AV女優の撮影はプレイ内容などの相談をするの?

2023年12月14日

robertlischka / Pixabay

AVを見ていると、実にさまざまなプレイがある事が分かります。
その中には、スカトロとかレズ、アナル舐めなど、自分ならやりたくないと言うハードなプレイがあるのも事実。
こうした過激なプレイの作品に出演する女優は、事前にプレイ内容を監督などに相談するのでしょうか。

NGプレイがあればやらなくても良いのでしょうか?

事前に打ち合わせして決定

会話たいていのAV女優にはNGプレイがあります。
よく、稼ぐためにはNGを減らさなくてはいけないと言われますが、あらゆるプレイが出来る女優はおそらくいないでしょう。

仕事のオファーを受け、監督と撮影について事前に打ち合わせする際、もちろんどんな内容でどんな流れなのかと言う詳細を聴くことになる訳です。
AV女優は事務所に登録する際、NGプレイの有無を聞かれますが、撮影の際はそれを考慮した上で台本が作られます。
ですから、例えば口内発射やごっくんはNG、と申告しておけば、撮影陣もそれを踏まえて仕事の手筈を整えるのです。
ごく稀に、このプレイはどうしても出来ませんか?

と尋ねられる事もあるそうです。
あくまで質問程度のなのあって、強要している訳ではありません。
無理なら無理と、ハッキリ伝えることは可能です。

決定してしまったら取り消せないの?

一度はOKしてしまったプレイでも、撮影段階になって「やっぱNG!」とは言えるでしょうか。
言わばドタキャンみたいなものだし、NGにしたら皆に迷惑を掛けるし……と思うのは当然です。
しかし、安心して下さい、例え撮影直前であっても、このプレイは無理です、と伝える事は可能。
AVの撮影では、女優の意思が最大限に尊重されます。

スタッフに迷惑がかかるのを恐れて渋々応じる必要はないので、本当に無理そうなら辞退しても全然平気です。

NGプレイを少なくするほど仕事が来るのは事実

割合女優の意思が尊重されるのは本当ですが、かと言ってあまりに多くのプレイをNGにすると、そもそも仕事が来ません。

もともとあまり稼げない女優がNGプレイを減らした結果、今までが嘘のように仕事のオファーが来たと言う実例があるくらい、実はプレイの幅は仕事に関係するのです。
中出し、ごっくん、放尿、スカトロなど、女性にとっては見るのもするのも嫌なものがあるでしょう。
しかし、その中でも最大限譲歩して、できるプレイから解禁していくと仕事の幅が広がるのは事実です。
プロダクションにしても、あまり知名度の無い女優をそのままにしておくのも色々と問題なので、「○○ちゃん、そろそろ××をやってみない?」と聞いてみるそうです。
出来る出来ないは当然ありますが、ちょっとずつ出来る事を増やしていくと、これまでと違った仕事が出来るようになるのは確かです。

プレイ内容はあらかじめ伝えられるから安心

打ち合わせにしろ、マネージャーからの伝達にしろ、プレイ内容は事前に女優の耳に入ります。

仮にマネージャーの伝達ミス情報が共有されていなくても、撮影現場で強要されはしません。

性病にはとっても厳しい業界

AV業界では性病に対してかなり気を使っています。
男優女優共に検査は必須。

病気にかかろうものなら撮影が流れてしまうので各所に迷惑がかかります。
特に男優の場合、病気で仕事が出来なければ、稼げなくなったも同然なので、おのずと病気や健康管理に気を使わざるを得ません。
AVでの性病罹患率は風俗のそれほど高くはありません。
徹底した性病予防や検査のおかげなので、男女ともども安心して仕事が出来ます。

メーカーやプロダクションが特に求めるプレイの例

事前にプレイ内容の相談をするのは当然ですが、それでも正直、メーカーなどからしてみればもっといろんな事をして欲しいと言う気持ちはあります。
それが売り上げにつながる訳ですから、プレイの幅を増やして貰わない事には売上も上がりません。
メーカーなどが特に求めるプレイとしては

