バンス制度を利用するとメンズエステから抜け出せない

2023年12月14日

josemiguels / Pixabay

メンズエステの求人の中には風俗嬢が給料を前借できる制度、つまりバンス制度がある風俗店もあります。
バンス制度を活用することで、金欠の女性であっても当面の生活費を補填できるなどのメリットがあります。
その一方で、条件が厳しいとなかなか返済できず、風俗店から抜け出せないなどの様々なデメリットを被る恐れがあるので注意しましょう。

メンズエステとバンス制度

マッサージ女性が風俗嬢になる理由といえば、そのほとんどがお金目当てです。
確かに風俗店に勤務すると短期間で大金を稼げるものの、世間体が悪く、家族や彼氏、果ては会社などにバレると様々な悪影響を被るリスクがあります。
それだけに、余程お金に困っている女性でもない限り、滅多に風俗店で働く女性はいないものです。

それは逆に言うと、風俗嬢になる女性の中にはお金が全くなく、生活が逼迫し、困窮している女性もいるということでもあります。
いくら風俗嬢が稼げる仕事といえど、まだ働いてもいない内から大金を稼ぐことは難しいです。
それが業界未経験の初心者であれば、尚更そう簡単には稼げないでしょう。
特にメンズエステのような仕事内容が多いお店の場合、講習が終わるまで数日の時間を要すこともあり、本格的に稼げるようになるまで時間がかかるものです。

では、お金がない女性は風俗店で働くことが出来ないのかというと、そんなことはありません。
風俗店の求人の中にはこのような困窮している女性であっても生活できるように給料が前借できるバンス制度が用意されていることがあります。
求人の全てがとは言いませんが、メンズエステの求人の中にもバンス制度を活用できる風俗店はありますので、どうしてもお金がなく、生活できずに困っているという女性は、バンス制度のあるメンズエステで働きましょう。

バンス制度の特徴

バンス制度とは要するに風俗店から給料を前借する制度のことを指すのですが、タダで貸してくれるというわけではありません。
バンス制度を利用するにあたり、風俗嬢は様々な条件を課されることがあります。
もっとも、銀行や消費者金融会社と違い、バンス制度は収入証明書を提出する必要はありませんし、面接はありますが審査はありません。
無職であっても借りれるため、多少の条件こそありますが、消費者金融などと比べると非常に借りやすいです。

さらに、お店によっては無利子でお金を貸してくれることもありますので、消費者金融で借りるよりも返済の負担が少なくなることもあります。
特に闇金のような違法性のある業者からお金を借りると、法外な利子を押し付けられ、なかなか借金が返済できず、余計に生活が困窮することもあります。
そういった違法性のある業者から借りるのであれば、バンス制度を活用した方が良いでしょう。

バンス制度で前借できる金額

いくら給料を前借できるからといって、返済能力を超えるような高額の前借はできません。
なにより、まだ入店すらしていない初心者風俗嬢の場合、信用がないだけになかなか高額の前借は難しでしょう。
お店側としても、持ち逃げのリスクは出来るだけ避けたいと思っています。
そのため、バンス制度で前借できる金額はだいたい10万円から30万円程度が上限となります。

これくらいの金額であれば、たとえ持ち逃げされたとしてもお店側にはそれほど大きな損失にはならないだけに、安心して貸せる金額の上限となります。
ただし、既にメンズエステで長年働いているようなベテランで、風俗店からの信頼も厚い女性であれば、50万円から100万円などの高額の前借もできることでしょう。
もしくは、容姿が非常に優れている女性や、メンズエステならばマッサージの有資格者でスキルが高い女性のような、高い利益率が見込める女性の場合、30万円以上の前借ができるかもしれません。
ただし、バンス制度で高額の前借をする場合、条件もより厳しくなることがあります。

バンス制度の条件

チェックリストメンズエステであろうとその他の風俗店であろうとも、バンス制度を利用するにあたって必ず条件が付与されるものです。
給料の前借とはいえ、お金を貸していることに違いはありません。
持ち逃げのリスクもありますが、それ以上に返済が滞るリスクもあるだけに、風俗店としてはしっかりと働いてもらえるように様々な条件が付与されます。

