初心者キャバクラ嬢がベテランになるまでの流れを解説

2023年12月14日

geralt / Pixabay

これからキャバクラで働き始めようと考えている初心者キャバ嬢の人は、お店で人気のあるナンバー入りして多くのお金を稼げるようになりたいと考えている人がほとんどだと思います。
では、初心者のキャバクラ嬢がベテランキャバクラ嬢になっていくのかを詳しくご紹介していきたいと思います。

初心者キャバクラ嬢は身だしなみに特に気を付けること

注意 マークキャバクラ嬢といえば、綺麗なドレスに身を包み、綺麗にセットされた髪形の美しい女性を多くの人がイメージしていると思います。
多くの女性がそんなキャバクラ嬢に憧れますよね。
それは、女性だけでなくキャバクラに遊びに来るお客さんも感じています。
どうせ接客されるなら美しい女性に接客されたいと考えるお客さんが多いです。

なので、まずは身だしなみに気を付けていきましょう。
ただ、ドレス選びにしてもナンバーを付けているようなベテランキャバクラ嬢のようになりたいからとゴージャスなドレスを身に着けるだけでは美しくありません。
キャバクラにはいろんなタイプの女性が働いています。
モデル体型のようなスレンダーな人や少しぽっちゃりした可愛らしい女性などそれぞれです。

全員が同じドレスを着こなせるかといわれればそうではありません。
なので、自分にあったドレスを選びましょう。
わからなければ店員さんなどに相談してみてもいいかもしれません。
次に髪形です。

最近のキャバクラではお店に専属のヘアメイクさんがいるので綺麗にセットアップしてもらえることが出来ます。
このようにキャバクラで働き始めるのであれば、初心者であっても多くの人を魅了することのできる魅力ある女性になりきる必要があります。

出勤日を固定させる

初めのうちは接客の流れなどを覚えるのに精いっぱいになる人がほとんどです。

より早く接客の流れを覚えて、自分なりのサービスが出来るようになるように努力しましょう。
そして、一人でも多くの指名客が欲しいのであれば出勤する日を固定するようにしましょう。
出勤する日がバラバラであれば、せっかく会いに来てくれたお客さんがいてもあなたが出勤していなければ他のキャバクラ嬢に指名替えされてしまう可能性もあります。
なので、出勤日を固定することによってお客さんもいつ遊びに来ればいいのかもわかりますし、より早く指名を増やすこともできます。

そして、ふと客にもなるお客さんに「この日に会いたい」などと、指定されていればその日に出勤することにしておけば必ず指名を貰うことが出来ます。

キャバクラの仕事内容

キャバクラでは、単にお客さんの話を聞いて一緒にお酒を飲むだけではなかなか指名は取れません。
どれだけのサービスをお客さんにすることが出来るのかが重要になります。

お客さんのグラスが空かないようにグラスに目をかけたり、タバコを吸う際に素早くライターなどで火をつけてあげるなど、キャバクラでは人間観察がとても大切です。
そして、言葉遣いなどの会話には特に注意しましょう。
初心者のうちは会話を途切れさせないようにいろんな話題を振ろうとキャバクラ嬢から話しかける人が多いです。
しかし、ベテランのキャバクラ嬢は会話の話題作りを基本お客さんからさせているのです。

決して無言になることではありません。
キャバクラ嬢が会話の話題となるきっかけを作り出してあげるのです。
お客さんもキャバクラ嬢の話ばかりでは退屈してしまいますし、ほとんどのお客さんが自分の話を聞いてほしいと考えている人ばかりです。
なので、お客さんがメインとなって会話するようにサポートすることが大切です。

お客さん情報はメモする

メモキャバクラにでは、1日に何人ものお客さんを接客することがほとんどです。
そのお客さんのことを誕生日や趣味などを知ることが出来れば、ノートなどにメモすることが大切です。
こうすることによって次に会ったときに話題作りの一つにもなりますし、自分のことを覚えていてくれたと感じることが出来ればお客さんも喜びます。

ボディータッチは上手く利用して

お客さんによっては、ボディータッチをしてくる人もいます。
基本的にはキャバクラでのボディータッチは禁止していますが、お酒の席でもあるので流れに任せてしてくる人も中にはいます。
そのことに対してスタッフなどに忠告することもできますが、それではお客さんは不快な気分になってしまいます。

ここで初心者とベテランキャバクラ嬢の違いはボディータッチを上手くかわすことが出来るかによります。
もし、足に手が触れたと擦れば、その手をつかんであげてお客さんの膝に戻して少し会話してみましょう。
そしてタイミングよく手を放すことが出来ればお客さんも不快な気分になりません。
お客さんからボディータッチをするのではなく、自らボディータッチをできるテクニックを習得することが出来ればお客さんも満足いきます。

そして、お客さんとは近すぎず、遠すぎずの程よい距離感で接客するようになるのも接客のテクニックです。

連絡先は交換する

キャバクラではお客さんとの連絡先の交換は許されています。
だからといってお客さんに自分の連絡先を一方的に教えるのだけでは初心者のままです。

なので、連絡先を教える場合は、お客さんの連絡先も聞き出せるようにしましょう。
こうすることで自分からも連絡が出来るようになります。
お客さんとこまめに連絡を取り合うことが出来れば、次はいつお店に来てくれるかもわかります。
ただ、返信がないからといってしつこく連絡するのは逆効果になるので、お客さんのペースに合わせて連絡を取り合うようにしましょう。

同伴は食事から

食事キャバクラではお店の外で会う同伴というものがあります。
初めのうちはどのようにすればいいのかも迷ってしまいますよね。
なので、お店に出勤する前の時間に食事などに誘ってくれるお客さんとの同伴をして慣れていきましょう。

そして、同伴にも慣れてくれば、同伴でもなくてもいいとお客さんに伝えて会うことでお客さんは、プライベートの時間を削ってまであってくれることにとても喜びます。
そしてたいていのお客さんは、そのままお店に行こうとなるので結果的に同伴という形になるのです。
お店の外で会うことが出来るようになれば、お客さんも満足してさらにお店にも遊びに来てくれるようになるのです。

時間だけではベテランになれない。

これまで初心者のキャバクラ嬢の人が心掛ける点についていくつかご紹介していきましたが、キャバクラ嬢全員が初心者からベテランになるまでに同じような時間がかかったわけではありません。
人それぞれサービス内容ひとつにしても努力していき、自分なりのサービス精神を見つけ出すことが出来れば自然と指名も取れるようになり、ナンバー入りすることが出来るのです。
何年も同じ店で働き続けているからといってお金を稼げるわけではないのです。
初心者のうちからいろんな点で努力を続けることでより稼いでいくことが出来るのです。

まとめ

今回は、初心者のキャバクラ嬢がベテランになるまでの流れをご紹介していきましたが、お店に入りたての時はキャバクラに慣れていない初々しさがお客さんのツボにはまったりもします。
しかし、いつまでも同じようなことをしていれば指名にはつながりません。
なので、ベテランキャバクラ嬢のように日々のお客さんに対してのサービス精神であったり、身だしなみに気を付けていくことで指名も取れていけます。

キャバクラという世界は競争率の高い厳しい世界かもしれませんが、自分の努力が結果に結びつく世界でもあります。
そして、働く年月だけではベテランにはならないので今回ご紹介したような点を気を付けてベテランキャバクラ嬢になれるように努力してください。

未経験

Posted by ヒロシ