添い寝バイトの面接で風俗か非風俗か見極めよう

2023年12月14日

IO-Images / Pixabay

普通のバイト以上に稼げる添い寝バイトは、性的なサービスがほとんどないだけに、性病のリスクとは無縁な高給のバイトです。
ただし、添い寝バイトの中にはオナクラのようにエッチなサービスが含まれる風俗系のお店もあります。
極力エッチなサービスは避けたいのであれば、応募した添い寝バイトのお店が風俗系なのか、それとも非風俗系なのか、面接や下調べの段階で見極めておきましょう。

添い寝バイトの特徴

ベッド男性と一緒にベッドで眠るというと、一見するとエッチなバイトのように感じられることでしょう。
実際、デリヘルやホテヘル、ソープなどの風俗店をイメージする女性はいるかもしれません。
ただ、風俗店といってもソープのようなハード系の仕事がある一方で、オナクラのようなソフトサービス系の風俗店も存在します。

添い寝バイトはどちらかというと、オナクラに近いソフトサービス系の風俗店となります。
添い寝バイトの特徴とはズバリ、男性と一緒に添い寝をすることであり、それ以上のサービスは基本的にやりません。
一部のお店の中では膝枕や腕枕、耳かきなどのオプションが組み込まれることもありますが、それ以上に性的なサービスはやっていないため、女性キャストはエッチなサービスをすることなくバイトに励むことが出来ます。
風俗と違って性的なサービスがないだけに、添い寝バイトは非常に肉体的な負担の少ない仕事となります。

基本的にやる事といえば男性の隣で眠るくらいなので、風俗店のように激しいプレイやサービス、そしてテクニックが求められることも少ないです。
リピート率を上げようと思うのであれば、多少の接客スキルやテクニックは求められるでしょうが、特殊なテクニックやスキルは要らず、未経験の女性でも簡単に始められるバイトとなります。
これがソープのようなハード系の風俗店の場合、仕事をするにあたって様々な講習を受けることになるでしょう。
何しろソープは非常に特殊なプレイやテクニックが求められる仕事なだけに、講習内容もかなり実践的になりやすく、それだけに講習中に店長にセクハラされたなどのトラブルに遭遇することもあります。

しかし、添い寝バイトとなると、講習をするほど特殊なプレイもないため、未経験の女性でもすぐに働けます。
お店によってはデートコースが用意されていることもあるのですが、恋人同士のように振る舞える演技力があれば、すぐに人気の女性キャストになれるでしょう。
ただし、添い寝バイトの中には風俗系のお店もあります。
間違って風俗系の添い寝リフレのお店に入店すると、本人にその気はないのにエッチなサービスをさせられる恐れがあるので注意しましょう。

風俗系の添い寝バイト

枕もしも風俗系の添い寝バイトの求人に応募し、面接を経て、採用された場合、オプション次第ではかなりハードなエッチをすることもあります。
非風俗系の添い寝バイトと違い、風俗系の添い寝バイトとは、風俗店の分類としてはオナクラに相当します。
そのため、仕事内容としては添い寝とは別に、オナニー鑑賞やビンタ、股間踏みつけ、手コキ、足コキ、そしてフェラなどをすることもあります。

フェラのある添い寝バイトの風俗店に採用されると、性病の感染率が上がってしまいます。
それだけに、性サービスの有無については面接時にしっかりと確認しておきましょう。
ただ、エッチなサービスのある風俗系の添い寝バイトの場合、非風俗系の添い寝バイトよりも給料が高額になる傾向があるだけに、多少エッチなサービスをしてでも良いから稼ぎたいというのであれば、むしろ添い寝バイトは風俗系の方がオススメかもしれません。
確かにフェラなどのオプションは性病の感染率を上げる行為ですが、そのような感染の危険のある行為はNGにしておけば、自分の身体を守りつつ添い寝バイトに勤しむことが出来ます。

風俗系の添い寝バイトは非風俗系の添い寝バイトと違い、日給保証が付くことが多いです。
さらに、求人票の待遇面が風俗店と似た内容になっていることが多いです。
例えば、求人内容に罰則なし、自由出勤制度、衛生管理万全、体験入店OK、アリバイ対策万全、雑費なし、講習なしなどの文言が含まれていた場合、その添い寝バイトの求人は風俗系である可能性が高いです。

