M性感の客層はどの世代が多いの?

2023年12月14日

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

風俗店といってもお店によってそれぞれ客層は異なるものです。
ソープのような王道的な風俗店ともなると、低所得者から高所得者、紳士的な人から粗暴な人まで様々なタイプの人がやって来るものです。

その一方で、M性感のような特殊な風俗店の場合、客層はM寄りの男性に限定されてきます。

M性感の客層

M, アルファベットM性感というとSMプレイのような、かなりの特殊な世界なだけに、風俗経験の無い男性がいきなり訪れるということは滅多にないでしょう。
M性感の風俗嬢はSMプレイの女王様と違い、役柄としては痴女に分類されます。

M性感の風俗嬢はエッチでスケベなお姉さんとなって、受け身の男性を性的に責め立てることになります。
プレイの内容としては、言葉責めやドライオーガズム、前立腺マッサージ、アナル開発、男の潮吹きなどが有名です。
男性はあくまで女性から責められる役となりますので、客層としてはおとなしいM寄りの男性ばかりとなります。
年齢に関して言えば、若い男性から高齢者まで、幅広く訪れるものです。

ただ、現在は少子高齢化ということもあってか、どうしても年齢の上の人が多くなりがちですが、それはM性感に限った話しではないでしょう。
人妻店や熟女店に限らず、デリヘルやソープ、オナクラやエステの世界であっても、高齢化の波は避けられず、客層の平均年齢は昔と比べて高くなっています。
ただ、その中でM性感の客層は、全体的にMな男性が多く、しかも接客中は基本的に受け身となるだけに、本番強要をされるリスクが低い仕事です。
それどころか、性病に感染しやすいプレイが少ないため、オナクラやエステのようなソフトサービス系同様に安全に働ける職場でもあります。

さらに、給料に関して言うと、実はデリヘルよりも稼げる分野です。
人気のあるM性感嬢ともなると、高級ソープ並みに稼げることもあるでしょう。
M性感の客層は基本的にマニアックな男性が多く、そのほとんどがドライオーガズムにハマっているものです。
世の中には様々な風俗店があるのですが、ドライオーガズムを極めた風俗店といったらM性感店ぐらいなものです。

それだけに、ドライオーガズムを体験したい男性ほど頻繁にM性感嬢をリピートします。
つまり、M性感は他の風俗店と違い、リピーターを獲得しやすいという環境があるということです。
何より、M性感は店舗の数が他の業種と比べて少ない分野なだけに、お店を選ぼうにも選択肢が少ないです。
色々なタイプのM性感嬢を試したくても、店舗が少ないだけに他のM性感嬢へ浮気が出来ず、結果的に何度も同じ女性をリピートすることになります。

オナクラの客層

男性M性感と似た客層の風俗店といえば、オナクラがあります。
オナクラといえば、接客中はお客さんと触れず、脱がず、舐められもしないという、3ない系のソフトサービス店としても有名であり、女性からの人気の高い業種です。
オナクラの客層は全体的にMな男性が多く、風俗嬢もSな女性ほど人気が高くなる傾向があります。

そのような事情もあってか、オナクラは原則としてお触りはなしなのですが、ビンタや言葉責めが基本プレイに含まれることが多いです。
一部のお店の中にはフェラなどのサービスを用意していることもあるのですが、あくまで有料のオプションとして用意されていることがほとんどのため、フェラをしたくないのであればオナクラ嬢は拒否できます。
オナクラもM性感同様に、性病の感染率が低い業種なのですが、ただM性感と比べてニーズが低い業種でもあるため、暇な時ともなると全く接客できず、稼げない恐れがあります。
なにより、店舗数が少ないため、求人の数も少なく、よほど容姿に恵まれた美女でないと不採用になるかもしれません。

人妻店や熟女店の特徴

人妻店や熟女店も、客層に偏りがあるという点ではM性感と似ているかもしれません。
ただし、人妻店や熟女店の客層はM性感と違い、必ずしもMな男性が来るとは限りません。
Sな男性が来る可能性もあるため、性的嗜好については判断が難しいでしょう。

では、人妻店や熟女店に来る客はマザコンなのかというと、必ずしもそうとは限りません。
確かにマザコンな男性が人妻店や熟女店に来る事はあるのですが、年配の男性が自分と同世代の女性を求めて来店することもあります。
30代40代の男性ともなると、既婚者も増えてくるのですが、そういった結婚している男性ほど実は人妻店や熟女店にハマりやすいです。
特に、結婚生活が既に冷え切っている男性の場合、恋愛感情を取り戻すために人妻店や熟女店に通うことがあります。

