ソープ嬢ですが彼氏面してくる客の対応方法を教えて

2023年12月14日

ionasnicolae / Pixabay

風俗の仕事をしていると、さまざまなお客さんと巡り合うことになりますよね。
特に風俗店の場合には、通常の人間関係ではあり得ないスピードで裸同士のコミュニケーションを取ることになる。
結果として恋愛感情があると勘違いし、彼氏面されることもしばしば。
ここではソープで彼氏面してくるお客さんへの対処法について紹介します。

勘違いしても当たり前の環境であるということ

恋愛まず前提として覚えて欲しいことは、風俗ジャンルの中でも最終ラインまで超えてしまうソープに訪れる男性というのは、普段からお金を支払わずにセックスができる環境にないパターンが多いということ。
ソープを利用する全ての男性客が童貞だったり、非モテであるというわけではありませんが、限りなく多いということは覚悟すべきです。
対人コミュニケーションの中で肉体関係に陥るというのは最後の最後の大きな一線というのは変化する恋愛観の中でも変わらない事実ではないでしょうか。

ソープの場合には、初めましてのコミュニケーションのスタートが最終ラインを越えてしまうわけです。
仕事だと最初の内は割り切っていても、女性キャストの色恋営業の上手さにどんどんと恋愛感情が高まってしまい、本当に自分のことが好きなのではないか?
と思ってしまうのはある意味で仕方ない環境と言えるでしょう。
前述にあるとおり、高いお金を支払ってまでソープに通うような男性客の多くは恋愛に対しての免疫が低い可能性が高く、営業による仮の姿なのか本当の気持ちなのかを判断できないケースが多いわけです。

つまりソープという環境上、恋愛感情をこじらせて勘違いをし彼氏面をしてしまうというケースは当たり前に起こり得るといえるのです。

相手を見て色恋営業を掛けること

恋愛まず彼氏面をしてしまう男性客への対処としては、色恋営業を誰にでも掛けるのではなく、前述にあるようないわゆる非モテであり、あまり恋愛や男女関係に関して免疫が低い男性客には簡単に行わないようにするという使い分けをすることが一つの対処法です。
このように免疫の低い男性客に色恋営業を掛けると、自分にどっぷりとハマって太客になり、多額のお金をつぎ込んでくれる可能性は高いのは事実としてあるでしょう。

そして色恋営業をするのは、線引きを明確にさせながら接客を行っていくよりも楽だという事実があります。
このため多くのソープ嬢は色恋営業を簡単に選択してしまうことが多いのですが、彼氏面をされるのが嫌であれば、苦労をしてでも線引きをした接客を行うべきでしょう。
風俗嬢の演技を演技と見抜ける「遊び方」がわかっている男性はほんの一部しかいないという事実を前提に持っておき、相手をみて色恋をかけないと彼氏面をされてプライベートでも頻繁に連絡を強要してくる。
こんなことならまだ良い方でソープ店をやめることを迫ってきたり、行動を把握しようとしてストーカー行為をしたり、自宅を探し出そうなんて行為に発展してしまいます。

結果として悲惨な事件に巻き込まれてしまう可能性も高くなりますから、甘く考えずに予防線を引いておくことが何よりも大事になります。
この手のタイプの男性客がもしも彼氏面がひどくなってしまったのであれば、「これは風俗嬢として行っている当たり前のサービスなんだよ」ということをしっかりと伝えることが大事です。
こういったアクションや言動などは、あくまでも仕事でしていることであって、プライベートまで付き合いたいとは思っていないということをしっかりと示すべきなのです。
女性への免疫が低く騙されてしまう男性客側が悪いという意見もあるかもしれませんが、優秀で人気がある風俗嬢は、自分はもちろんお客さんも不幸にならないように誠意を持って接客をしているものですよ。

場合によってはNG客にすることも

前述にもある通り、勘違いしてしまったお客さんの多くがお店の中だけの関係では満足できず、何かとプライベートでまで関わりを持ちたいと望むようになります。
例えば無理やり悩み事を聞き出して、それを自分の指名だと思い込み、守ってあげなければいけないと強く思い込んだり、自分が彼氏のようなものだから面倒を見てあげなければならないと思い込んでしまいます。
結果として借金までしてもお店に通い続けて多額の金額を貢ぎ、結局それが自分の勘違いだというなったとしても、手のひらを返すように結婚詐欺だとお店に乗り込んできたり、これまで貢いだ金を返せなどと訴えてきたりするのです。

自分が好きでやっていることだからと自分の起こしているアクションに自己陶酔などが見られるようならいくらお金を使ってくれるお客さんだからといって、その言葉に甘えず早い段階で線引きをしたりなどの対処をしましょう。
あまりに彼氏面がひどく、妄想ともいうべきマイワールドを醸し出してしまっているようなら、早めに距離を置いたりすることや、痛いと思うかもしれませんがNG客に指定して相手をしないという対策を取るべきなのです。
絞れるだけお金を取ってからなんて軽い考えでいると、ストーカー行為に発展したり、待ち伏せをされて付きまとわれる。
暴力行為に及んだり、レイプ被害などに遭ったりなど警察沙汰に発展する可能性がありますから、気をつけましょう。

金払いの部分だけでお客を判断しないこと

お金 財布このように彼氏面をされてしまうのは、ソープという風俗ジャンルの最後の砦である本番行為を初対面でも当たり前にでも行われてしまうというサービス内容。
他にも風俗嬢達の上手な色恋営業によって引き起こされることが分かっています。
酸いも甘いも知り尽くしている風俗嬢からしてみると、営業で仕方なくやってるくらい分かってくれよという話なのですが、男性は女性のように現実主義ではないことが多いのです。

自分の都合の良いように解釈して妄想をどんどんと膨らませるのが男性という生き物ですから、ここは相手に変化を期待するというよりも、ソープ嬢それぞれがその都度的確な対処を取っていってあげるしか防止策はないといえるでしょう。
前述までで彼氏面をされてしまった時に行うべき対処方法を紹介しましたが、それ以前に何よりも大事なのはあなた達の普段の心がけです。
相手の男性がどのようなタイプであるのかを見抜く観察力を磨きましょう。
このような彼氏面をされて対処に困ってしまうという悩みを抱えてしまうソープ嬢の多くは、相手の男性を「金払い」の点でしか評価していない部分が多いです。

同じように厄介だと敬遠されるタイプであるガッツキで金銭にセコい男性客の方が、風俗と男性客との関係であるという前提を把握しており色恋などをされても通用せず、線引きをして楽しんでおり、遊び方を心得ているもの。
普通に色恋営業をしてスペシャル感を出してあげるだけで、勝手に親身になってくれて毎度のように通い給料のほとんどをつぎ込んでくれる男性客だから優良客だと判断して搾り取れるまで稼がせてもらおうなどと考えるからこそ余計なトラブルに巻き込まれることになわけですね。

彼氏面は危険のシグナル!早い段階で対処を!

経験しないと分からないし、男性客によってもまちまちというのが前提ではありますが、彼氏面をする男性というのはある程度に見抜くことが可能です。

金払いばかりでお客を判断せず、ちょっと怪しいと感じたら線引きを把握させる発言をするのも相手に対しての誠意になります。
時にはNG客に指定をして距離を取ることも考えるべきでしょう。