M性感のバイトは不正出血とは無縁ですか?プレイ的に

2023年12月14日

geralt / Pixabay

若い女性なら28日周期で必ず生理が訪れますが、性行為を行った際に性器から出血が見られたという経験のある女性もいらっしゃると思います。
生理時ではない出血の事を不正出血と言いますが、風俗嬢の方は不特定多数の男性と性行為を行うことになりますので、不正出血が頻繁に起こると言っても過言ではないでしょう。

ソープの様に本番行為があっても起こりますが、本番行為が禁止されているヘルス系のアルバイトでも不正出血は起こり得ます。
傲慢な手マンをされてしまうと不正出血の原因となりますので注意が必要となりますが、M性感店で働くとそういった不正出血の原因となり得るプレイとは無縁であることから、不正出血が起こらないように感じられると思います。
しかし本当に起こらないのかどうか確証を持たれている方も少ないと思いますので、こちらでM性感の仕事内容から不正出血が起こらないのか、不正出血の原因も交えながらご説明いたします。

不正出血が起こる原因

血液不正出血が起こる主な原因は、ホルモンバランスの乱れだと言われています。
過度のストレスにさらされてホルモンバランスが乱れてしまったり、冷えや疲れ、睡眠不足でも不正出血は起こり得ます。
性行為後に出血することが特に印象強く残りがちではありますが、不正出血が起こる原因は決して性行為だけではございませんので、覚えてくようにして下さい。
ピルを服用していれば毎月の生理時における出血量を少なくすることが出来、不正出血の可能性を低くすることが可能となりますが、極端な話、何もしなくても体が冷えたりストレスを感じるだけで不正出血の可能性は生まれることになります。

そしてそれ以外にも子宮周辺や性器周辺の病気を患っている可能性が考えられますので、出血量があまりにも多かったり、生理痛がひどかったり、複数回不正出血が起こるようでしたら注意が必要です。
M性感店での仕事内容は後述致しますが、基本的に性行為以外でも不正出血は起こることがあり、風俗で働いていない、性行為に勤しむような関係にある男性もいないという方でもあり得るという認識を持つようにしましょう。

M性感の仕事内容は不正出血が起きない?

M, アルファベット次にM性感店での仕事内容に関してご紹介いたします。

M性感店で働くと、お客さんは受け身でいる男性ばかりとなりますので、不正出血が起こる可能性が高いような手マンや本番行為を行うような事はそうそうございません。
プレイ内容が男性に性的サービスを行うという印象よりも、男性を性的な意味で攻める形になりますので、男性が性的興奮を覚えるプレイの方向性が違うと言えるでしょう。
通常の風俗店では、男性は風俗嬢に気持ち良くしてもらいながらも、自分も気持ち良いと思っている様な女性に対して性的興奮を覚えます。
素股をしている時に風俗嬢の方が演技でも喘いだりすると、本番交渉をほぼ必ずと言って良いほどされると思いますが、それは男性が本気で女性も気持ち良いと思っているに他ありません。

ですので、自分が気持ち良くなることが最優先であることは間違いありませんが、風俗嬢の方も気持ち良さそうにしている姿を見ると余計に興奮することになるのです。
対してM性感店を利用する男性は、確かに「性的行為を一緒に楽しめる女性に対して興奮する」という形で一括りにすれば同じだと思いますが、「気持ち良い」と思う方向性が違います。
叩かれたり少し痛みを伴う様なプレイに喜びを感じる男性が多くなりますが、そのプレイ自体を楽しむ、もしくは本当に楽しんでいるように見える演技が出来る風俗嬢の姿を見ることによって性的興奮を覚えることになります。
通常の風俗店では手マンや本番行為をすれば喘ぐ女性が多いと短絡的に考え、すぐに女性器に触れようとする男性が多くいらっしゃいますが、M性感店で働く際には性器に触れられなくても責めて楽しんでいる姿を見せることが出来れば、それだけでお客さんは興奮が強くなることになります。

直接世紀に触れられたり、挿入されることが無いことからも不正出血が起こる可能性が確かに低いと言えるのではないでしょうか。
ただし、前述致しましたように、不正出血の原因は多岐に渡ります。
正規に触れられることが無いからと言っても、過度にストレスを感じてしまうとホルモンバランスが崩れてしまい不正出血が起こることも考えられますので注意しましょう。

子宮筋腫の可能性がある

子宮最後に、不正出血が実際に起きてしまった場合にはその原因を探る癖は付けるようにしましょう。
特に可能性が皆無ではないとはいえ、M性感店で働くと不正出血が起こる様なプレイが無縁であることから、プライベートの性行為が原因であることも考えられます。
女性の4人の1人が発症していると言われている子宮筋腫の可能性もございますので、一度病院で検査してもらうようにしましょう。
どういったタイミングで産婦人科に足を運べばいいか分からないという方もいらっしゃると思いますが、一般的に不正出血が複数回に及んで確認できた時や、海綿や織物に付着している血の量がいつもより多かったりした時には病院に行くようにしましょう。

子宮筋腫自体は陽性の腫瘍であることからそこまで怯える必要は無く、投薬療法など軽度の治療で治すことが出来る病気となりますが、自覚症状がないだけで重大な病気を患っている可能性も考えられます。
今後の出勤に関わるどころか、不正出血がきっかけでガンの発見に繋がることもございますので、定期的な検診を受けるようにしましょう。
ともあれ、子宮筋腫かそれ以外の病気の可能性があるのかはある程度見極めることが出来ます。
子宮筋腫は不正出血が症状として見られると言うよりも、過多月経が症状として見られます。

いつもより生理時に出血量が多いようでしたら子宮筋腫を疑い、複数回に及ぶ不正出血が見られるようでしたらそれ以外の病気を疑うようにしましょう。
M性感店で働いたとしても風俗嬢であることに変わりはありませんし、実際風俗で働くのならいきつけの婦人科は決めておいた方が良いと思いますので、軽度の症状であったとしても試しに足を運ぶようにして、自分の中で足を運びやすい病院を探しておくようにして下さい。

まとめ

M性感店ではご紹介いたしましたように、プレイ内容から鑑みるとあまり不正出血の危険性は無いように思えます。

ただし、女性として生きていくと風俗嬢として働いていなかったとしても不正出血とは付き合っていかなくてはいけないと思いますので、心配性の方は特に安心することも出来る事から早期に病院に行くようにしましょう。
完全にプレイ内容から考えて無縁だと言い切れるものでもございませんが、ある程度危険性が無いことからお客さんと行った性行為が原因で不正出血になることはそうそうないにしても、実際に不正出血が起きるとまず仕事の内容を疑うようになると思います。
行ってはいけないプレイ内容をしていたりすると、プライベートが原因で不正出血が起きたのか仕事が原因で起きたのか分からなくなってしまいますので、健全な営業を行っているお店で健全なプレイ内容を心がけるようにしましょう。
精神的な面が起因しているケースもございますので、過度にストレスを抱え込んだりしてしまうとそれだけで不正出血の原因となり得ます。

私生活とのバランスも上手に取りながら、仕事のみならず人生の中で不正出血と無縁な生活を送れるようにしましょう。