M性感のバイトは病気にならないって本当?キス・フェラなし?

2023年12月14日

BarbaraALane / Pixabay

M性感のバイトは病気にならないというのは、本当なのでしょうか。
風俗業界において、風俗嬢が性病にかかるのは当然のように思う方も多いのではないかと思います。

それなのに、M性感のバイトに限って性病にかかるリスクが少ないのはなぜなのでしょうか。
その点についても言及しつつ、今回のテーマであるM性感のバイトは病気にならないって本当?
キス・フェラなし?
ということについてもお答えしていきたいと思います。

また、性病についての理解を深める為に、性病名や性病にかかった時の対処法や予防策についても記載していきます。
風俗業界に身を置く、あるいは、これから入店するすべての方は、ぜひこちらの記事をお仕事にお役立てください。

M性感は性病に感染するリスクが低い?検査はなし?

M, アルファベットM性感は、性病に感染するリスクが最も低い風俗業種と言えます。
では、なぜM性感は性病感染のリスクが低いのでしょうか。
M性感では、着ているコスプレを脱いだり、男性客とキスをすることもフェラをすることもありません。
一方、他の風俗業種では、キスやフェラは基本サービスに含まれている為、強制的にやらざるを得ない状況に置かれています。

では、キスやフェアという行為は、どのように性病に直結するのでしょうか。
キスやフェラは、粘膜と粘膜の接触がある行為です。
性病は、感染者の粘膜に触れることでうつってしまうのです。
なので、こうした行為をしなくて済むM性感では、性病に感染するリスクが少ないのです。

また、風俗嬢なら誰しもが行う定期的な性病検査もありません。

風俗業界におけるかかりやすい性病名は?

風俗業界におけるかかりやすい性病名は、クラミジアです。
では、クラミジアという病気は、どのような症状を伴う病気なのでしょうか。

クラミジアは、男性と女性で症状が違います。
男性の場合、感染して1日か2日目に尿道炎を起こします。
なので、排尿する際に激痛を伴うことが多く、実際に排尿すると尿道が焼けるように熱いと言われています。
女性の場合は、感染して間もない頃はほとんど痛みも自覚症状も伴いません。

その為、中期症状で膣炎を起こしてから、ようやく何かおかしいなと気づく人が多いようです。
また、女性の膣内は非常にデリケートな部位ですので、膣炎を起こすと膣内の抵抗力が著しく下がります。
その結果、尖圭コンジローマが出来たり、子宮内膜炎を併発する可能性も高いのです。
男女ともにクラミジアを治療する方法としては、早めに専門医に診てもらい、適切な治療薬を処方してもらうことです。

治療薬のほとんどは、自宅や出先でも飲みやすい錠剤タイプの飲み薬です。

風俗で働いている人は何で性病になるの?

ウイルス上述したように、風俗で働く風俗嬢たちのほとんどが、お客さんと粘膜の接触を伴うプレイをしています。
では、粘膜の接触を伴うプレイには、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

粘膜の接触を伴うプレイには、基本プレイと呼ばれるプレイのほとんどが含まれます。
つまり、Dキス・フェラチオ・素股・69等がそれにあたります。
性病は、こうした粘膜同士が触れ合うことによって感染します。
よって、一般企業でそのような行為はしませんが、風俗業界においては性病感染率が非常に高いのです。

性病にかかったらどうすればいいの?

性病にかかった際は、出来るだけ早めに専門医を訪ねてください。
早期発見に成功したからこそ、飲み薬で完治する性病もあります。
言い換えれば、感染したことへの発見が遅ければ、数ヶ月にわたって性病治療に専念することになりかねません。

そうなった場合は、当然ながら、風俗店でのバイトもお休みしなければなりません。
なので、自覚症状がないからと言って性病にかかったかもしれないという可能性を放置せず、出来るだけ早い段階で病院に行きましょう。

性病にかかるリスクを最小限に抑える為の方法は?

正直言って、風俗業界に身を置く限り、性病にかかるリスクを最小限に抑える為の方法はありません。

ですが、あらかじめ風俗業種を限定して入店することで、最初から性病感染のリスクが低いところでバイトをすることが出来ます。
性病にかかるリスクを最小限に抑えられる風俗業種は、やはりM性感が一番です。
M性感で働くメリットとしては、何より性病にかかるような粘膜同士が接触するプレイがないという点にあります。
M性感では、キスやフェラをする必要もないのです。

ただ、もしもM性感以外の風俗業種ですでに働いているという方は、下記より3つの性病予防法をご紹介します。
1つ目は、過激なプレイはNG指定にしておく方法です。
風俗店によっては、基本プレイ以外にオプションで即釈・ごっくん・イラマチオ等を提供しているお店があります。
そうしたお店に在籍し、オプション関連も一通りOKにしている風俗嬢は、最も性病感染のリスクが高いのです。

その為、性病にかかるリスクを最小限に抑えたいのであれば、粘膜接触を伴うオプションにはすべてNGを出すのも有効な手段です。
2つ目は、在籍中の風俗店を辞めてM性感で働く方法です。
これには勇気がいるかと思いますが、本当に性病にかかる可能性を減らしたいのであれば、M性感で働きましょう。
他の風俗業種だと、どうしても基本プレイの中に性病感染のリスクがまとわりつきます。

3つ目は、ゴムフェラのみを提供しているような風俗店に入店し直すという方法です。
風俗では、お店によって生フェラを基本プレイとしているところと、基本プレイにもオプションプレイにも必ずゴム着を必須条件としているお店があります。
性病感染のリスクが少ないのは、当然ながら、ゴム着を必須条件にしている方のお店です。
そちらで働かせてもらえるのであれば、迷わずお店を移った方がいいでしょう。

性病の感染源はどこにある?

男性 女性性病の感染源は、ほとんどがお客さん側にあります。
糞客になると、自分が性病にかかっていることを知っていながら、性欲を抑えきれず、風俗店に来店してしまいます。
そうなると、風俗店側ではいちいちお客さんが性病かそうでないかを検査してから入店させるわけではありませんので、風俗嬢は知らぬ間に性病をうつされてしまうのです。

また、感染源が風俗嬢側にあることも考えられます。
風俗嬢は、お金に困っているから風俗でバイトをするわけです。
なので、自分が性病にかかっていることに気づいていながらも、無理に出勤をして周りのお客さんや風俗嬢たちに感染させてしまう人もいます。
性病が蔓延すれば、お店の稼働が難しくなることだってあるのです。

身勝手な理由で他人に性病をまき散らすのはやめましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、M性感のバイトは病気にならないって本当?

キス・フェラなし?
というテーマについて解説してきました。
性病の中で最も風俗嬢が感染しやすい病名は、クラミジアです。
戦時中の時代は、性病は不治の病として知られていたり、命を落とす危険性のあるリスキーな病気として語られてきました。

もちろん、現在でもかかると厄介な性病はあります。
ですが、医学の進歩とともに、性病は飲み薬を服用して2、3日すれば完治するようになっています。
とはいえ、性病にかからない為の予防策を立てるのも大事なことです。
その為にも、性病に対して極度の恐怖を感じる方は、M性感嬢として性病感染のリスクを回避しながら働くことをおすすめします。