他にも、不倫しているような背徳感を楽しみたい男性が人妻店や熟女店を利用するケースが多いです。
熟女や人妻というのは風俗の世界において人気のあるジャンルです。
ただし、若い女性が中心のお店と比べるとサービスの単価が低く、給料も低めです。
ただ、人妻店や熟女店ならば、30代40代の女性であっても安定したリピートが見込めるだけに、未経験の女性のみならず、年齢を理由に客を獲れなくなった風俗嬢などが求人に応募し、移籍してくるケースもあります。

ヘルス系の客層の特徴

チェック マークデリヘルやホテヘルというと、風俗の世界において特に人気が高く、求人の数も多い分野です。
風俗嬢が稼ごうと思った場合、真っ先に思い浮かぶ業種といえば、やはりデリヘルかホテヘルなどのヘルス系の風俗店でしょう。
若い人から高齢者まで、幅広い年齢層の男性がデリヘルやホテヘルの風俗店を利用します。

特に大衆店は収入が平均的な男性であっても利用しやすいだけに、サラリーマンなどがよく利用します。
無店舗型のデリヘルともなると、出張先に呼ぶことが出来るため、仕事が終わった後にデリヘルを呼ぶというサラリーマンは多くいることでしょう。

ソープの客層

ソープといえば吉原が有名です。

東京の吉原には高級店から中級店、大衆店、格安店など、様々なランクのソープランドが軒を連ねているものであり、それぞれのランクによって客層は異なります。
ソープ嬢は風俗業界においても屈指の人気があるだけに、未経験者でも高額の給料が稼げるものです。
たとえ低ランクのソープランドであっても、他の業種以上の稼ぎが期待できるでしょう。
ただ、できるだけ客層の良いソープランドで働きたいのであれば、高級店や中級店などの求人を選んだ方が良いでしょう。

特に高級店の場合、単価が高いだけに、客層はリッチな富裕層ばかりとなります。
高収入の男性というのは比較的紳士な人が多いだけに、高級店のソープ嬢は余計なトラブルに巻き込まれることなく接客ができるものです。
ただし、高級店は客層が良い一方で、ソープ嬢にも質の高い接客スキルを要求します。
それだけに採用基準が厳しく、面接を受けても落とされる可能性が高いです。

面接に合格する自信がないのであれば、ワンランク下の中級店の求人に応募してみましょう。
中級店も比較的客層が良いランクのお店となります。
ランクが下といっても会社でそれなりに重要な地位に就いている男性などが来店しやすいため、全体的に客のマナーも良いです。
ただし、大衆店より下のランクからは、紳士的でない風俗客がやって来るようになります。

特に格安店ともなると、低所得の男性や、中には真っ当な仕事に就いていない男性が来ることもあるだけに、トラブルに巻き込まれやすく、性病に感染するリスクも非常に高いです。

M性感のメリットと特徴

風俗嬢といっても業種によって客層がそれぞれ異なります。
比較的、安全に働きたいのであれば、高級店のような紳士的な人が集まりやすい風俗店がオススメとなります。

しかし、高級店はどこも採用の基準が高く、面接を受けても落ちる可能性が高いです。
仮に面接が通り、採用されたとしても、デリヘルやホテヘル、ソープなどの仕事は性病の感染率が高く、重度の性感染症になる恐れがあります。
では、ソフトサービス系の方が良いのかというと、必ずしもそうとは限りません。
確かにオナクラやエステ、手コキ店などは安全に働ける世界なのですが、ニーズが低いため、思ったように稼げない恐れがあります。

その点、M性感店は性病に感染するリスクが低いだけでなく、ヘルス店並みに稼ぎが良い仕事です。
リピーターが多いM性感嬢ともなると、月収で100万円以上稼げることもあります。
客層に関しても、おとなしいMな男性が多いため、余計なトラブルや諍いもなく、安全に働けることでしょう。
世代的には中年以上の男性が多いでしょうが、接客中の会話は痴女のようなセリフを言っておけば大丈夫です。

ランクの高い高級店のように、卓越した会話能力を求められることはないでしょう。
むしろ、コミュ障の女性であっても、演技力さえあれば務まる仕事です。
自分で考えて話すことは苦手だけど、役になりきって話すのは得意という女性ほど、M性感は向いているでしょう。