ソープはオプションなどないお店が多い理由

2023年12月14日

geralt / Pixabay

風俗業界の中でも短期間で多くのお金を稼げると風俗業界で働く女性の中でも有名なのがソープですが、ソープには他のデリヘルやピンサロでは必ずついているオプションがついていないお店が多いのです。
なぜ同じ風俗業界のお店なのにソープではオプションをつけていないお店が多いのかは、ソープのサービス内容に深く関係しているようです。
今回は、ソープでオプションを付けないのはなぜなのかを詳しくご紹介していきます。

ソープランドではどのようなサービスをするの?

バスルームまずは、ソープについて詳しくご紹介していきます。
ソープはいろんな種類がある風俗業界の中で唯一本番行為を許可されている風俗店になるのです。
本番行為が許されているソープだからこそ、お客さん一人当たりの利用料金が高く、他の風俗店よりも多くのお金を稼ぐことが出来るのです。

そんなソープランドの流れは、お客さんが入室してから入浴プレイやマットプレイ、別途プレイという流れで基本的にはプレイが行われていきます。
お店によっては、対面してすぐにディープキスや即尺・即ベットでプレイが始めることもあります。

ソープは拘束時間が長い

ソープのサービス内容を見てわかると思いますが、プレイ内容が多いのでもちろんお客さん一人当たりのサービス時間がとても長いです。

そのために1回あたりの利用料金も高く設定されているのです。
また、高級店になればなるほどプレイ時間が長く設定されていることがほとんどです。
拘束時間が長いということは、テクニックなどが必要になるので、風俗業界未経験者の人にはとても厳しい世界です。

風俗はオプションを追加してもらって稼ぐものでは?

デリヘルやピンサロなどで働く風俗嬢にとっては、基本料金の他にオプション料金や指名料金などを追加してもらうことによって、風俗嬢へのバックが多くなり稼ぐことが出来ます。
しかし、ソープでは気温料金の他にオプションを付けているお店はほとんどないのです。
それではなかなか稼げないのでは?」と、思う人もいるかともいますが、ほとんどのソープのお店でオプションを付けないのには、ソープのお店自体の仕組みなどに深く関係しているのです。

ソープのサービスは女性次第

日本では、「売春」などの行為は認めていません。
本番行為を許可しているソープは、売春行為とは違うの?
と、疑問に思われているかと思いますがソープでは一切本番行為が出来るなどの表記はしていないため違法にはなりません。

ソープは、基本的に「お風呂屋さん」としてお店側は場所を提供しているのです。
なので、個室なので行われるプレイ内容などには一切関与していないので、ソープ嬢によってサービス内容は全く異なるのです。
ソープ嬢がどのようなサービスを提供しているのかはお店側が触れることもなく、オプションで文字に表記してしまうことが、プレイ内容などを詳しく表記してしまうことで違法に触れる場合もあるのでオプションを付けていないお店が多いのです。
もし、オプションとして付けるような場合であればその内容は、電マやローター、コスプレなどといった他の風俗でもサービスを受けられるような内容しかつけていません。

ソープの利用料金は総額がわからない

女性 ストレスソープでは、基本料金のことを「入浴料」として表記されています。
それは、お風呂屋さんとして場所を提供していることなのでそのように表記されています。
初めて、ソープを利用する人が入浴料を見て、意外と安いと感じた人は少なくないと思います。

しかし、それは、お店への入場料名だけで実際に支払う金額とは一切関係しません。
受付で入浴料を支払い、ソープ嬢とのプレイ後に残りの料金を支払うのが基本的です。
なので、どのくらいの金額を支払うのかわからないというようなお店もあるので気を付けてください。

ソープでの利用料金の総額は?

近年では、ソープでの利用料金の総額を表記しているお店もありますが、半数以上はまだ入浴料のみの表記のお店がほとんどです。
なので、大体のソープでの利用料金の相場をご紹介していきます。
一般的には、プレイ料金は入浴料の2~3倍と言われています。
例えば、入浴料が5,000円あれば、総額は10,000~15,000円になります。

高級店になればもっと高くなります。
お店によっては、何十万と1回の利用でかかる場合もあります。
ご紹介している金額は、あくまでも一般的な相場になるのでお店によってサービス料がもっと高いお店があるので、実際にお店に問い合わせることをオススメします。
初めてソープを利用する人は、総額を表記しているお店もあるのでそちらに足を運ぶことをオススメします。

オプションがないとなかなか稼げないのでは?

数多くある風俗店の中でも一番稼げると言われているソープですが、ソープでは他の風俗店にはあるオプション追加で稼ぐことは出来ません。
それではソープで働く女性はみんな同じような給料しかもらえないのでは?
と、疑問に思われる人もいると思いますが、オプション料金の追加がなくても指名料の追加があるので、ソープで働くソープ嬢が全員同じような金額を稼いでいるわけではないのです。

なので、テクニックや容姿が重要視されます。
さらにソープには、オプションを設定していないことからサービス内容がソープ嬢によって異なることから普段できないようなプレイをできることで新規のお客さんに気に入れられれば次回からは、指名が貰えるようになり、バックの料金も高くなります。
さらに、お店によってはナンバー嬢などには雑費の自己負担がなくなる場合もあり努力次第で稼げるのです。

風俗未経験者にはソープは試練が多い

女性 ストレス何度も言いますが、ソープは唯一本番行為を認められているお店なので、働く女性にはデメリットが他の風俗店に比べると多くなります。
まずは、性病とは常に向き合わなければいけません。
さらに、1日に何回も本番行為を行うので体力的にもかなり厳しいですし、アナル舐めや生本番。中だしOKなどの過激なプレイを要求されることもあるので精神的にも厳しい世界です。
なので、風俗業界未経験者の人であればテクニックに自信があるような人でなければとてもきつい仕事になります。
もともと本番行為を許可されているお店なので、お客さんから本番強要を受けることで苦痛を味わうようなことはありません。
体力勝負の仕事ではありますが、月に何百万円と稼げる仕事ではあるので魅力がある仕事の一つには間違いありません。

まとめ

今回は、ソープランドの仕組みについて詳しくご紹介していきましたが、日本では売春行為を認めていないのにソープのような本番行為が出来るお店があること自体が矛盾しているように感じますが、表向きは「お風呂屋さん」として営業しているので個室でどのようなサービスを行われているかは働くソープ嬢によって異なります。
なので、ほとんどのソープでは、オプションを設定していないお店が多いのです。
オプションを設定することで経営が困難になるようなことになればお店側も困るので、女性によってどのようなプレイをしてくれるのかは利用しなければわかりません。

それはそれで、利用するお客さんにとってもどのようなプレイが出来るのか楽しみでもあるのかもしれませんね。
ソープ嬢として働く女性にとってもオプションがないことで稼げないと感じる人もいたかと思いますが、決してそうではないのでテクニックに自信がある人などは是非ソープで働いてみてはどうですか?
努力次第で多くのお金を稼ぐことが出来るのです。