M性感で正直しんどいと感じたプレイ

2023年12月14日

JerzyGorecki / Pixabay

今回のテーマはM性感で正直しんどいと感じたプレイ、と言う事についてです。
M性感には様々なプレイがあると思います、その中で嬢達が感じた正直しんどいプレイと言う事をメインにこれから色々と書いて行きたいと思います。

しんどいプレイ

M性感で正直しんどいと感じたプレイ、と言うのが今回のテーマになります。
正直しんどいと感じるプレイは嬢によって違ってくるとは思います、M性感には本当に様々なプレイが存在するのです。
風俗ジャンルを総合的に見てもこのM性感と言う風俗ジャンルのプレイは特に他の風俗ジャンルと比べてもしんどいプレイが多いのではないかと思います。

風俗には基本的にソフトはサービスを展開している風俗ジャンルと、ハードプレイを展開している風俗ジャンルがあります。
M, アルファベットM性感がどちらに当てはまるかといいますと、ハードプレイのジャンルになるのではないかと思います。
つまり、いわゆるお店で提供しているプレイ内容と言うのはしんどいと思っておいた方がいいと思いますし、実際しんどいと感じる嬢も中には沢山いると思います。
故に、このM性感のジャンルはMであるお客を責める事が好きと本気で思っている女性でないと、プレイしていく事がしんどいと感じる連続になってしまうように思います。

いくら仕事と割り切っていてもしんどいケースと思う瞬間は多々あるのではないでしょうか。
では具体的にどんなプレイがしんどいと感じるのか、と言う事なのですが、沢山あるしんどいプレイの中でも軽い方のしんどいで言いますとアナル系のプレイはしんどいと感じる人が多いのではないかと思います。
M性感にはアナル舐めと言うプレイもあります、通常恋人である彼氏のアナルでさえ舐めると言う女性は中々いないのではないかと思います。
好きな人のアナルでさえ舐めるのに抵抗があったり、アナルはちょっと、と感じる人が多い中いくらお金がもらえるからといって好きでもない人のアナルを舐める、しかも舌を入れてかき回す、などと言うプレイは通常の精神状態では中々できないのではないでしょうか。

M性感嬢ならやるしかないですが、正直しんどいプレイになるように思います。
次は即プレイ系です、即プレイとは例えば即キスであったり即全身リップをする、と言ったプレイなのですがシャワーも浴びていないお客の汚くて臭い身体を接客が始まっていきなり舐めると言うのはしんどいと思います。
しかし、これらはあくまでM性感と言うジャンルを始めるなら事前に分かっている事ですし、しんどい中でも軽い方のプレイでははあると思います。
単純にできないなら、したくないと思うなら違うジャンルに変えるまでだと思います。

言ってみればアナル舐めや即プレイ、更には淫語で興奮させるプレイなどよりも遥かにしんどいと感じるプレイは嬢によっては沢山あるのです。
得意不得意もあると思いますし、プレイとの相性などもあると思いますので一概に言えない所はありますが、どんなプレイでも結局はお金を貰えるからがんばれる、そしてやっていけば慣れであったり要領が掴めてくるものだとは思います。
更にしんどいと感じるプレイについてこのあと書いていきます。

しんどいの核心

手錠 女性今回のしんどいプレイと言うテーマで一番思う事は、やはりすべてのプレイがしんどい、と言う事が正直なところだと思います。
これはどういう事かと言いますと、M性感とは基本的にはお客がM、つまり受け身であり嬢が責める側と言う状態でプレイをしなければ行けません。
つまり嬢自身が自分の力で、そして様々なM性感のプレイでお客を興奮させそして責め上げなければいけないのです。
つまり、それぞれのしんどいと感じるプレイでもしっかりとM性感嬢らしくプレイし、そして高い満足感をお客に与えないと仕事にならない、つまり稼げなければお客もつかない、と言う事になってしまいます。

このプレッシャーと言いますか、そうなってしまう状況、しんどいプレイをしているのにも関わらず結果がでないと言う状況こそが何よりしんどいようにも思います。
腹をくくってこれだけのしんどいプレイをしてきたのに、そしてこんなにもがんばって働いてきたのに指名が増えない、給料が上がらない、更には病気になってしまった、などと言う事が一番、と言いますか本当にしんどい状況だと思います。
M性感が初めてのお客の場合ですと、初回は簡単に行くかもしれませんがやはり継続して来店してくれるお客であったり指名のお客、ドエムのお客などは回数が増えていくにつれて自分もアップデートし更なる興奮を与えていかないとお客に浮気されてしまう事にもなりかねないのです。
お客も求めるクオリティーはどんどん高いものになってくると思いますし、慣れも出てくる為最初の頃の興奮や同じプレイでもマンネリ化など色々とリアルなしんどい事というのは現実的にあると思います。

どんなプレイも結局はしんどいのが正直なところではありますが、しかしそれらをやるよりもそれらをやってお客を本当の意味で満足させなければいけない、と言う所が嬢としてはリアルでしんどい所なのではないでしょうか。
そして最後に前述で書いてきたしんどいプレイの更にしんどいと思うプレイを書いてみたいと思います。
本当に沢山あるので書いていたらキリがないとは思いますが、例えばドライオーガズム系のプレイがしんどいと感じたり、睾丸マッサージ系のプレイをしんどいと感じたり、あるいはお客を潮吹きさせるプレイをしんどいと感じる、など嬢によって様々にあると思います。
前述でも書きましたが、本当に責めるプレイが好きでないとM性感嬢は勤まらないと思います。

女性結局、どのプレイもMのお客を喜ばせそして興奮させるようなプレイばかりです、軽いものからドキツいもの、更には難しくスキルのいるプレイヤ、Mのお客に毎回付き合うしんどさなど、言い出したら本当にキリがないと思います。
好きじゃんないとまず長くは続けられない風俗ジャンルだと思います。
そして好きだけではお客は付きません、確かな知識とスキルがないと結果はついてこないのです。

まとめ

M性感で正直しんどいと感じたプレイ、と言う事について色々と書いてきました。
どんなプレイをどうしんどいと感じるのか、と言う事は一人一人の嬢によって変わってくるとは思います。
お店によって展開しているプレイも違ってくると思います。
何れにしても、M性感のプレイと言うのは基本メニューから無料オプション、更には有料オプションまで本当にしんどいプレイばかりです。

お客であるM男、つまり受け身の男性をしっかりとプレイ一つ一つで責める事ができないとM性感嬢としてはしっかくなのです。
プレイ自体もしんどいですし、そのしんどいプレイをして結果がでない事が更にしんどいと思います。
このジャンルは本気で責める事が好きな嬢しかできないようにも思います。
やはり得意不得意と言うのはあると思いますので、自分にあった風俗ジャンルで働いてほしいですし、結局はどのジャンルや店で働いてもそれなりしんどい事は沢山あるため、そうおもって今の所で精一杯頑張るのも1つだと思います。

極論、お金を貰ってしんどいプレイをやるのか、それともやれないのか、と言う事だけです。
しんどい、むずかしい、やりたくない、できない、すべてこれらの感情はイコールにできると思います。
自分がM性感嬢として何をどこまで出来るのか、と言う事を理解する必要がありそうです。