SMクラブのランカーはテクニックより雰囲気作りが上手い

2023年12月14日

D1_TheOne / Pixabay

今回のテーマはSMクラブのランカーはテクニックより雰囲気作りが上手い、と言う事についてです。
SMクラブにおいてランカーになる為にはテクニックより雰囲気作りが大事と言う事をメインにこれから色々と書いていきたいと思います。

ポイントはテクニックより雰囲気

女性SMクラブのランカーはテクニックより雰囲気作りが上手い、と言うのが今回のテーマになります。
まず初めに書いておく事はランカーと言う事に関してだと思います。
ランカーと言うのは既にご存知の方もいると思いますが、各風俗店においてそのお店のランキングに入る嬢の事をランカーと風俗ではいいます。

つまり、ランカーとはそのお店で稼げている人のことを言うのです。
当然ランカーは一人ではないですので、ランカー同士でも稼ぎに差はあると思いますが、いずれにしても稼げていないとランカーにはなれない為、ランカーになれれば稼げることはできますし、稼げたからこそランカーになれるのです。
風俗嬢たちはみなこのランカーを目指して日々頑張っている事と思います。
ではどうすればランカーになれるのか?と言うのがポイントになってくると思うのですが、各自で稼ぐと言う事に対して色々と考え試行錯誤している事とは思います。
そしてランカーになるには嬢によって色々な方法が存在するとは思います。
しかし現実としてはそれが中々見つからない、結果がでない、稼げない、ランカーになれない、と言う人も多くいるのではないでしょうか。
そんな中今回のテーマがズバリ、ランカーはテクニックよりも雰囲気作りが上手い、と言うまさにランカーになる為の秘訣と言いますか、答えのような格言が存在するのです。

風俗嬢としてお金を稼ごうと思ったとき、やはりテクニックと言うのは大事になってくると思いますし、ランカーになりたいと思ったときもやはりテクニックが必要になってくる、そう思いがちだと思います。
しかし現実としてはテクニックよりも雰囲気作りが上手い事が大事である、と言う事なのです。
この状況を整理してみますと、確かにテクニックを求めるお客も中にはいます。
しかし、テクニックだけでいいのかと言えばそれは違うと言う事だと思うのです。

例えば風俗嬢にあたかも流れ作業のようにサービスを提供され、そこに確かなテクニックが仮にあったとしてもお客の心情としては正直どう思っているのか、やはりテクニックだけではダメ、雰囲気もありきのテクニック、と思っている人が多いと思います。
性的なサービスとは言え、そして確かなテクニックがあったとしても、プレイ前後の雰囲気作りや最中の雰囲気作りと言うのはお客にとってとても大切になってくる事がわかると思いますし、お客の気持ちを考えてもやはり雰囲気を作ってくれる子の方が好感は持てるような気がします。
そして何よりムードがでると言いますか、気分が乗ってくると言いますか、良い状態で自分を興奮に切り替えていく事ができる、と言う事なのではないでしょうか。
雰囲気、とはとても大事な要素の1つなのです。

しかし、逆に雰囲気作りだけ上手くても実際にテクニックが何もなかったり下手ではそれはそれでお客は中々つかないようにも思いますし満足はしてくれないと思います。
お客は雰囲気作りをしてもらう為に数万ものお金を払っているわけではないです。
雰囲気もよくなおかつテクニックもある子が一番の理想だと思います。
そういわれるとなんだか一気にハードルが上がるようにも聞こえますが、あくまで雰囲気と言うのはテクニックをカバーしてくれる能力を秘めているように思います。

男性 女性 シルエット自分にあまりテクニックが無かったとしても、まずは自分の持ち前のキャラであったり、話術であったり、または癒しであったり、何でもつつんであげられるように大きい懐であったりと、お客を癒す、そしてそれぞれのお客にあった雰囲気を作る、と言う事をすれば、それが間違いなくテクニックをフォローしそしてカバーしてくれる事になると思います。
雰囲気作り、と言う事をより意識して接客する必要がありそうです。

お客が何を求めてやってきているのかと言う事を考える

前述ではランカーはテクニックより雰囲気作りが上手い、と言う事について書いてきました。

風俗嬢として、やはり接客をしていく中で一人一人のお客に対してそれぞれの雰囲気を作っていく、と言う事はとても大事でありお客にとってポイントが高いことだと言えると思います。
もちろんテクニックも必要にはなってくると思いますが、雰囲気と言うのは大事な要素なのです。
その後のプレイにも影響してくることのように思いますし、自分が今持っているテクニックをカバーしてくれるような役割もあると思います。
いずれにしても雰囲気作りを意識して接客する事、そしてその中でテクニックをしっかりと磨いていく事、と言う事が大事になってくるのではないでしょうか。

この雰囲気作り、と言う事を考えていく上で、お客がそもそも何を求めて店に来店してきているのか、と言う事をいち早く察知する能力がやはり風俗嬢には必要になってくると思います。
風俗店ですので当然性的サービスを求めて来店してきているお客が多いのは確かに事実です。
しかし、厳密には全員、ではないと思います。
そして、性的サービスを求めていたとしてもそれだけではなく、嬢と話がしたい、癒してほしい、世間話がしたい、性的な事以外の会話もしたい、挨拶が嬉しいと感じる、などそれぞれのお客が求めているもの、と言うのは必ずあるはずなのです。

女性嬢は性的ロボットではないのです、みんな同じではないです。
お客は自分が気に入った子を指名したり、来店して選んでくれているわけです。
性的プレイをしてハイ終わり、性的プレイをとにかく一生懸命しました、はいおわり、ではお客の心は中々動かせないのです。
つまり簡単に言えば男は難しい、と言う事なのではないでしょうか。

性的な事もしたいけど、その他の欲求も叶えてほしい、と言う事なのです。
それが何なのか、それはケースバイケースで見極めていくしかないです。
性的プレイもしたいけど、まずは軽く話を、そしていい雰囲気で、その気にさせてほしい、などという要求がある、と言う事をまずは理解して、その気持ちをしっかりと汲み取ってあげてその上で雰囲気を作っていく、と言う事が何より大切になってくるのだと思います。
そうする事によって結果的にお客が思う事は、自分好みの嬢だ、と言う感覚になりまたこの子にしてもらいたい、となっていくのです。

故に、まずは雰囲気作りを意識していく必要があると思いますし、実際にランカーになっている嬢と言うのは雰囲気作りが実際にうまいのだと思います。

まとめ

SMクラブのランカーはテクニックより雰囲気作りが上手い、と言う事について色々と書いてきました。
SMクラブと言う風俗ジャンルを考えますと、とくに雰囲気作りと言うのはとても大切になってくると思います。

雰囲気がないとできないようなジャンルでもありますし、雰囲気があるからこそ興奮できるジャンルでもあると思います。
ゆえに、まずは雰囲気作りをしっかりと意識して一人一人のお客を接客してほしいと思います。
そしてその中でテクニックと言う物をしっかりと身につけていけば、あなたもきっとランカー嬢になれると思いますし、稼げも上がっていくのではないかと思います。
雰囲気を作る、と言うのはある意味接客業の基本でもある様な気もします。

そして一番難しい事でもあり、一番気づかれする事でもあると思います。
しかし、それをやる事によって人の気持ちと言うのは動かせるのです。