手コキ店で何度もお茶引くなら移転か業種変えをおすすめします。

2023年12月14日

Buntysmum / Pixabay

はじめに

手コキ店は風俗全体の中でも負担が軽く気軽に働けるお店です。
しかし、風俗である以上、お客さんが取れずにお茶を引いてしまうと思うように稼げません。
手コキ店でお茶を引く場合、女性に原因がある場合とお店に原因がある場合に分かれています。

女性に原因がある場合には接客態度を改めることで対応できますが、お店に原因がある場合には本人の努力では対処できません。
お店を移籍したり、業種を変えることで対応しなければならないのです。
ここでは、手コキ店でお茶を引いてしまった場合の対処法について紹介したいと思います。

客引きが悪い場合には、最初に接客態度を見直そう

手コキ専門店はサービスが軽めのお店なので、風俗嬢の負担が軽く、特別なテクニックも要求されません。

ただ、負担が軽いからとサービスを手抜きしてしまうと指名が取れず、お茶を引く可能性が高まります。
お茶を引いているのであれば、サービス内容を見直したり女性らしさに磨きをかけることで男性を魅了できるよう、心がける必要があるのです。

サービスの手抜きは厳禁

禁止 no手コキ専門店も風俗店である以上、出来高制のお店です。
指名が取れずお茶引きの状態が長引くと、いくら出勤しても1円の稼ぎにもなりません。

お茶引きの状況が続いているのであれば、接客態度を見直す必要があります。
手コキ店で人気薄となるのは、単調に手を動かしているだけだったり、すぐに男性を最後まで導いてしまう女性です。
そのような女性から接客を受けても男性はぜんぜん気持ちの良い思いができないので、リピートしようとする気持ちにはなりません。
サービスをする場合、男性の反応を確かめながら手の動きに強弱をつけ、男性が果てない緊張状態をなるべく長く維持できるよう心がけなければなりません。

また、サービス時間を最大限に活用し、男性が長く楽しめるように意識すべきです。
このようなサービスを心がければ強い快楽を男性に与えることができ、男性の満足度を高められます。
そうすれば、本指名を得られるようになるはずです。
サービス内容が単純だからと投げやりな態度で接客しては、男性が不満を抱いてしまい指名に繋がりません。

お茶を引いているのであれば、最初に接客態度を見直す必要があるのです。

女性らしさにも気を配る必要がある

手コキ店では原則として女性が着衣のまま接客します。
私服のまま接客するお店もあり、その分、女性らしさには気を配らなければなりません。
というのも、男性客は可愛らしい女性に手コキされるという状況に興奮するからです。

風俗で働く女性の中には、いかにも風俗嬢と分かるような安っぽい服装や濃いお化粧をする女性がいますが、それはNGです。
カジュアルな服装でも問題ありませんが、ジーンズのような女性の魅力を下げる服装は避け、女性らしさが強調できるようにワンピースやスカートを着用して出勤すべきです。
また化粧についてもナチュラルメイクを心がけ、いかにも普通な女性な感じを演出すべきです。
風俗嬢だからと居直って、女性磨きを怠るようだとお茶引きにつながってしまうのです。

積極的なサービスで男性を魅了しよう

女性 セクシー手コキ店では男性客が女性キャストに触れることは許されません。
しかし、女性キャストから男性に触れることは可能です。
そこで、接客時に少し男性客に密着してみたり、軽くキスしたりするだけでも男性客の反応を変えることができるようになります。
もちろん、必要以上に過剰なサービスをする必要はありません。

しかし、身体を密着させて胸が男性の背中や腕に軽く触れるだけでも、男性は得した気持ちになれるものです。
また、サービス内容だけではなく接客態度にも注意が必要です。
風俗店を利用する男性はシャイな人が多く、女性に対して緊張している場合があります。
そのような男性に対して無言で接客しては、居心地の悪い思いをさせてしまいます。

コミュ力のない男性が相手の場合には、笑顔を見せながら話しかけて心の距離を近づけるべきです。
特別な会話術は必要なく、気さくな態度で友達のように振る舞いながら笑顔を見せるだけで大丈夫です。
シャイな男性に好印象を残せれば自ずと指名に繋がって、お茶引きを回避できるようになるはずです。

