本音を言うとM性感の客層って特殊

2023年12月14日

ractapopulous / Pixabay

今回のテーマは、本音を言うとM性感の客層って特殊、と言う事についてです。
風俗に来店されるお客、そしてM性感に来店されるお客、あらゆるお客がそれぞれの願望や妄想を抱いて十人十色でお店にやってくると思います。

そんな中、M性感の客層が特殊である、と言う事をメインにこれから色々と書いていきたいと思います。

特殊な客

男性 mM性感の客層が特殊、と言うのが今回のテーマです。
そもそも特殊な客とはどういう人の事を言うのでしょうか。

客観的に考えて、M性感と言う風俗ジャンルにくるお客と言うのは基本的にはM気質のお客が多いのは察しが付くと思いますし、M性感嬢ならわかると思います。
本来M性感とはそういう目的のジャンルな訳ですから、Mのお客がきて当然と言えば当然だとは思います。
従って、今回のテーマの特殊なお客と言うのは、M性感と言うジャンルから考えても、M気質の変わったお客、と言う事が言えるのではないかと思います。
嬢からすると、当然紳士なお客がいいと思いますし、何歩か譲ってMでも紳士ならまだいい、と思っている人が多いと思います。

ですが、現実的に考えてもそのような都合のよい話は中々ないですし、そういう人はそもそもあまり風俗を利用しないように思います。
Mだけと紳士なお客、これは中々いないでしょうね。
そもそもM男と言うだけで女性はキモい、ヤバそう、と想像するのではないかと思います。
しかし、一般の女性がM男に対してそう思うのはまだしも、あくまでM性感嬢な訳ですからそこは気持ちを抱いたとしても仕事と切り替えてしっかりとやるべきだとは思います。

現にそういうお客も中にはいると思いますので、M気質のお客をどううまく扱っていけるか、と言うのがポイントになるのではないかと思います。
Mと言うのはあくまでその人の性癖であり、そしてM性感と言うジャンルを売りにして営業している訳ですから、M性感嬢ならつべこべ言っている場合ではないのです。
つまり、特殊なお客と言うのはM性感で考えた場合ですと、シンプルにキモい、行動や言動がヤバい、何か変、変わったフェチや性癖をもっている、などと言う事が特殊なお客として考えられるのではないかと思います。
いずれの場合だったとしても、やはりお客はお客なのです。

お金を払って来店してきてくれている訳ですから、求められるサービスは各お店の範囲内でしっかりと提供していかなければいけないと思います。
もちろん、無理難題を押し付けてくるお客やルール違反をするようなお客に対しては、特殊などと言って妥協したり見過ごす訳にはいかないと思いますし、ただちにストップを掛けてスタッフに申告するなり自分の身を自分で守る為にもサービスを中断する必要はあるかとは思います。
あくまでケースバイケースで的確に対応はしてほしいと思います。
特殊と言ってもガチの特殊も中にはいると思いますので、その辺りの判断は自分でしっかりとしてほしいと思います。

ですが、キモいやヤバそう、と言うだけの自分の中での特殊をあまり作り上げすぎてその感情に対してお客をどうこう言う、と言うのは筋違いではないかとは思います。
嬢のお客に対する気持ちはよく分かりますし、実際にプレイをしなければいけないのは自分な訳ですから、当然本音を言えば特殊なお客にはサービスを提供したくないとは思うはずです。
お金しかし、お給料がほしいならするしかないですし、M性感とは本来そういうお客が来る可能性は多いにあるジャンルと言う事を改めて理解して、その上で無理なら、したくないと思うなら早めにジャンルを変えるべきかとは思います。
いずれにしても、風俗には特殊なお客はいくらでもきますし、嬢がお客に対してとやかく言うのは間違っているかとは思います。

M性感に限らず結局はどのジャンルでも変なお客に当たることはあるのです。
ですので、特殊なお客だとしても上手に対応していくすべを身につけて自分の力でカバーしていくしかないのではないでしょうか。

すべては気持ちの持ちよう

前述ではM性感での特殊なお客とはどういう人の事なのか、と言う事について色々と書いてきました。

もちろん他にも特殊と思うお客像は各嬢で色々とあるとは思いますが、あくまで多数の人が思う意見として、と言うニュアンスで書いてきました。
現実的に、M性感でも他の風俗ジャンルだとしても、特殊なお客と言うのはそれぞれのお店に来店する可能性は十分にあると思います。
結局、どんなお客がきても自分の気持ちの持ちようが一番大切になってくる、と言う事ではないかと思います。
特殊なお客がきて自分が接客する事になったとき、本音としては特殊だし正直気持ち悪いから接客したくない、などと言う事を思ったとします。

その感情は変わらなくもはないですが、それらの感情と言うのはあくまでそう思う人たちの偏見でしかないと思うのです。
早い話そう思うなら、したくないのなら仕事を変えるしかないのです。
自分の都合の良い客ばかり選んで仕事をしていても、長くは続かないと思います。
例えばあなたがショッピングをしている時、定員に心の中で派手な風俗嬢っぽい女がきた、どうせ身体売って稼いだ金で買い物しにきてるんだろ、気持ち悪い、などと思われていたらどうですか?

そんな事関係ない、他人にとやかく言われる筋合いはない、など色々と思うとは思います。
しかし、それはあなたが特殊やキモいと思っているお客もまた同じ様な事を心の中では思っているのです。
つまり風俗嬢に特殊などと言われたからと言って、思われているからといって何かが変わるわけでもないのです。
手錠 女性逆にお客はMなのですから、そのようなある意味罵倒的な発言や表情はむしろ最高の興奮に繋がるのです。

つまり何が言いたいかと言いますと、お客はあくまでお客と割り切り自分にできる事を精一杯するだけ、そしてM男ならそれを上手く利用して興奮に繋げて満足度をあげていけばいいだけ、と言う事なのではないでしょうか。
お客を選んでいるようでは稼げないですし、風俗嬢ならどんなお客でも手のひらで転がせるぐらいにならないとダメだと思います。
逆にお客を選んで結果を残せている人は単純に風俗嬢としての才能があるのです。
才能があるなら自由度も当然あると思います。

自分の状況は自分が一番良く分かっているはずです。
身の丈にあった発言や行動をするのが大人ですし、弁えて仕事をするのが接客業という仕事でもあると思います。
お客に対して特殊と感じ、それに対してどうこう思うなら、1つ言える事はやるの?
やらないの?

と言うだけの事です。
自分が何の為に風俗嬢をしているか、と言う事でしかないのではないでしょうか。

まとめ

本音を言うとM性感の客層は特殊、と言う事について色々と書いてきました。

M性感での特殊なお客と言うのは前述してきた内容を見ればわかると思います、そしてその他の特殊と感じるお客がいたとしても、それは結局はどの風俗ジャンルでもどの店だったとしてもそれぞれの嬢達が思う特殊なお客と言うのは来店するものなのです。
ですので、自分が何の為に風俗嬢をしているのか、そしてお客の事をとやかく言える立場にあるのか、お客を選べるほど稼げているのか、と言う根本的な事から自分を見直してみると、お客に対する感情と言うのは変わってくると思いますし、今以上に上手に仕事に取り組めるのではないかと思います。
あまり難しく考えず、M男がお客なら逆におもっきり自分の心の中に思っている事を言ってあげた方が逆に興奮に繋がる、何てケースも中にはあると思います。
上手に接客していってほしいです。