お店の見極め方

虫眼鏡添い寝バイトといっても非風俗系と風俗系の二つがあるだけに、応募者は面接時までにしっかりとこの二つを見極めておいた方が良いでしょう。
そうでないとエッチするつもりがないのに風俗系の添い寝バイトに入店してしまったり、もしくはエッチしてでも稼ぎたいのに非風俗系の添い寝バイトで採用されてしまうなどのトラブルや面倒に巻き込まれる恐れがあります。
風俗系かどうかを判断したいのであれば、面接時に仕事内容に言及してみましょう。
もしも風俗系の添い寝バイトだった場合、基本サービスやオプションにエッチなサービスが含まれているので、すぐに判断ができるでしょう。

特に、風俗系の添い寝バイトだと公言している風俗店の場合、風俗店として営業許可を取っているため、ホームページをチェックするだけで風俗系のお店だと判断できます。
問題があるとすれば、お店としては非風俗系を装っているにも関わらず、その実態としては風俗系の添い寝バイトです。
非風俗系の添い寝リフレの中にはたまにホームページや求人内容に含まれない、エッチなサービスを提供するお店もあります。
こういったお店に採用されてしまうと、折角非風俗系の添い寝バイトを選んだはずなのに、性的なサービスを強要される恐れがあるため、面接時に本当に性的なサービスはないのか、面接官に聞いておいた方が良いでしょう。

ただ、悪質な風俗店の場合、面接官に聞いてもはぐらかされる恐れもあるため、応募者は自分なりにお店について調べておいた方が良いでしょう。
わざわざ面接官に直接問い質さなくても、インターネットでそのお店の評判や口コミ、体験談を探せば、その添い寝バイトのお店が性的なサービスをやっているかどうかをすぐに調べられます。
ネットの口コミを参考に、性的なサービスをやっていそうなお店だと判断できたのであれば、応募を取りやめ、他の安全に働けそうな添い寝バイトの求人を探しましょう。

風俗系の添い寝バイトのメリット

風俗系の添い寝バイトというとエッチなサービスのあるお店というイメージがあるため、女性によっては忌避感があるかもしれません。
しかし、風俗系といえど添い寝のお店であることに違いはありません。
エッチなサービスはあくまでオプションであり、メインは添い寝だけです。
事前にNGに指定しておけば、女性がエッチなサービスを強要させられることもないだけに、風俗系の添い寝バイトの方が実は安全に働ける環境が整っていることもあります。

特に経験豊富な店長が経営しているような風俗店系の添い寝バイトの場合、経営のノウハウがあるだけに、万が一の際にも適切に、そして迅速に対処してくれます。
一方で、経営のノウハウのない添い寝バイトの求人に応募し、採用されると、ルール違反するようなお客さんに対して上手に対処できず、かえって被害が拡大してしまうなどの恐れもあります。
添い寝バイトに限らず、風俗店はトラブルが付きものです。
お店を選ぶ際には、面接時に店長のキャリアや経営能力なども質問しておくと良いかもしれません。

たとえ風俗系の添い寝バイトでも、優良店ならばあまり心配する必要はないです。

添い寝リフレの面接

面接たとえ非風俗系の添い寝リフレであったとしても、基本的に働ける女性の年齢は18歳以上からとなります。
そのため、添い寝リフレの面接ではまず最初に18歳以上であるかどうか、確認されることがあります。

ちなみに、たとえ18歳以上でも、まだ在学中の高校生では働けないでしょう。
年齢確認が終了したら、なぜ添い寝バイトをしようと思ったのか、志望動機を聞かれます。
ただ、志望動機を理由に不採用になることは滅多にありません。
お金が欲しいからなど、正直に答えましょう。

ただ、お金が欲しいなら欲しいで、なぜ欲しいのか、理由を具体的に答えられると、面接官の心証が良くなります。
さらに、採用された場合、いつ働けるのかなど、シフトに関する質問をされることが多いです。
基本的にエッチな質問をされることはほとんどなく、面接の内容に限定すれば普通のバイトと違いはありません。
もちろん、風俗系の添い寝バイトや、実はエッチなサービスを提供している非風俗の添い寝バイトの場合、エッチな質問をされるかもしれないため、面接官の質問内容はよくチェックしておいた方が良いでしょう。

質問が終わり、特に問題がければ採用されるでしょう。
添い寝バイトは講習なしの求人が多いため、簡単に仕事のやり方などを学んだら、すぐにでも働けるでしょう。
ただ、添い寝バイトも接客業であるため、人格に問題があったり、礼儀やマナーがなってないと不採用になります。
もしも不採用になった場合、一度原因を分析してみましょう。

添い寝バイトの求人は世の中に多くあります。
不採用になった原因を究明し、解決できれば、他のお店で雇ってくれるかもしれません。