●アナルセックス
●イラマチオ
●異物挿入
●放尿
●顔射
●本番
など、どの作品でもよく見かけるものが並びます。
アナルセックスは未経験だとハードルが高いですが、一度経験すると病みつきになる、と言う例もあるそうです。

イラマチオは男優主導でペニスを舐めて貰うと言う性質から、女優を征服し、思い通りにさせていると言うイメージを視聴者に与えられるため、どのメーカーも女優にやってほしいものです。
異物挿入は代表的な物で言えばバイブなどオモチャを使った行為。
ペニス以外で快感を得ると言うアブノーマルさは人気の高いプレイの1つ。
放尿は、多くの場合疑似的に作った液体を尿に見立てています。

男優に跨って放尿したり、バケツなどに向かって放ったりするのはマニアからすれば非常に興奮するシーンです。
撮影で用いられる液体も色つきのため、まるで本当に女優の身体から出てきているかのようなリアルさを持たせる事も。
メーカーとしても、こうしたアブノーマルなプレイでユーザーの獲得を狙っている節もあります。
顔射。

もはや説明する必要のないくらいメジャーなプレイです。
綺麗で可愛い女優が精液まみれになるのは多くの男性のオカズになります。
綺麗なモノを汚したいと言うS的な願望を持つ男性は少なくないため、作り手としても積極的に取り入れたいのです。
実際には精液は使われず、疑似的に作られた物を女優にぶっかけるのがほとんどです。

残る本番。
これは多くの男性が望んでいる行為です。
やはり本番できる女優はそれだけで価値が上がりますから、メーカーとしても最もやって欲しいプレイです。
本番と中出しをセットで見たがるユーザーももちろんいるので、そうした層に応えるためにも本番可能な女優は重宝されます。

ハードプレイと清楚系とのギャップ

女性 黒髪一見すると清楚な女の子にしか見えない女優はたくさんいます。
そんな女優が、AVの中で上記に挙げたようなハードプレイをこなす様は、大いにギャップを生んでユーザーの心を揺さぶります。
アイドルの如く清純そうな女優がアクロバティックなプレイをしたり、輪姦されてみたりと言う、「普通なら有り得ない」ようなシーンを挟む事が重要なポイント。

プレイ内容がハードであればあるほど、人気や注目は上がります。
事前にプレイ内容を知らせる事は必要ですが、メーカーとしても、出来るだけ多くの男性の嗜好に沿ったモノを売りたいと考えるのは、当然です。
女優としても、仕事が増えるならと、プレイの幅を広げるきっかけにもなります。

プロダクションも女優もNG!スカトロ

スカトロはある意味、究極のハードプレイです。
そのどぎつさはもとより、それを見たユーザーに衝撃を与えますから色々な意味でハードです。
スカトロをする事で大幅に女優のイメージダウンにつながる事を恐れるプロダクションは、たとえ女優がOKとしても、スカトロ系作品には出演させない事もあるようです。
単体女優がスカトロに出ている例は、おそらくないでしょう。

スカトロ=企画女優と言うイメージがありますが、スカトロまで出来る女優はどんなにハードなプレイもこなすので、人気は出ませんが仕事の数は多いです。

まとめ

AVの撮影では女優の意思が尊重されます。
ハードプレイをやりたくなければ変更できますし、それが理由で仕事がなくなる事はありません。

それに、AVとは女優のみならず、男優やスタッフなど、たくさんの人手によって完成するもの。
事前にプレイ内容を相談できる環境があるからこそ、女優も安心してAV女優としての仕事が出来るのです。
もちろん、女優の意向で新たプレイを追加する事もOK。
仕事に対して貪欲だなと、好印象を持たれる可能性すらあります。

AVのプレイ内容は多岐にわたります。
中には躊躇してしまうものもありますが、そこはきちんと相談すれば何とでもなるのです。

仕事内容

Posted by ヒロシ