お水未経験がキャバクラで働くのってハードル高い?

2023年12月14日

tookapic / Pixabay

風俗業界やお水の業界といった、いわゆる「夜の世界のお仕事」の中でも、いつでも圧倒的に高い人気を誇っているのが、キャバクラのお仕事です。
キャバクラのお仕事は、シャンデリアなどが目立つラグジュアリーな空間で、お客様である男性と一緒にお酒を飲みながら談笑をするといったもので、お酒が飲める女性であれば比較的誰でもチャレンジすることができるお仕事です。

もちろんたくさん稼ぐためには、持って生まれた美貌や、最高のサービスを提供するための努力なども必要になってきますが、それでも中には月に何百万も稼ぐほど人気のキャバクラ嬢もおり、旬は早いですが、若い女性は一度は働きたいと思っているアルバイトの1つではないでしょうか。
そんなキャバクラですが、お水業界の中でもかなり稼げるアルバイトとして人気ではあるものの、やはりかなり典型的な女性社会・縦社会となっており、先輩からの嫌がらせやキャスト同士の「客をとった・とってない」の言い争いは絶えない業界とも言われています。
そのため、多くの若い女性から人気のアルバイトとは言っても、お水業界でのお仕事が初心者の女性にとっては、働くことは少しハードルの高いお仕事なのでは?とも言われています。

それでは本当に、お水業界初心者の女性にとって、キャバクラで働くことはハードルの高いことなのでしょうか。
また、業界初心者の女性がキャバクラで働く場合は、どのようなことに注意しておいたほうがいいのでしょうか。
今回の記事では、お水経験はなくともキャバクラで働くことを希望している女性に向けて、キャバクラの仕事内容や働くことの可否について、ご紹介します。

キャバクラって、どんなことをするお仕事?

夜 東京キャバクラは稼げる!というイメージが多くの若い女性の中で広がり、風俗業界やお水業界を含んだ「夜の世界のお仕事」の中でも、圧倒的な人気を誇るキャバクラのアルバイト。
しかし、稼げる・稼げない以前に、キャバクラのお仕事をそこまで理解している水業界の未経験女性は少なくはありません。
ここでは、キャバクラの詳しいお仕事について、ご紹介します。
キャバクラのお仕事は、簡単に言えば、お客様とお酒を飲みながら談笑をするというものです。

あなたの頭の中にも、こういったイメージがあるかもしれませんが、それ自体に大きな間違いはありません。
しかしもちろん、そこまで大雑把で簡単なお仕事ではなく、お客様のグラスにある残りのお酒を見ながらタイミングよくオーダーを促したり、お客様が喫煙者であれば火をつけるためのタイミングを見計らったり、まるで恋人のように振舞って、疑似恋愛を提供しながら「もっとこの子と一緒の時間を堪能したい」と思ってもらわなければなりません。
また、お客様が気持ち良い時間を感じていただくために、お客様のお話に常に耳を向け、興味を持ち、質問をするなどをして盛り上げるなどの努力もしなければなりません。
ちなみにキャバクラでは、自分がメインでお客様のテーブルにつく接客と、人気嬢を指名して来たお客様が複数いた場合に、人気嬢が他のテーブルに付いている間に繋ぎとして接客を行う「ヘルプ」という接客の2種類があります。

フリーのお客様であったり、自分のことを指名してきたお客様である場合は特に問題はありませんが、ヘルプでテーブルにつくときは、自分のことを一切アピールせず、人気嬢のことをあげながらお客様に接客をしなければなりませんので、自分がメインの接客に比べてもかなり制限があり、接客のしにくさを感じることもあるでしょう。
しかし、最初のうちは指名客がいませんので、必然的にヘルプでの対応が必要になってきますし、こうしたヘルプができてようやく一人前のキャバクラ嬢になれるという説もありますので、修行だと思って取り組むことをおすすめします。

お水未経験がキャバクラで働くのは難しい?