バンス制度の条件といえば、まずオープンラストで働くことや、さらには前借した金額を全額返済するまでの間はレギュラー出勤すること、さらには半年間は辞めないなど、出勤に関連したモノが多いです。
メンズエステといえば風俗店ということもあってか、自由なシフトを組めるものなのですが、バンス制度を活用すると風俗店側より労働を強要されやすくなります。
もっとも、お金を借りているわけですから、返済してもらうためにも仕事を強要することはむしろ当然かもしれません。

バンス制度のメリット

バンス制度を利用すると、金欠の女性であってもまとまったお金を前借できるため、当面の間は生活費などに困らなくなります。
バンス制度にはこのような資金を調達することができるというメリットに加え、さらに返済期間中はできるだけ沢山稼げるように、フリー客を多めに付けてくれるというメリットがあります。
お店としては出来るだけ早めに貸したお金は返して欲しいと考えているため、バンス制度を利用している女性に優先的にお客さんを付けてくれるのです。
そのため、バンス制度を活用すると、意外なことに給料を稼ぎやすくなります。

バンス制度のデメリット

すぐに資金を調達できるバンス制度ですが、条件次第では非常に大きなデメリットを被ることがあります。
例えば、消費者金融会社よりも高い利子を付けられたり、返済が滞ると罰金が課されるなどの条件があると、なかなか返済ができず、いつまで経っても風俗店を辞められなくなる恐れがあります。
特に出稼ぎで風俗店に働くことになった女性の場合、周囲に知り合いや知人もいないでしょうから、誰かに助けを求めることもできないでしょう。

このような悪質な風俗店に捕まると、出稼ぎからなかなか帰れず、地元に戻れないなどのトラブルに見舞われることがあります。
それだけに、出稼ぎに行くような風俗嬢ほど、条件はどうなっているのか、しっかりと確認しておきましょう。

バンス制度の探し方

いくらバンス制度を活用することで、メンズエステの風俗店から給料を前借できるからといって、全てのメンズエステの風俗店がバンス制度を用意しているわけではありません。

中にはバンス制度がないお店もあることでしょう。
さらに、仮にバンス制度があったとしても、採用してくれないと利用できません。
基本的によほど人格に問題がない限り、メンズエステは女性を採用してくれるものですが、高級店のような採用基準が高い一部のお店の中には借金を抱えているなど、トラブルの種になりそうな女性は採用しないお店もあります。
それだけに、バンス制度を利用したい時は、自分でも採用してくれそうなランクのお店で、さらにバンス制度が用意してある求人を探す必要があります。

そしてこれば最も重要なのですが、バンス制度のある風俗店の中には悪質なお店もあるだけに、できるだけ法律を守っているような、優良なお店を探しましょう。
優良なお店を探すのであれば、全国に店舗があるような大手のメンズエステのお店がオススメです。
さらに、スカウトサイトのような、優良なお店でないと広告を出稿できない求人サイトで紹介されているメンズエステのお店なども良いでしょう。

バンスの注意点

注意 マークバンス制度を利用して給料の前借をしたら、同時に返済計画を風俗店側と一緒に練りましょう。
月々いくらぐらい稼ぐ予定なのか、その内の何割ならば返済にあてられるのかなどの返済計画を風俗店側と一緒に練ることで、より堅実な方法でバンスを返済できます。
そして返済計画が完成したら、同時に風俗店側にサインをもらいましょう。
特に返済期限や利息、返済方法、そして遅延損害金など細かいルールはしっかりと確認し、そしてサインをもらいましょう。

風俗店からサインをもらうことで、余計なトラブルやアクシデントに見舞われることなく返済をすることができます。
一方で、サインを渋るような風俗店はかなり怪しく、悪質なお店もあるだけに、バンスは利用しない方が良いかもしれません。
バンス制度を活用すると、借金がある間はお店を辞められず、メンズエステから抜け出せません。
それだけにしっかりと返済計画を練るのと同時に、サインをもらいましょう。

そうすることで安心して出稼ぎ先でバンスを利用できますし、余計なことを考えずに仕事に専念できます。