熟女風俗嬢は不正出血したら注意しよう!その理由とは

2023年12月14日

血液

風俗嬢でも若い年代の不正出血は、生理不順・ピル・性病などが主な原因ですが、30から40代の熟女として働いている風俗嬢になると若い年代の原因にプラスされることがあります。
それは、子宮筋腫という病気になります。
この病気は30歳以上の5人に1人が悩んでいることで、最悪は子宮をすべてとらないといけないこともあります。

40代後半になると閉経に近づくので、女性としてからだのバランスも乱れることもあるので、出血が生理とはいえないのです。
生理だから海綿使って出勤すると習慣化するのではなく、からだの状態をよく観察して、おかしいと思えば病院で原因を調べるようにしないといけないのです。
熟女の不正出血による子宮筋腫など見ていきましょう。

子宮筋腫は熟女が多いのか

30代40代の熟女の90%

割合子宮筋腫になる女性の割合は、20代で10%になり残りが30代と40代の女性で占めています。
残り90%のうち30代で45%、40代で45%で、30代40代で半々になっているのです。
50代以降は閉経によって急に減少していくようになります。

女性として一番魅力があり、性欲としてある年代に子宮の病気になるのです。

悪性ではないが自然治癒はしない

腫瘍(しゅよう)は悪性のものではないので、死に至ることはないのですが、そのまま放置しておいて自然治癒することもありません。
一度子宮筋腫があると診断されると、完治するまで産婦人科に通院して治すしかありません。

腫瘍のできる場所はさまざま

子宮筋腫ができる場所によって病名は違います。
筋肉のなかに腫瘍ができるものを筋層肉筋腫と呼びます。
これが最も子宮筋腫のなかで患者として多くいます。

子宮内膜の下にできる腫瘍は粘膜下筋腫と呼ぶものになります。
子宮壁の外にできる腫瘍は、系漿膜化筋腫(けいしょうまくかきんしゅ)と呼びます。
この子宮筋腫の原因については、医学的にも解明ができていません。
不正出血がある子宮の病気には、他のものもあります。

子宮内膜症だと不妊になる?

子宮内膜症といって子宮の内側の子宮内膜が、子宮以外の卵巣などに増える・はがれることを繰り返す病気で、生理痛・下腹部の痛み・性交痛・排便痛などの症状がでてくるようになります。
20代から40代の女性が多くいて生理回数と妊娠が関係していると言われています。
不妊の原因になることにもなるので、産婦人科で検査と治療が必要です。

もっとも怖いのが子宮に関係する癌になります。

子宮頸がんはセックスが原因?

子宮頸がんが発生する原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染によるもので、これはセックスで感染するのです。
生でセックスする女性はみんな感染することになるのです。

コンドームで感染率は下がると言われていますが、それでもゼロにはならないのです。
つまり、風俗嬢でない女性でも感染することがあるもので、女性の50%以上は一生に一度はHPVに感染します。
風俗嬢だと複数の男性とセックスすることになりますが、HPVに感染する機会が増えるので、子宮頸がんになる確率も高くなるのです。
風俗嬢はお客さんとセックスすることで性病感染の確率が高くなる・妊娠することもあると考えるのですが、それだけではないということです。

性病でもHIVは完治しませんが食い止めることはできます。
その他の性病は治療期間の長さは別にして完治できます。
子宮頸がんになると、ステージが進んでいると手遅れになるのです。
他の原因としては、ピルの長期間の使用・喫煙なども原因になるようです。

HPV感染したからといって治療は必要としません。
自然治癒してなくなるものですが、そのまま女性のからだのなかに残って、子宮頸がんの原因になるのです。
ここ数年ニュースで話題になっている子宮頸がんにならないワクチンのことは、女性なら知っていると思います。
学生のときにワクチン接種して、子宮頸がん予防するものですが、なかにはひどい副作用がでて生活ができないからだの女性も多くいます。

この子宮頸がんも生理の量が増えて、生理期間が長びくこともあります。
セックスのときに出血やおりものが増えることもあるのです。
不正出血かと考えていると癌の場合もあるので、早めに産婦人科で検査してもらうようにしないといけません。
癌のステージが初期だと90%は完治することはできますが、進むことで、生存率はかなり低くなります。

不正出血がない場合でも、年に1回は定期健診することが必要だと思います。
癌では子宮体がん・膣がんなども不正出血があるので、注意が必要になります。

熟女の不正出血の原因は

セックスしすぎ?

男性 女性30代40代の女性は、女盛りになるのでアソコがうずくぐらいしたいという女性もいます。
若い男性を見ていたら襲いたくなると言う女性もいます。
それだけ、セックスをしたくなる年代になるのです。
そして、激しいセックスをしていくのですが、それが原因ではないか?

複数の男性としたから、子宮に何か問題が起きたかもと不安になる人もいます。
不正出血は、ハードなセックスやセックス回数だけが直接の原因ではないので、心配しないで産婦人科にいくべきです。
前述のがんの内容から、風俗嬢だけでなく女性はセックスでHPV感染して癌になることもあるのでセックスの影響はあります。

ホルモンバランスの崩れ

熟女でも40代の女性は、閉経の準備にはいる期間になるとホルモンバランスが崩れやすくなって、不正出血が発生することもあります。
このタイミングで子宮系の病気になることもあるのです。
40代は、いままで定期的にあった生理が急に変動してくるのです。
生理の量も減ってくるようにもなります。

男性はED(勃起不全)でも、ムダになりますが精子は一生製造され続けます。
女性は一生分の卵子のもとがなくなれば、生理がなくなってしまうのです。
1年生理がなければ閉経とみなされるのです。
40代のこの時期に不正出血があり、しかも量が増えるということは、一般的な流れとは違う状態がからだのなかで発生していることになります。

前述の子宮系の病気になっていることもあるので産婦人科に早めに行って治療してください。

性病が原因?

ウイルス風俗嬢と性病はセットで考えないといけません。
セックスだけではなく、オーラルセックスでは口腔内に性病感染することがあります。

他のプレイでも粘膜部分の接触や唾液交換による性病はあります。
HIV以外には、梅毒・淋病・クラミジアなどがありますが、女性は男性に比べ症状が出にくいです。
性病感染率が高い、淋病・クラミジアについては、おりものの量が増える・色が少し違う・ニオイがいつもと違う・セックスのときに痛みがあることもあるのですが、いつものことだと見過ごすことがあるのです。
子宮系の病気は、あなたのからだの問題だけで済みますが、性病になったら、あなたの大切な夫・彼氏にも感染させることになります。

感染したまま、懐妊することになると赤ちゃんにも感染することになるので、注意してください。

まとめ

30代40代の熟女の90%が子宮筋腫になります。
子宮筋腫の腫瘍(しゅよう)は悪性のものではないので、死に至ることはないのですが、そのまま放置しておいて自然治癒することもありません。

不正出血がある子宮の病気で、子宮内膜症だと不妊になることがあります。
子宮頸がんが発生する原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染によるもので、これはセックスで感染するのです。
つまり、風俗嬢でない女性でも感染することがあるもので、女性の50%以上は一生に一度はHPVに感染します。
不正出血がない場合でも、年に1回は定期健診することが必要だと思います。

子宮系の病気は、あなたのからだの問題だけで済みますが、性病になったら、あなたの大切な夫・彼氏にも感染させることになります。
感染したまま、懐妊することになると赤ちゃんにも感染することになるので、注意してください。
ご参考にしてください。