質問 疑問キャバクラ業界は、お客様と気軽にお酒を飲みながらお話するだけで稼げるというイメージがありますが、実はそれ以上に、非常に厳しい業界ということも有名です。

そのため、良い側面やイメージだけを持って、お水業界未経験の女性が働くということは、非常にハードルが高くて難しいのでは、とも言われています。
それでは、お水業界未経験の女性がキャバクラで働くことが難しい、ハードルが高いと言われる理由は、どこにあるのでしょうか。
まず、キャバクラに来られるお客様は、特定のキャバクラ嬢を目的に来店される「本指名客」か、もしくはたまたまお店の前を通ったり、ネットで情報を調べて初めて来てみたという「フリー客」の2種類に別れるのですが、キャバクラでたくさん稼ぐためには、前者の「本指名客」をどれだけ集めることができるかというところにかかっています。
しかしもちろん、接客業をしたことがある程度で、あまり男性の恋愛的な心理を理解できていなかったり、お仕事と割り切ってその場を盛り上げたり、雰囲気を作っていくことができないキャバクラ嬢には、いつまでたっても本指名をするお客様が現れることはありません。

キャバクラはお給料が高い分、「整った顔立ち」「モデルのようなスタイル」「お客様に疑似恋愛を提供できる心理的テクニック」など、たくさんの要素や能力が求められます。
ただ、並大抵に容姿が良く、少しだけモテた経験がある、程度の女性であれば、弱肉強食のキャバクラ業界で生き残っていくことはできないのです。
中には、この本指名客を獲得するために、お客様と一晩を共に過ごす枕営業をするキャバクラ嬢もおり、手段を選ばず稼ごうとするキャバクラ嬢もいるほどです。
また、お客様との会話のなかでは、時折激しい性的な話題が出ることもあります。

そうした話題を話しているお客様に引かず、楽しんで話題に乗るくらいの心の余裕がなく、そもそも男性の前で裸になったことがない処女レベルの純粋さを持っているのであれば、キャバクラでの話題についていくことは難しいかもしれません。
もしかするとそれが珍しく、色物のように扱われることもあるかもしれませんが、大抵はお客様から面白さを感じてもらえず、本指名に繋がらずに終わることがほとんどでしょう。

お水未経験がキャバクラで働く際に気をつけることは?

チェックリスト実は、キャバクラのお仕事に憧れているという女性も少なくはなく、「稼げるから」というよりも、「キャバクラで働いてみたいから」という理由で希望する女性も数多くいます。

そんなお水業界未経験者がキャバクラで働く上で、気をつけなければならないポイントとは、どういったものがあるのでしょうか。
まず、面接の時点で初心者(業界未経験者)がどれだけいるのかについて、聞いておくことは必要でしょう。
業界経験者で、キャバクラのお仕事にもうすっかり慣れてしまっているプロ集団ばかりのキャバクラ店であれば、初心者が1人入ったところで本指名を獲得して稼ぐことは難しいでしょう。
風俗業界であればブランドにもなる「未経験者」も、キャバクラ業界であればそこまで大きな価値を見出されることはないのです。

また、自分の悩みをしっかり相談できる存在を作ることも大切です。
それは同じキャバクラ嬢のアルバイトをしている友人でも構いませんし、店の先輩嬢やボーイ、店長でも構わないでしょう。
最初の慣れないうちは、たくさんのストレスを抱え込むことになるでしょうし、不慣れなことばかりで心が辛くなることも多くあるかと思います。
そうした時に、ストレスを吐き出せる場所を持っているのと持っていないのとでは、大きく違うのです。

最後に、キャバクラで働くリスクを考えた上で、どうするかを決めましょう。
キャバクラで働く女性の中には、女子大生やOLといった、学業・本業がある女性も少なくはありません。
しかし、女子大生になれば働くことに夢中になって講義の単位を落とし、留年してしまうリスクも考えられますし、OLの場合は副業禁止の会社が多いので、バレた時には何かしらの処罰を受けることにもなり兼ねません。
しっかりリスクヘッジを考えた上で、働くかどうかを決めることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
キャバクラ業界とは、華やかで稼ぎやすい業界というイメージが強く根付いていますが、それとは裏腹に、想像以上に厳しい業界とも言われています。
そのため、安易な考えで働くことを決めてしまうと、精神的に疲れてしまい、病んでしまうことにもなり兼ねません。

もしお水業界未経験者だけど、お水業界で働きたいということであれば、キャバクラではなくガールズバーやスナックなどの、もう少しカジュアルな業態から始めるのはいかがでしょうか。
それでもし、お水業界でもやっていけると考えられたのであれば、キャバクラで働くことを検討するといいでしょう。

未経験

Posted by ヒロシ