メンズエステはハードなサービスが無いけどお客さん来るの?

2023年12月14日

monicore / Pixabay

メンズエステとは、エステと性的サービスの両方を楽しむことのできるサービスです。
他の風俗とは違いエステの占める割合が強い為、稼ぎたいけど性的サービスはあまり好まない女性が多く在籍しています。
しかし、「性的サービスもハードなプレイも無いのに客は利用するのか?」心配になる女性もいると思います。
実際のメンズエステではそのような心配は少なく、多くの男性客が利用しています。
なぜ、メンズエステは多くの利用客がいるのか、そして稼げるのかを簡単ですが説明します。

メンズエステは風俗なの?

マッサージ一概にメンズエステといっても、風俗の回春エステと、性的要素のない一般男性向けのエステに分かれます。
メンズエステ自体は風俗ではありません。
女性スタッフが男性客をエステすることで、心と体がスッキリリフレッシュする店の事です。

ですが、メンズエステの中にはエステだけではなく、性的サービスをすることでスッキリさせることも追加したメンズエステが存在するようになりました。
それら性的サービスも追加されたメンズエステの事を、一般のメンズエステと区別する為、回春エステと呼ばれるようなり広く普及しています。
その為、メンズエステ自体は風俗ではありませんが、回春エステは風俗という分類になります。
しかし、もともとは同じエステということもあり、回春エステもメンズエステと呼ばれることが多くあります。

実際の内容も、性的サービスの有無くらいしか大きな違いはありません。
また、メンズエステが風俗サイトに紹介されることが多いことから、メンズエステ=回春エステを思われることが多いようです。

メンズエステのプレイ内容

メンズエステの内容は店ごとに決められたコースによって変わります。

メンズエステのサービス内容は、基本的には女性用のえすてとかわりはなく、オイルマッサージを行います。
リンパの流れを改善、デトックスを促し、体の中の老廃物を押し流します。
また、血行を良くし疲れの除去と余分な脂肪を分解します。
他にも、指圧、垢すり、柔軟マッサージ、足つぼなどを行い全身くまなくエステを行います。

全身のケアと、室内に焚かれたアロマオイルの臭いが心と体を同時にリラックスさせてくれるでしょう。
回春エステでは、全身のケアの他に、男性器の愛撫も含まれます。
愛撫をしてくれると言っても、メンズエステはヘルスの様な下半身を使用したサービスは行いません。
その為、愛撫する方法は手コキ、フェラ、パイズリになります。

ですが、基本的には手コキのサービスが一般的で、フェラやパイズリはほとんど行いません。
というのも、メンズエステの基本は風俗ではなく、あくまでエステが目的のサービスだからです。
エステをしてもらうついでに、射精をさせてもらう為、フェラなど、あからさまな風俗サービスは行いません。
ただし、店舗によってはサービスに組み込んでいたり、オプションとして追加で着る店舗もあります。

回春エステは、手コキなどのノーマルなサービスの他に、前立腺マッサージというアブノーマルなサービスも行っています。
前立腺マッサージとは、男性のアナルの中に指を入れ、、愛撫にある前立腺を刺激するマッサージです。
前立腺は刺激し続けることで、痛いような気持ちがいいような奇妙な感覚を味わうことが出来ます。
そして、さらに刺激し続けることで射精のない絶頂、ドライオーガニズムに達することが出来ます。

気持ちいいかどうかは人それぞれですが、普段味わうことのない刺激と快感を求め、前立腺マッサージを求める男性は大勢いるそうです。

メンズエステが売るポイント

Importantメンズエステの一番の魅力はエステになります。
そして、エステのついでに性的サービスでスッキリすることが目的となっています。

その為、女性のスタイルや容姿など、風俗店が売りにしている要素は二の次として扱われやすいです。
メンズエステを望む客の多くはエステ目的に利用しますが、中には、前立腺マッサージ目的で利用する客もいます。
マッサージとはいえ、本来アナルを弄るようなプレイは、ハードプレイが売りのSMプレイの領分です。
しかし、SMクラブはハードでアブノーマルな印象が強く、ドライオーガニズムを感じたい変態フェチでも入店しづらい雰囲気があります。

そこで、前立腺マッサージというSMクラブよりも気軽なサービスを受けられる、メンズエステを利用するわけです。
「アナルに指を入れられるのは嫌」と感じる客もいますが、メンズエステでしか味わうことのできない、異色のマッサージはエステと共にメンズエステが誇るサービスであると思います。

メンズエステは稼げるのか?

メンズエステは風俗要素が少なく、稼げないと思われがちな部分があります。

しかし、実際の収入は多く、十分に稼げる業種です。
メンズエステで重要なことは、エステの技術で、容姿や性格、ましてや性的サービスではありません。
実際に行ってみるとわかりますが、エステというものは一長一短にできるような簡単な技術ではありません。
リンパの流れや血行の流れ、シェイプアップの仕方や脂肪燃焼のアプローチなど、様々な知識が必要です。

さらには、唯エステを行うだけではなく、気持ちがいいと感じてもらわなければなりません。
痛いだけのアプローチは、そこら辺のマッサージ店だけで十分です。
そららの技術を覚え実行することは、風俗業というより専門職と言えるでしょう。
専門職とは、その仕事に関するエキスパートで、他の人には真似できないような技術や知識を要する仕事のことです。

当然、代わりとなる人物はそんなにおらず、それに見合うだけの給料が与えられます。
その為、メンズエステの仕事は、代わりのいない技術を要するとされ、風俗サービスが無くても稼げるとされます。
とは言うものの、エステとは風俗とは違った大変さがあります。
風俗でもサービスをすれば疲れ大変ではありますが、手や口など愛撫する部分を変えることで、多少は疲れている部位を休ませることが出来ます。

また、攻めることが好きな客も多く、その間は客に任せて休むことが出来ます。
なんにせよ、女性の方からうまく調整することで体を休めることが出来ます。
しかし、メンズエステなど女性主体で行うサービスではそうはいきません。
技術を売りにしている為、疲れたからといって手を抜くことはそのまま評判につながる為、常に最善のサービスを心掛ける必要があります。

マッサージまた、エステを行う部分は主に手を使用する為、手が疲れやすくなります。
オプションなどによってはフェラなどもあり得ますが、そんなに多くはないでしょう。
風俗では、全身を使用したサービスにより疲れますが、メンズエステでは、エステする手と十全にこなすための体幹の仕組みが疲れます。
ただ、メンズエステは他の風俗よりも病みにくいと言われています。

風俗で働く女性は、しつこい客の相手や強引な客からの攻めにより病んでしまう女性がいます。
しかし、メンズエステは女性主体なサービスであり、お触り禁止な為、本番強要の客や強引な攻めの客はあまりいません。
中には「触らせて」「服脱いで」などうるさくしつこい客もいますが、本番強要より幾分か楽でしょう。
他にも、風俗よりも健全と判断し気持ちが楽になるなど、精神的に良く病みにくい様です。

メンズエステは、性的サービスが無くエステだけのサービスの為、精神や肉体的にも楽と見られがちですが、エステ独自の動きや女性主体で行いつつけるための体力など、ハードな部分が多い業種です。

まとめ

極論を言ってしまえば、望む客がいるから見せは繁盛し潰れない訳で、メンズエステも望まれているから稼げるわけです。
メンズエステに何を望むかは人それぞれですが、ハードなサービスが無くても多くの男性客は利用し満足しています。

メンズエステだけの話ではないですが、入店した際は、ハードなサービスが無いから安心というわけではなく、ハードなサービスが無くても人気になるような技術を身につけましょう。