セクキャバでムカつく客の特徴と上手くかわす方法

2023年12月14日

simonwijers / Pixabay

セクキャバや風俗で働いていると、どうしても我慢ならない客、不快な客に当たってしまいます。
中には「軽く殺意を覚えた」等と掲示板に書き込みがされる等、客に腹を立てるのはもはや日常茶飯事と言えるでしょう。
どんな客が嬢を苛立たせるのでしょうか。

また、上手くかわす手はあるのでしょうか。

嬢がイラっとする客の特徴と対処法

風俗には変な客がいますから、腹を立ててしまうのは仕方ありません。
接客業の宿命と思って対処するしかないのです。

無愛想、攻撃的、暴言

怒 男性何が気に要らないのか、ムスッとしていたりやたら攻撃的だったりする客がいます。
どの嬢にもそう言う態度をとる事も多いらしく、接客した嬢にしてみれば良い迷惑です。
こう言う客は、話題を振っても決して食いついてきません。

接客してくれている嬢の顔すら見ません。
発する言葉も単語だったりと、とにかく絡みづらい。
無愛想ならまだしも、暴言を吐いて何かとケチをつけてくるのは厄介です。
嬢の言動にいちいち粗を見つけて追及したりとやりたい放題。

酔っているなら尚更手に負えません。
或いは、構って欲しいのが理由かも知れません。
本音を言えば嬢に甘えたいのですが、プライドが邪魔して素直に言い出せない。
だから気持ちとは真逆の事をしてしまう、いわゆる「構ってちゃん」の可能性もあります。

余りにも度の過ぎた暴言や物に当たる等の行為があれば、スタッフに対応して貰い強制的に帰らせる事になります。
ですが、単に無愛想なだけの客ならば、「お飲み物はいかがですか?」とか「何だか元気がありませんね?」とか、とにかく相手の気を損ねない様にして相手の出方を伺います。
この手の客は、正直なところ何を言っても無反応である事が多いです。
当たり障りのない言葉を選んで、辛抱強く客の反応を見た方が無難です。

顔や容姿等をネタにしてくる

「君、ちょっと鼻が大きいねぇ?」

「タレントの○○に似てる!」「背がちっちゃいね」、しまいには「不細工!」等と口にする客。
酔っている事もあって余計この様な言葉が出てくるのでしょうが、言われた方は必ずしも良い気持ではありません。
顔つきや体型を気にしている女性は当然いますし、ましてそれを茶化されれば傷つきます。
例え、内心ぶん殴ってやりたくなっても「えぇ~?私ってそんなに鼻が大きいですかぁ?」
「○○に似てるって良く言われます」「お店でちっちゃいのって私しかいないんですぅ~」の様な感じで流してしまうとOK。
客もネチネチと話題にし続ける事は無いので、軽く受け流してしまえばその話題はそこでおしまいです。

くどくどと説教を垂れる

酒が入ってくると、偉くなった様な気分になります。
偉い人にでもなったつもりか、「君、何でこんなとこで働いてんのさ?
別のとこに移んなよ」等と説教してくる客はウザいの一言。
大きなお世話!と思ったとしても、適当に相槌を打って聞き流しておくのがベスト。

言いたい放題言ってきますが、ただ口にしたいだけ。
別に返答が欲しい訳では無いので、真に受けて聞くだけ損です。

プライベートをやたら聞きまくる

質問単なる興味本位から、嬢の私生活や本業、彼氏など色んな事を聞かれるのは実に不愉快。

ちょっと位ならまだしも、根掘り葉掘り私生活について聞かれるのはウザいだけ。
答えられる範囲で答えておき、「それよりもお客さんの事聞かせてよぉ~」と話題を投げ返してしまうと良いです。

キモ客は端からイヤ

いわゆるオタクの様な客は、外見から何となく分かります。

デブ、眼鏡、アニメのグッズを持ち物につけている、と言った所でしょうか。
ですから話す事と言ってもアニメやゲーム、漫画など自分の趣味に関する事ばかり。
興味もない嬢からすれば、こう言った内容はしんどいです。
本当に興味も関心も無くて話について行けないなら、思い切って「ゴメンナサイ、私、そう言う話に疎くて……」と言ってしまいましょう。

