入りたいお店の求人ページにタトゥーについて何も書いていなかったとしても、ひとまず問い合わせをしてみれば面接を受けることができる可能性が高いでしょう。
実際に箱ヘルの面接に行った場合、スタイルを確認する意味で裸になり全身をチェックされるので、そのタイミングでタトゥーも見てもらってお店として問題ない範囲かどうかを判断されることになります。
ただし、風俗店で許容される建物範囲は精々ワンポイントで体の一部にちょっとだけ描いてあるという程度です。

刺青のように全身にくまなくタトゥーが入ってしまっているような場合には、風俗店で採用されることはかなり厳しいと考えましょう。
また、高級店の場合はタトゥーが少しでもあるだけで不採用というお店もあるので気をつけましょう。
タトゥーがあることを理由にお店から不採用にされるのが嫌だからといって、タトゥーがあることをお店に伝えないのはお勧めできません。
まず、面接の段階でスタイルのチェックがありますので服の下に隠していたとしてもタトゥーはすぐにバレてしまいます。

なんとかタトゥーをバレずに採用されたとしても、箱ヘルのお仕事はお客さんと裸で接する機会が多いため、必ずと言っていいほどいつかはお客さんにタトゥーをしていることがバレてしまいます。
大半のお客さんはタトゥーに好印象を持つことはありませんので、お店に対してクレームを入れることもあります。
そうなってしまうとお店にタトゥーを隠して入店したことをバレてしまうため、最悪の場合即クビになってしまいます。
そうならないためにお仕事のたびにタトゥーを隠すことに気を使っていてはサービスに集中できませんし精神的にも疲れてしまいます。

そんな苦労に比べれば最初からタトゥーがあることを店に伝えて、理解してもらってから採用されるのがよいでしょう。
ちなみに箱ヘルに限らずほとんどの風俗店でタトゥーがあることはマイナスになってしまいますが、お客さんを攻めるM性感やSM専門店の場合はむしろプラスになる可能性があります。
箱ヘルなどでは全く雇ってもらえないくらいたくさんタトゥーが入っていると言う女の子は、Sとして男性を攻める専門店を選ぶことをお勧めします。

箱ヘルではタトゥーがあると指名に影響がある?

タトゥー箱ヘルに入った場合、お店にはタトゥーがあることを伝えなくてはいけませんが、お客さんに対しては基本的に自らタトゥーがあることを知らせる必要はありません。

なぜなら、どんなお店であってもお客さんは基本的に風俗嬢に対して清楚感を求めてみます。
タトゥーと言うのは多くの男性にとって清楚感とは真逆のものですので、タトゥーが入っていると言うことだけで大半のお客さんにマイナスの印象を持たれてしまうことは覚悟しましょう。
実際タトゥーがあることをお店に知らせた状態で採用されたとしても、お店のホームページに掲載されるプロフィール写真ではタトゥーが見えないポーズにされるか、修正でタトゥーは消されます。
このように残念ながらタトゥーが入っていることはお客さんからはマイナス印象となり、指名が取りにくくなってしまう可能性の方が高いと言えます。

ただし、多くのお客さんのタトゥーへの嫌悪感と言うのは「タトゥーがあったら絶対指名したくない」というほど強いものではなく、「ちょっとやだな」感じる方がほとんどです。
もちろん中にはタトゥーが入っていると言うだけで絶対に指名をしたくないと考える男性もいますが、それはごく一部の方だけなので気にしても仕方せず、それ以外のお客さんの心をつかんで指名を取れるように努力する方が重要です。
お客さんが風俗嬢を指名するかどうかを決める要因は一つだけではなく、見た目、スタイル、正確、テクニックなど様々な要因があります。
タトゥーがあるということはそのようなさまざまの要因の中でほんの少しだけマイナスがある程度だと考えてください。

もしお客さんから指名が全く取れない場合、それはタトゥーがあるからと言う原因ではなく、それ以外の接客においてお客さんを満足させられていないという可能性の方が高いでしょ。
逆に見た目やスタイルが良くて、プレイも頑張る様な女の子であればタトゥーが入っていても全く問題なく人気嬢になることができます。

お客さんにタトゥーがバレないようにする方法

ワンポイントで体の部位に入っている程度のタトゥーであればお客さんに対して隠すことができる場合もあります。
上で説明した通りタトゥーがあることがプラスになることはほとんどありませんので、隠すことができる程度であればお客さんに対してタトゥーがバレないようにするのも有効です。

タトゥーを隠す方法としては、ドンキホーテなどで売っている「タトゥー隠しシール」をするのがよいでしょう。
タトゥー隠しシールとはタトゥーがある体の部位の上から貼って、タトゥーが見えないようにしてくれるシールです。
だいたい10枚2,000円程度で販売されていて、一回払えば1週間程度は使用できるので高価なものではありません。
箱ヘルで働く女の子がタトゥーシ隠しシールを選ぶときには、必ずウォータープルーフのものを選ぶようにしましょう。

タトゥーお仕事でシャワーを浴びたり汗をかくことが多いため、ウォータープルーフのものでないとプレイ中に剥がれてしまう可能性もあります。
また、タトゥー隠しシールは肌の色や質感によって様々な種類がありますが、お客さんにバレないことが最優先ですので、できるだけ自分の肌の色に近く薄いものを選ぶのが良いでしょう。

まとめ

タトゥーがあっても箱ヘルで働くことができるのかということと指名に影響があるのかということについてご紹介しました。
タトゥーがあっても基本的には箱ヘルで働くことができますが、お店によって対応が異なるためタトゥーが入っていると採用されないお店はありますし、高級店だと採用される可能性は低くなります。

また、タトゥーが入っていることは、お客さんから決して好印象を持たれることではないため指名が少なくなってしまう可能性もありますが、それ以外の部分でカバーできる程度のマイナスだと思っておきましょう。