メンズエステは時給制ですか?セクキャバとどっちが稼げる?

2023年12月14日

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

風俗業界は完全歩合制のお店がほとんどです。
お客を取れればその分だけ給料がどんどん上がりますし、逆に1人もお客を取れない日だと給料は0円になります。
何時間出勤しようが何日出勤しようが、お客を取れなければ1円にもならないシビアな世界です。
では風俗業界でもソフトだと言われている、お店によっては風俗サービスを行わないメンズエステはどうなのでしょうか。
歩合制?時給制?
そして同じソフト風俗として、キスや胸へのタッチで稼ぎやすいと言われているセクキャバとどちらが稼げるのでしょうか。

メンズエステは歩合制です

棒グラフ結論から言うと、メンズエステはほとんどのお店が完全歩合制を採用しています。

「日給〇万円保証」というように歩合制でもいくらかの給料を保証してくれるお店もありますが、支払い対象となる条件は「〇時間以上出勤」など中々厳しいものがあるのであまりアテにはできないと考えた方が良いでしょう。
ですのでお客を取れば取るだけ稼げるし、取れなければまったく稼げないのがメンズエステです。
中には歩合制と時給制をエステ嬢ごとに分けて使っている店舗もありますが、数はとても少ないです。
時給制を取っているお店も過半数のエステ嬢には歩合制での給与体系にして、少数精鋭の形で何人かのエステ嬢にだけ時給制を取っていることが多いです。

時給制ってエステ嬢にもお店にも色々割に合わないんです。
お客を取らなくても出勤してそこにいるだけで給料がもらえるので、時給で働いているエステ嬢はできるだけお客を取りたくないと考えています。
一方お店はいるだけでお金を払わなければならないため、できるだけ採算が取れるようフリーのお客は全て時給制のエステ嬢に回してしまいたいと考えています。
お客を取りたくない時給制のエステ嬢は給料が変わらないからと雑な施術でお客を追い出しますし、時給制のエステ嬢に働いてほしいお店はどんどんお客を回すので、結果満足できないお客からの評判が悪くなっていきます。

売り上げと評判に敏感なお店は、手抜き接客で評判を落とされ人気がなくなるのは勘弁して欲しいところですので時給制は積極的に使いたくないと考えてもおかしくはありません。
エステ嬢にしても楽して稼げると楽観視できないところがあります。
メンズエステは時給制だと大体3,000円くらいが相場になります。
暇な時間がおおいお店なら時給制は有り難いですが、フリー客を回されたり指名客で出勤時間が埋まってしまうと、時給制ではかえって損をすることになります。

60分6,000円の歩合制だとしても、5時間勤務なら3人も取れば時給分はあっさり超えてしまいます。
お客を取れない日があっても指名をもらえるようなエステ嬢ならバック率もどんどん上がっていきますから、歩合制にした方が総合的に多く給料をもらえることが多いです。
エステ嬢は稼ぎたいから技術を磨いて接客を頑張りますし頑張る分だけ給料は増えます。
お店は無駄な給料を払わなくて済む上にエステ嬢のレベルも上がっていくわけですから、歩合制の給料システムにした方が旨味があるというわけです。

セクキャバは時給制です

時計 お金メンズエステとセクキャバ(セクシーキャバクラ)の最大の違いは歩合制か時給制かというところです。
歩合制はお客がつけば給料が発生するので待機時間中は給料は0円、お茶を引くような日であればその日の日給が0円ということも当然あり得ます。

一方時給制は出勤していればその分給料がもらえるので、たとえ待機時間が多くても出勤した時間分は給料がもらえます。
なんだ、ならセクキャバで働いた方が稼げるじゃんと思うかもしれませんがそう簡単にはいかないのがこの時給制です。
というよりもセクキャバの給与形態ってお店によって本当に差が激しいのです。
待機中の時給もきちんと払ってくれるお店もあれば、お客についていない時間は「待機カット」として待機中の時給は払わないお店もあります。

待機カットをされてしまうなら頑張って指名をもらえるよう営業しないといけませんし、歩合とあまり変わらない気がしますよね。
時給制だから楽して稼げると思っていると痛い目をみることになってしまいます。
この「待機カット」があるかないかは、問い合わせや面接のときには是非確認を取ってください。
また、時給についても3,000~8,000円とお店によって幅が広いのがセクキャバです。

