託児所と提携してるM性感店はありますか?店舗預かりは嫌です

2023年12月14日

PublicDomainPictures / Pixabay

ご結婚されている女性が風俗嬢として働くケースも大いにございますが、子供を抱えている状態で風俗嬢として働く女性の多くはシングルマザーの方だと思います。
もちろん主婦として旦那さんの出勤に際してお見送りをした後、子供がいない時間帯に絞って風俗嬢として働く女性もいらっしゃると思いますが、何かしら私生活でトラブルに見舞わられてしまったからこそ風俗業界への道を進むという女性が多いのではないでしょうか。

シングルマザーの方が社会進出することは充分に可能だと思いますし、実際風俗店ではシングルマザーでも歓迎してもらえるケースが多くございます。
しかし働く女性からしたら子供の事がとにかく気がかりで仕方ないことでしょう。
自身が働いている間に何か起きてしまっては後悔してもしきれない気持ちに苛まれることになると思います。
なるべく自身が働いている間は、誰か親御さんであったり知り合いに子供の面倒を見てもらいたいと考えますが、他の人を頼ることが出来ない境遇にいる女性もいらっしゃると思います。

そうした際、託児所と提携している風俗店で勤務する事を選ぶと、安心して働きに出る事が出来ますし子供を養うこともゆうにできる程の収入を得ることが可能となります。
M性感店で勤務する際に、託児所と連携しているお店があるのかどうか、託児所のシステムも含めて詳しく調べてみましたので是非参考にしてみて下さい。

M性感店でも託児所と提携しているお店はある!

子供 女性まずタイトルの質問に対しての回答となりますが、M性感店でも託児所と提携しているお店はございます。

実際人妻系のM性感店などもあることから、プライベートで20代後半から30代くらいの女性が頭を抱える傾向にある問題に対して事前に対処法を確立しているお店は多く見受けられるように感じました。
また、「託児所と提携しています」と謳っていながら内情は店舗預かりだったというケースは稀になっているようで、託児所をしっかりと紹介してくれるお店ばかりとなりますので、求人情報から託児所と提携しているお店を見つけることが出来れば、その点は安心していいのではないでしょうか。
今回は託児所に絞ってご説明いたしますが、実際店舗預かりでも良いようでしたら託児所と提携していないお店でも柔軟に対応してくれることが大いにございますので、どうしても自身の希望とマッチするお店を見つけることが出来なかった際には店舗預かりも視野に入れるようにして下さい。

「提携」とは言えないお店に注意

しかし、「託児所と提携している」という旨の記載を見つけることが出来たとしても、安易に文字通り捉えないようにした方が良いでしょう。
というのも、実際面接に足を運んで託児所のシステムなど掘り下げて聞いてみると、提携しているわけでは無く単に紹介してもらえるという形のお店が多くあるようです。
託児所は保育園や保育所と違い、入所するための審査が緩く多くのシングルマザーが利用する事が出来るようになっているのが特徴となっております。
その分料金が保育所などと比べると割高になっているのですが、「提携している」と聞くと時間や料金に何かしらの配慮がされるという点を期待する女性もいらっしゃると思います。

実際提携しているわけでは無く紹介してもらえるというだけだと、自身で動いて託児所を探すのと何ら変わらない形になってしまいますので、そのお店と託児所がどれくらい密な関係にあるのかを把握する必要はあると覚えておくようにして下さい。
もちろんしっかりと提携している風俗店もございますし、実際紹介するというだけであったとしても土地勘に疎い女性でしたらありがたくも感じられると思います。
託児所と勤務先である風俗店が近くにあるケースが多くなりますので、送り迎えも簡単に行う事ができるのもメリットと言えるでしょう。
働きながら子育てを上手に出来るように、自身の置かれている状況も顧みながら託児所と勤務先を選ぶようにして下さい。

託児所のシステム

矢印 行程託児所を利用したことが無いとシステムに関してもあまり詳しくないと思いますので、その辺りにも触れておきたいと思います。
託児所は前述致しましたように、保育園などと比べると入所審査が緩く、言ってしまえば誰でも利用する事が出来ます。
その分料金は高くなりますが、その料金も月極で支払うか一時利用という形で支払うかで違いが生まれます。

そもそも託児所がしっかりと自身が働く時間に営業しているかどうかも確認しなくてはいけませんので、その点も失念しない様に気を付けましょう。
話を戻しますが、月極で利用する場合には大半の託児所が営業時間内で8時間程度、週に6回まで預ける事が出来て月額6万円から12万円程度負担する必要があります。
預ける回数や託児所の料金設定によって幅が生まれますが、高くても月額10万円程度はかかると思った方が良いでしょう。
そして一時利用の場合。

一時利用は急な託児にも対応してくれることが多く、その分料金はさらにかかることになります。
大体の託児所が30分単位で計算していて、30分300円から800円。
60分だと600円から1200円程度支払うことになります。
仮に30分300円だったとしても8時間預ければ一日4800円かかることになり、週5日預けたら24000円。

4週間で10万近くになります。
最も安い料金設定でも一時利用でしたら月換算で10万円近く。
月極支払いだと6万円となりますので、その差が分かりやすいのではないでしょうか。
託児所を利用する際には入会金を支払う時に面談を執り行ってくれるところがほとんどとなりますので、その時に詳しいシステムに加えて自身の置かれている状況から起こり得る問題に対応してもらえるかどうかも確認すると良いでしょう。

急に働かなくてはいけなくなった際に対応してもらえるのかはもちろんのこと、働く時間や自由出勤制であることから働く曜日も決まっていない方がいらっしゃると思います。
託児所の方に遠慮なく要望を伝える事が出来れば、その分仕事に集中する事が出来て効率の良い稼ぎを実現することが出来ると思いますので、遠慮せずに自身の置かれている状況を理解してもらうようにしましょう。
女性 子供保育所と違って託児所は少人数で運営していることが多く、その分保護者の方のことを親密に考えてくれたり、子供の面倒をしっかりと見てくれる傾向にあると言えます。
抱えられる子供の数に限度があるからこそ、手厚いお世話が期待できると思いますので、出来る限り活用するようにして下さい。

まとめ

託児所に預ける事ができる子供の年齢も何歳まで大丈夫なのか気になるという方もいらっしゃると思いますが、大半の託児所は小学校入学前の子供まで対応してくれるようです。
小学校に通うようになれば子供が学校に行っている間だけ出勤して働くことが出来ると思いますし、ある程度大きくなれば目を話しても大丈夫と考える親御さんも多いと思います。
数年間だけ大変な思いをすることになってしまいますが、その大変な思いを少しでも和らげる事が出来るように運営されているのが託児所などの施設と言えます。

他者の力を借りる事があまり上手では無い女性もシングルマザーの方には多いと思いますが、協力してもらいながらでも子供の成長を目にすることが出来れば、毎日の仕事にもやる気が生まれると思います。
自分のためにも子供のためにも、託児所を有効活用して上手に働くようにしてみて下さい。