風俗を引退して出戻りする予定なら手コキクラブがお手軽!

2023年12月14日

Pexels / Pixabay

風俗という仕事は将来辞めることを前提に働きます。
生涯現役の女性もいますが、多くの女性は目標金額に達したり、結婚を機にやめていきます。
しかしその一方で出戻りも多いのが風俗という世界です。

ほんの3ヶ月前辞めたばかりの女性が出戻りするのはよくあることで、多くの女性は昼の世界に馴染めずまた夜の世界に戻ってきます。
風俗店の店長はそれをわかっているので、出戻りしたい女性がいればあたたかく受け入れてくれます。
お店にとって働くキャストが一人でも多いほうが助かりますし、女の子は馴染みのお店で働くことで、すぐにお金を稼ぐことができます。
しかし業界に出戻るのなら、元のお店ではなく手コキクラブに出戻りしてみてはどうでしょうか。

ソープランドやファッションヘルスにくらべたら仕事内容はお手軽で、手コキだけで健全に働くことができます。
一度ハードな業種を経験しているのであれば、ソフトサービスの気楽さに病むことなく働くことができるでしょう。
というわけで今回は出戻りと手コキクラブについて解説します。

風俗嬢が足を洗う理由

まず風俗で働いていた女の子が辞める理由について考えていきましょう。
彼女たちはなぜ稼げる業界から足を洗うのでしょうか?

目標金額に達成したから(借金を返した)

お金わかりやすい卒業例としてあげられるのは目標金額に達成したから辞める、というものです。
風俗で働く理由は一にも二にもお金です。
中には首が回らない生活をしてバンス制度によって前借りをして働く女の子もいます。
ある程度お金がたまり、借金も返し、日常に返っても大丈夫な生活環境が整ったがから辞めるというものです。

彼氏が出来たから

また、恋人の存在が辞めるきっかけになる女の子は多いです。
彼氏がいない時は、見ず知らずの男性に身体を触られても何ら抵抗のなかった女性が、恋人ができた途端に抵抗を覚えてしまいます。
また、彼氏が養ってくれることで、風俗の収入に依存しない経済環境で生活できるという面も大きいでしょう。

恋人が理由だったり、結婚が理由の辞めるパターンはどちらかといえばおめでたいパターンといえるでしょう。

就職が決まったから

別のおめでたパターンとして、就職が決まって辞めていくパターンもあります。
風俗は就職活動の傍ら働いて、就職先がきまったら風俗は卒業というわけです。

また、一度会社をやめたとき、生活費を稼ぐ目的で風俗の世界に入り、再就職の目処がたったらやめていくケースもあります。
一度風俗を経験したことで、昼職ではお金を稼ぐ大変さが身にしみるでしょう。

店が合わないから

そしてよくあるのがお店が気に入らないから辞めるというパターンです。

条件が納得できない、嫌いなお局嬢がウザい、電話がならない、客層が悪いなどそのお店が嫌だからやめるというものです。
移籍して好転する場合もありますが、辞めることが癖になって移籍や出稼ぎしかできなくなる転々虫化してしまうパターンもあります。

親や知人にバレたから

そして女の子が最も恐れるのが身バレで辞めるパターンでしょう。

デリヘルであればお客さんが知人の家だった、ホテヘルであれば街を歩いていたら知人にばったり会ってしまった、というパターンです。
最近ではインターネットが発達したことで、ホームページのパネル写真から特定されてしまうことがあります。
家族に身バレしてしまうとどうしてもそのまま働き続けるのが困難になります。
また彼氏に内緒で働いていた場合、別れることになって心にキズを負うこともあります。

辞める理由として最も悲しいのが身バレによるパターンといえるでしょう。

風俗嬢が出戻りする理由

ではそんな理由で卒業した女の子がなぜまた風俗に出戻りしてしまうのでしょうか?
よくあるケースをまとめました。

お金が稼げるから

お金 金最もよくあるのがやはり、お金です。
一度でも風俗を経験した女性は金銭感覚が麻痺しています。
高層マンションに住める、ブランドモノは買える、海外旅行に好きなだけ行けるお金を稼ぐことができます。

しかし昼職に戻ったらこのような生活を捨てないとたちまち金欠です。
質素な生活を営み、スーパーでは値段を気にして買い物をしなくてはいけません。
風俗をやめれば精神的に楽になれるのですが、その代償に今までの豪華な生活を失ってしまいます。
それが嫌で風俗に出戻りしてしまうのです。

時間が自由だから

また、風俗の環境は一般企業にくらべとにかくシフトが自由です。
週末だけ、週4日だけ、と自分が働けるペースで好きな時間で働くことができます。
一方、就職した企業がブラックだったりするとサービス残業は当たり前、有給はとれず、たまの休みは一日中寝てサザエさん症候群に苦しむ生活です。

このような環境に疲れ、ホワイトなシフトで働ける風俗に出戻りしてしまうのです。

事情がかわったから

また、事情がかわったことで出戻りするパターンもあります。
結婚し経済的に困らない思った矢先に離婚したり、親バレしたけど勘当されて開き直ったなど事情がかわって出戻りするのです。

このように、辞めなければいけなかった事情がなくなったことで戻ってくる女の子はたくさんいます。

チヤホヤされるから

なんといっても風俗嬢はチヤホヤしてもらえます。
指名客は女の子に好意をもっているので、チヤホヤされるのが心地いいのです。

ところが一般企業に就職すると一番下になります。
雑な扱いを受け、理不尽な要求をされたり、上司にどやしつけられます。
今度は気に入らない上司の機嫌を取るためチヤホヤする側にまわらないといけないため、精神的に疲れます。
これが嫌でまた風俗に戻ってきてしまうのです。

風俗という仕事は昼職にくらべたらよほど精神的に満たされる職場環境なのです。

出戻りするのに手コキクラブがオススメな理由

チェックもし出戻りを考えているのなら、元の業種に戻るより手コキクラブがオススメです。
その理由としてあげられるのは、サービスの手軽さがあげられます。

恋人ができた女性が一度は卒業しても、別れて再び風俗に出戻りするのはよくあることです。
しかし、そんな彼女も再び恋人ができればまた辞めたくなります。
しかしソフトサービスの手コキクラブは、オールハンドで仕事ができるため、彼氏に対する罪悪感をもたなくて済むのです。
求人をみればヘルスやソープに比べれば給料面は劣りますが、昼職にくらべれば十分です。

「そんなこといっても手コキクラブは容姿がいい若いコしか働けないんでしょ?」
と思われるかもしれませんが、あなたには風俗で働いた貴重な経験があります。
周りの女の子が敬遠する激しいオプション、お触り、キス、フェラのどれかを可能にすることで、あなたの武器をいかして指名を増やすことができます。

もちろん客全員にする必要はありません。
お客さんのタイプを見極めながら「この人ならアリかな」と思った相手にだけオプションを追加すればいいのです。
彼氏ができた場合のみオプションNGにすれば後ろめたさを感じる必要はありません。
ヘルスやソープで働くと全員にしなくてはならないキス・フェラも、相手を選べる手コキクラブなら病むことはありません。

以上のことから、出戻りを考えている場合、手コキクラブやソフトサービスがオススメです。

まとめ

いかがでしょうか。

出戻りと手コキクラブについてまとめました。
人間は楽なほうに流されてしまう生き物なので、一度体験した風俗に出戻りしてしまうのは自然の摂理かもしれません。
もし出戻りしようか迷っているのなら、少しでもお手軽に働ける手コキクラブがオススメです。
風俗求人サイトで自分にあったお店探しをして、面接に足を運んでみましょう。