手コキ風俗で下着などこだわるメリット・デメリット

2023年12月14日

TastyCinnamonn / Pixabay

ファッションにはこだわるけど下着は彼以外にはみせないしどうでもいいかな。
そんな考えをもっていませんか?

手コキ風俗という業種は過激なプレイをしなくて済むので、下着にこだわる必要がないと考える女性もいるようです。
それは半分正しいですが、半分間違っています。
世の中の男性は女性の着衣から見える下着を見てなさそうで見ています。
もしあなたが下着に関してまったくこだわりを持ってない場合、気づかないうちに指名を減らしているかもしれません。

そんなわけで今回は手コキ風俗で下着にこだわるメリット・デメリットについて解説しましょう。

下着にこだわるメリットとデメリット

Good, Badヘルスやソープの場合、裸の商売なので脱ぐ前の下着にもこだわらなければいけません。
では脱がない・舐めない・触らせないの3ナイ業種で下着にこだわることにどんな意味があるのでしょうか。

手コキ店の場合は裸になりませんが、裸にならないこそ下着の重要性がより高まるのです。
下着にこだわるメリットは具体的には以下の3つがあげられます。

メリット

高級感を演出できる

まずはあなたの高級感を演出することでできる点です。
例えばミニスカの手コキ店で働いた場合、お客さんはあなたの下着がみえませんが実はよく観察しています。
外見から判断できなくても透けてみえる形、柄、色。
かがんだ時微かに見えるブラジャーや、しゃがんだ時にチラリとみえる太もも奥のパンティを覗いてしまうのが男性の習性です。

お客さんの妄想を二倍、三倍と掻き立ててくれるのがあなたがつけている下着なのです。
胸の小ささを気にしている女性であれば、バストサイズを大きく見せる下着をつければあなたをより魅力的にみせることができます。
他の業種と違い、お客さんの前で脱ぐことがありません。
たしょう胸を盛る下着を漬けていても外してがっかり、なんてことがないのが手コキ店の良いところです。

たとえ容姿が周りより劣っていたとしても素敵な下着を身に着けていればあなたの印象があがります。
このように脱がないソフトサービスだからこそ見えない下着に気を配る必要があるでしょう。
これが激安店で購入したオバサンくさい下着だったらどうでしょうか?
「顔が可愛いだけで美意識ない女だな」
と思われてしまいあなたの商品価値を下げてしまいます。
手コキ風俗では自分をいかにブランディングしてお客さんにファン化してもらうかが大事です。
下着にこだわらない美意識に欠けた女性では周りのキャストに埋もれてしまいます。

見えそうで見えない下着にこそ、あなたが周りと差別できる重要な要素が詰まっています。
下着がもつ高級感はあなたをブランディング化するうえで大切な衣装の一つといえるでしょう。

オプションを増やすことができる

チェックリストそしてあなたの稼ぎの柱、オプションを増やすことが可能になる点です。

手コキ店はソフトサービスなため、稼げる金額がヘルスやデリヘルといった他の業種に比べ少なくなっています。
その分人気嬢は、リピーターからの本指名料とオプション料金で上乗せします。
下着がお客さん好みであれば、たくさんのランジェリーオプションやその先を要求されるのでお給料を増やすことができます。
もちろん嫌であればオプションはNGでかまいません。

これが下着にこだわらないキャストの場合どうでしょうか?
下着がヨレていたり、上下バラバラであったり、清潔感のない貧相な下着ではその下をみたいとは思われません。
下着にこだわるということは、あなたの給料を増やすことにつながるのです。

指名を増やすことができる

そして上記の二要素を兼ね備えてることで、リピーターを増やすことができます。
ファンが増えれば必然的に本指名が増えていきます。
指名が増えればあなたの価値はよりプレミア化し、お店の待遇もよくなり、給料を大幅に増やすことができます。
太客を沢山かかえれば別の高級店からのオファーも届くかもしれませんし、とにかく優遇されます。

手コキクラブは単価が安く、回転率が勝負の業種です。
給料を増やすにはオプションや指名料で稼がないといけません。
下着にこだわらない女性は必然的に美意識に欠けるため、他のハードなオプションをこなさないと稼ぐことが難しくなります。
下着にこだわることはあなたのリピーターを増やすきっかけにつながります。

まずは男性ウケする下着をみにつけて、あなたのファンを増やしていきましょう。

デメリット

しかし下着にこだわることはもちろんデメリットも生じてしまいます。

お金がかかってしまう

まずはお金がかかってしまう点です。
普段使いの下着だけで済ましているのと違い、下着にこだわるにはバリエーションを増やす必要があります。
意外にやってしまいがちなのが、上下バラバラの下着を身に着けてしまうことです。
これは男性からガサツな女という印象を与えてしまいますので、上下セットで揃えたほうが印象は良くなります。

もちろん手コキ風俗店は下着を見せなくていい業種です。
しかしどこでどんな形で下着をみられているかわかりませんので、下着にこだわる場合はなるべく上下セットで身につけましょう。
トップブランドの高級下着を何着も用意する必要はありませんが、こだわった分だけお金がかかってしまうのがデメリットといえます。

お客さんを過剰に興奮させてしまう

手コキ風俗店は手コキだけでサービスをします。
女の子によってはお触りオプションを可能にしていますが、NGにしている女の子も多いです。
タッチNG、トップレスNGな女の子がセクシー下着をみにつけていると、興奮したお客さんから過剰サービスを要求されたり、セクハラされる恐れがあります。
もちろん興奮させなければ指名は増えない商売なので、ある程度男性が興奮する下着をみにつけるのは仕方がないことです。

しかし一部の迷惑なお客さんに対しては下着にこだわることが逆効果になってしまうのです。

風俗勤務がバレてしまう

シークレット私生活でそれほど派手な下着をみにつけない女性の場合、いきなり派手な下着をたくさん持っていると家族に怪しまれることがあります。
風俗で働く女性が最も嫌いなこと、それは家族や恋人友人に風俗務めがバレてしまうことです。

もちろん隠していれば風俗勤務はまずバレませんが、身バレリスクを抱えてしまうことはたしかです。
もしプライベートの自分と異なる下着を買った場合、保管場所をかえたり、コインロッカーを利用するなど周囲に見つからない工夫が必要となります。

どのような下着が風俗嬢にはオススメなのか

では手コキ店でみにつける下着はどんなものがオススメなのでしょうか?

お店のカラーやあなた自身のキャラクターにもよるので、正解を導き出すのは難しいです。
ですがおおむね風俗嬢が意識しているのはギャップを意識することです。
意外性のある下着は男性心を刺激します。
たとえばあなたの容姿が清楚系なのに、下着は派手、遊んでそうなギャルなのに、下着は清楚。

このように見た目と下着のギャップがあると男性はドキっとする性質をもっています。
意識してみましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

手コキ風俗で下着にこだわるメリットデメリットについて解説しました。
脱がないソフトサービスだからこそ、下着にこだわる女の子が人気を集めていきます。
手コキ店で働く女性にとってランジェリーは自分の商品価値を高める大事な商売道具の一つです。
最近は値段が安いのにハイブランドとかわらない可愛い下着が売っていますので、機能性より見た目を重視して、男性ウケする下着を探してみましょう。