しつこくデートに誘ってくる

一目ぼれした嬢にしつこくメールを送って来る客。
「今度一緒に食事に行こうよ」「付き合って下さい」と何度も店外で会うのを要求してきます。
勿論、断るべきです。

その際、「お店以外では会えないんですよぉ」とか「お客さんの事、まだちゃんと知らないから……」とやんわり断る事。
断り方次第では逆上し、暴言を浴びせてくるかもしれません。
もっと悪質になると、ストーカー化する恐れも。
これはムカつく客どころの話ではなくなるので、すぐにお店や警察に相談する事。

自分の要求が聞き入れられないと知るや否や、嬢に危害を加えようとしてくる極めて悪質なパターンです。

必要以上にベタベタ触れてくる

キスやオッパイへのお触りに留まらず、執拗に身体に触れてくる客は最も不快でしょう。
どさくさに紛れて下へのお触りをしてくるなど、明らかにルール違反の客が必ずいます。

サービス以上のプレイを求めてくる客に対しては、「それ以上触っちゃダメですよ?」と注意。
それでも聞かなければ、多少語気を荒げてみるのも良いでしょう。

真顔で言うと効果があります。
どうやら、下半身へのお触りをしたがる客は本当に多い様です。
気持ちは分からなくないですが、「バレないから大丈夫」と言って強引に触ってくるそうです。
同様に、挿入を試みるツワモノも居るとの事。

自分が興奮しているから嬢もそうだろうと勘違いするタイプです。
これらはスタッフに見つかれば即追放。
バレても自分の身を滅ぼすだけと言う事に気づかないのだから、手に負えません。
この他、「思いっきり乳首を噛んでくる」「給料を聞いてくる」「気に入らないとすぐチェンジ」などなど、挙げればキリがありません。

乳首への乱暴は明確に禁止事項としているお店もあるのでルール違反です、給料をきくならお客さんのも教えてください、チェンジされるととても悲しいです……と言った感じで対応していきましょう。

なぜ、困った客が現れる?

Whyどの接客業にも言えますが、おかしな客や困った客は必ずいます。
おそらく、自分は客だと言う意識があるため、多少のわがままやクレームは聞き入れてもらえるだろう、あるはそれが当然だと考えているからです。

金を払っていれば何をしても良い、と言う自己中な発想がトラブルを巻き起こすのです。
セクキャバ等に来る客の多くは中年以上の年代です。
仕事や家庭で不満やストレスを抱えながら日々生活しているため、それらを発散させに来ています。
店の従業員になら何を言っても許されると言う甘えが、彼らを「ムカつく客」に変貌させていると言えます。

ムカつく客の事は忘れるべし

極端ですが、客はムカつくもの、と言う認識を持つのも大事かと思われます。
客の言動に終始ストレスを感じているようだと、精神衛生上よくありませんし、場合によっては病んでしまいます。
そうならない為に、自分なりのストレス発散法を見つけましょう。

仕事帰りにエステに寄る、ペットを飼う、運動する、趣味を持つ等、何かしら気持ちが楽になる方法を持つと、嫌な客の事を意識せずに済みます。

まとめ

風俗業界で働くと、1度や2度は必ず、新人嬢でさえもムカつく経験をしているかと思われます。
女性相手だからとナメたり甘く見たりする客が多いのは事実なので、常にストレスとの闘いと言えるでしょう。

自分だけが楽しければ良いと言う考えで来る客は、どのお店に言っても嫌われます。
どんなに腹が立っても、接客と言う仕事柄、ある程度は耐える必要もあります。
あまりに酷い客は今後、出禁になる等ペナルティが課されますから、目に余る場合はスタッフに対応をお願いするのが最終的にはベストな判断になるでしょう。