メンズエステのバイトで生理中はナプキン?海綿入れる?

2023年12月14日

qimono / Pixabay

風俗嬢にとって生理といえば悩みの種の一つでしょう。
なにしろ一旦生理が始まると身体が辛くなる事に加え、アソコからも出血が出るだけに、とても性サービスを提供できるような状況ではありません。

それだけに、風俗嬢の中には海綿スポンジを入れてその場を凌ぐ女性もいるのですが、メンズエステに関していえばナプキンでも問題なく接客できるでしょう

メンズエステで働くメリット

マッサージメンズエステというと、風俗の世界でいうとソフトサービス系の風俗店に分類されます。
そのため、給料に関して言えば、デリヘルやソープのようなハード系の風俗店と比較すると安くなってしまうのですが、その一方で様々なメリットを享受することが出来ます。

そもそもメンズエステとは、性感帯を中心に刺激を与えるマッサージをするお仕事で、性サービスといっても手コキぐらいしかやらないです。
プレイ中、男性は常に受け身になって風俗嬢のマッサージを堪能することになるため、男性から責められることはなく、触られたり、舐められる心配も無用です。
手コキこそありますが、キスやフェラ、69、そして素股といった粘膜接触のある行為はやらないため、性病の感染リスクが低いというメリットがあります。
それに加え、接客中は服を脱ぐ必要がないため、人前で脱ぎたくないという女性でも働ける職場です。

メンズエステで働く女性の中には今まで一度もマッサージの仕事をしたことがない風俗嬢もいることでしょう。
その点に関しても、お店によってきちんと講習があるため、安心して働けます。
さらに、メンズエステといっても風俗店となるため、お店の多くが自由出勤制を採用していることが多く、風俗嬢はシフトを自由に調整することができます。
つまり、働きたい日に働き、休みたい日にはいつでも休めるということです。

他にも、歩合制であるため、人気の多いメンズエステ嬢ともなると、給料が右肩上がりに上昇します。
リピーターの多いメンズエステ嬢ともなると、普通のOLの倍以上の給料も夢ではありません。
なにより、メンズエステは風俗の世界において、生理中の女性であっても出勤しやすい労働環境があります。
どれほど風俗嬢として働きたいと思っても、一旦生理が始まったら仕事が出来ません。

しかし、メンズエステであれば、服を着たまま接客が可能となりますので、ナプキンでも大丈夫です。

風俗嬢が生理になるデメリット

風俗嬢が生理になると、どのようなデメリットが生じるのでしょう?
まず考えられるデメリットが、心身ともにキツくなるため、仕事に差し障りが生じます。

そのため、風俗店に限らず、普通の会社でも生理中の女性に対して生理休暇を認めることが多くあるものです。
ただ、普通の会社と違い、風俗嬢は歩合制で働いているため、生理休暇が認められたところで、給料は発生しません。
出勤し、接客をすることではじめて風俗嬢は給料を稼げるのです。
貯金の多い風俗嬢であれば、一週間程度生理休暇で休んだとしても、貯金で食いつなぐことが出来るでしょう。

しかし、金欠気味の女性であったり、高級マンションのような家賃が高い場所に住んでいたり、シングルマザーのような子供の養育費を稼がないといけない女性ともなると、たとえ生理といえどお金のために働かざるを得ません。
ただ、どれほど風俗嬢が生理中に働きたいと思ったところで、流石に生理の影響でアソコから出血している状態では接客など出来ません。
もしも接客中に出血があれば重大なクレームに発展するため、お店の方でも生理中の風俗嬢の出勤は断るものです。
生理中だけれど、どうしてもお金が欲しい、そんな時、風俗嬢の選択肢としては、メンズエステのような生理中でも着衣のまま接客ができる仕事を選ぶか、もしくは海綿スポンジを使用することになります。