大体の平均は5,000円前後で、キャバ嬢も時給5,000円くらいもらっている子が多いです。
ディープキスOK、下半身タッチOKと内容がハードになるほど時給は高くなっていきます。
体験入店中と実際の時給で差をつけているお店もありますので、実際働くとどれくらいもらえるのか不安な場合は1~3日体験入店をしてみて、1日分の自分の売り上げから大体を計算することができます。
色々複雑な給料計算をするセクキャバですが、概ねキャバ嬢とお店の取り分は50%ずつの折半となっています。

ですので、1日分の売り上げから大体50%くらいを日給として計算し、そこから時給換算するとそのお店での自分の稼ぎがある程度想像しやすくなります。

メンズエステとセクキャバ、どっちが稼げるでしょうか。

―歩合と時給、どちらが良いかで変わってきます

それでは実際のところ、メンズエステとセクキャバってどっちが稼げるのでしょうか。
例えば90分の接客で8,000円バックのメンズエステで3人お客が入った場合は
8,000円×3本=24,000円(続けて入って4時間半)がその日の給料になります。
一方時給5,000円のセクキャバで5時間仕事をした場合は

5,000円×5時間=25,000円がその日分の給料になります。
メンズエステは歩合制になるので、週1回~稼ぎたい分だけ出勤数を増やすことができますが、出勤した日に必ずお客が入るとも入ったお客全員が90分コースを希望するとも限りません。
人気が出るまでは思うように稼げないのが歩合制ですので、安定して稼ぐには時間がかかります。
しかし指名客が取れればバック率も上がっていくので、1本入るだけでも相応の給料がもらえるようになってきます。

セクキャバは時給制ですので出れば出た分給料はもらえますが、時給制ですので出勤時間や日数は厳しく管理されます。
お客が取れる子なら毎日出勤も大歓迎ですが、取れない子に鬼出勤されてソファでスマホいじられても正直迷惑なだけですから、セクキャバにしてもやはり人気がでないとシフトの融通はきかせてもらえないと考えた方が良いです。
当然ながら遅刻早退はメンズエステ以上に厳禁とされてますから、時間にルーズな子には向かない職業だと言えます。
逆にお店側が欲しい時に出勤数増やしてくれたり、出勤時間を延長してくれる子には時給を上げてくれるお店もありますので、出勤態度が良好な子はそれだけでも給料が増える可能性が高いです。

出稼ぎならセクキャバの方がお勧めです

Ok, Good出稼ぎで稼ぎたいと考えている人にはメンズエステよりはセクキャバをお勧めします。
というのも、メンズエステは出稼ぎの求人がごく僅かしかないのです。
待遇も日給保証がつくくらいで、交通費(多少出るところはある)や宿代が出ないなど待遇らしい待遇はないと考えても良いくらいです。

一方セクキャバも数は少ないですが、夏冬のボーナス時期など集客が見込めそうなときには期間限定で募集しているお店も多いです。
出勤日数によっては無料で寮を貸してくれるなどの待遇もついてきますので、出稼ぎ狙いの人ならセクキャバの方が旨味が強いかもしれません。

使う労力にも違いがあります

何をするのが得意かで、どちらが稼ぎやすいかも変わってきます。

メンズエステはマッサージが仕事内容になるので、体力は必須となります。
全身を使ってお客の体をほぐすわけですから、体力に自信がない人だと続かないかもしれません。
セクキャバはお客とお酒を飲みながら会話したりちょっとエッチな触れ合いをするのが仕事内容ですので、お酒が好きな人に向いています。
体質的にお酒が合わなかったりすぐに酔ってしまう人にとっては苦痛に感じる職場かもしれません。

つまりはどっちが自分に合っているかです

こっちが稼げる!とは単純には言えないのがメンズエステとセクキャバです。
同じソフト風俗と言っても、給料システムも違えば仕事内容も違うので一概にどちらが良いとは断言できません。
パッと見の給料だけでどちらか選ぶとおそらく後悔することになるくらいには両者には違いがあります。

体力に自信はあるのか、お酒は好きか、真面目に出勤できるか、指名客を取る努力ができるか等々。
給料だけでなく、どちらが自分の稼ぎ方として合っているのかということも考えて決めてみるのは如何でしょうか。