本人に理由がない場合には、お店の移籍や業種変えを検討しよう

所属している手コキ店に営業力がなく集客に問題がある場合には、女性の努力だけでは対処できません。

そのような場合には、お店や業種を変える必要が生じます。
手コキ店での勤務に適性を感じているのであれば、同業他店への移籍がおすすめです。
また、ぽっちゃり体型をしている女性なら、他の風俗店に業種変えした方がお客が取れる可能性が高まります。

客引きが悪いお店なら、お店を変える必要がある

手コキ専門店には、客引きの良いお店と悪いお店があります。

サービス料金を安めに設定し、財布への負担の軽さを積極的にアピールして多くの客入りを実現させているお店もあれば、強気な料金設定をしていたり、立地の悪さを理由に客入りが悪いお店もあります。
客入りの悪いお店では、店内ナンバーワンの女性であっても十分に稼げていません。
フリー客が来ないのであれば、いくら女性に器量があってもお茶を引いてしまうのです。
自分だけではなく同僚女性の多くが暇しているようであれば、問題があるのは女性ではなくお店です。

そのようなお店では、出勤しているだけで時間の無駄になってしまいます。
お店の客入りが悪いのであれば、一刻も早く他店への移籍を検討すべきです。
移籍先を選ぶポイントとしては、やはり、サービス料金が安めなお店が狙い目です。
客入りの良い手コキ店の多くは風俗業界最安値を売りにしていて、そのようなお店に所属すれば多くのフリー客にも恵まれます。

たしかに、低料金なお店に移籍すると1本あたりのバックは下がってしまいます。
しかし、客数には恵まれるのでトータルでの稼ぎは間違いなく上昇します。
お店の客入りに問題がある場合には女性一人の力では対処できないので、お店そのものを変えなければなりません。

業種変えも検討しよう

回転 矢印お店の客入りに問題がなく、お客が付いていないのであれば、女性と手コキ店との相性が悪い可能性が考えられます。

手コキ店では基本的に身体的な接触がありません。
女性の負担は軽いものの、肉体的な魅力によって男性客を魅了することはできません。
ポッチャリ体型で胸が大きな女性が、豊満な身体を武器に稼ぐことができないのです。
手コキ店は普通な感じの女性が軽めのサービスを行うことを主眼に置いたお店です。

たとえ胸が小さくても、可愛く見栄えのする細身の女性がどうしても有利になってしまいます。
一方、手コキ店以外の風俗店、たとえばソープやデリヘル、ファッションヘルス等であればマットプレイなど濃厚なプレイも実施され、身体的な接触も生まれます。
そのようなお店の利用客は、女性の顔だけではなく身体を基準に指名を入れるので、豊満な身体や大きな胸の持ち主であれば、身体を武器にすることができます。
ポッチャリ体型の女性であれば、ソープやデリヘルに移籍したほうが指名が取れる可能性が高まります。

さらに、これらのお店へ移籍すれば、バック額は2倍以上の水準に跳ね上がります。
女性の負担が大きくなる分、高い報酬を受け取れ、着実に稼いでいけるようになるのです。
手コキ店に所属していてお茶を引くのであれば、より女性の魅力を活かせる風俗店に業種変えしたほうが良い結果に繋がる可能性もあるのです。

まとめ

手コキ店は風俗の中でもサービスが軽めなお店です。

ただ、簡単なサービスで済むからと単調なサービスを繰り返していると、男性を満足させることができず、お茶を引いてしまう可能性があります。
手コキ店に所属している女性がお茶を引いたら、最初にサービスを見直すべきです。
男性が高い満足を得られるよう、動きに強弱をつけながら時間を最大限に活用しなければなりません。
しかし、お店の集客に問題がある場合には、移籍を検討すべきです。

サービス料金が低額なお店に移籍すれば、多くのフリー客に恵まれます。
また、ポッチャリ体型な女性がソープやデリヘルに業種変えすれば、身体を武器にしながら、稼ぎを増やせるようにもなるのです。