海綿スポンジを使用する理由

海綿風俗嬢が生理中に海綿スポンジを使用する理由とは偏に、アソコからの出血を防ぐためです。
海綿スポンジをアソコに入れておくと、出血を海綿スポンジが吸収してくれるため、お客さんの前で裸になっても安心です。
海綿スポンジさえアソコに挿入しておけば、たとえ生理中であろうとも素股といった激しいプレイをこなすことが可能です。

海綿スポンジそのものはドラッグストアなどで販売しているのですが、デリヘルやソープなどのお店によっては万が一の事態に備えて海綿スポンジを常備しているものです。
アソコに異物を入れるとなると、女性によっては人体に害がないか心配なところでしょう。
その点、海綿スポンジは身体に優しい天然素材で出来ているため、安心です。

海綿スポンジの使い方

もしも風俗嬢が海綿スポンジを使用する場合、どうやってアソコに入れたら良いのでしょう?
海綿スポンジはそのままのサイズだと大きすぎるので、使用するにあたってまずハサミで細かく切り分けます。
この時、小さすぎると出てしまうため、アソコよりも若干サイズを多めに切り分けると良いでしょう。
次に、そのまま入れると雑菌がアソコに入ってしまうため、よく洗いましょう。

海綿スポンジを清潔な状態にしたら、後はアソコに入れるだけです。
ただ、海綿スポンジをアソコに長時間入れると、雑菌が繁殖し、性病に感染する恐れがあります。
そのため、出勤する前に入れる必要はないです。
最適なタイミングというと、接客をする前で大丈夫です。

海綿スポンジがバレる可能性

メンズエステの風俗店の中には、オールヌードにこそなりませんが、オプション次第では裸も同然の格好で接客することもあるでしょう。
そのような時に海綿スポンジがあると、出血の心配をせずに接客できます。
普通にマッサージをしている分には海綿スポンジがあることがバレる心配はありません。

そのため、メンズエステの風俗嬢が接客中に海綿スポンジを使用したとしても、特に問題はないでしょう。
ただし、デリヘルやソープのような仕事をしていると、時にアソコに指入れされたり、中には本番をすることもあるでしょう。
素股ぐらいであれば問題はないのですが、指入れや素股をすると確実にバレるでしょう。
この時、たいていのお客さんは海綿スポンジを入れていたところで、クレームに発展することはないです。

事前に今日は生理中だと伝えておけば、許してくれるでしょう。
しかし、風俗客の中にはちょっと面倒なことがあるとすぐにクレームを入れるようなウザイ客や、風俗嬢にいちいち文句を垂れる説教客などもいます。
このようなウザイ客や説教客を相手に接客している時に指入れされ、海綿スポンジがあることがバレた時、面倒なトラブルに発展する恐れがあります。
そのため、海綿スポンジを入れて出勤をする際には、事前にお店側に今日は海綿を入れていることを伝えておきましょう。

そうすることで面倒なお客さんを接客しないように配慮してもらえることでしょう。

取れなくなった時の注意点

注意 マーク海綿スポンジを使用するにあたり、簡単には出てこないようにサイズをアソコより大きめに切り分けることが多いのですが、そうするとたまに海綿スポンジが取れなくなるなどのトラブルに見舞われることがあります。
この時、無理に指を突っ込んで取るような真似は避けましょう。

女性にとってアソコはとてもデリケートな部分です。
指を突っ込んでガシガシと引っ掻くとアソコを傷つけ、出血する恐れがあります。
そうなると、雑菌が入り、性病に感染する恐れがあります。
海綿スポンジが入って取れなくなった時は、まずはシャワーを浴びましょう。

この時、シャワーをアソコに当て、海綿スポンジを濡らしましょう。
海綿スポンジが水分を吸収し、重くなると、アソコより取りやすくなります。
それでも海綿スポンジが取れない場合は、産婦人科に相談し、医者に取ってもらいましょう。
海綿スポンジは生理中の風俗嬢にとって必須のアイテムです。

ただ、メンズエステに関して言えば、お店次第ではナプキンでも接客することが可能でしょう。
海綿スポンジの使用が面倒だという女性にほど、メンズエステの仕事はオススメです。