風俗など未経験の女がいきなりAV女優に応募しても大丈夫?

2023年12月14日

geralt / Pixabay

知っているようで知らないAV女優の世界。
風俗での経験はAV女優になるのに有利なのでしょうか。
そんな疑問にお答えします。

AV女優になる方法

女優として仕事をするためにはAV女優のプロダクションに所属しなければなりません。
出演交渉や売込みはプロダクションとAV制作メーカーとの間で行われるのです。
プロダクションに所属するにはオーディションを受けます。

最初に書類選考が行われて、審査を通過した女の子だけがオーディションに進めます。
多くの女の子が書類選考で落とされ、最終的な合格率は数パーセントと非常に厳しい関門になっています。
オーディション以外にAV女優になる方法としては、スカウトがあります。
AV女優として売れる何か光るものを持っている女の子がいれば、積極的にスカウトをおこなっているプロダクションは多いです。

AV女優の仕事

カメラAV男優さんとの絡みの撮影です。
AVの撮影現場は何人ものスッタフが狭い場所にひしめき合う中で行われます。
時間的な制約も多く基本的には一発勝負です。

女優男優ともに度胸がいる仕事と言えます。
AV男優は実は70人くらいしかいません。
基本的には絡む相手はAV男優なので不特定多数とセックスをすることはありません。

AV女優の種類

単体女優

メーカーと専属規約を結んでいるAV女優です。
単体というのは一人で1本の作品を任されることでそのAVの主演女優になります。
給料は1本いくらのギャラ制で50万円以上と高く中には100万を超える女優もいます。

メーカーの「顔」になるだけに握手会や撮影会などのキャンペーンの参加は義務付けられているしプライベートでの制約も多くなります

企画単体女優

通称キカタン。
メーカーと専属契約を結んでいないフリーのAV女優です。

ギャラは10万円から50万円くらいと単体女優に比べて低いですが、いろいろなメーカーの作品に出演することができるので、知名度、給料は単体女優に負けていない女優もたくさんいます。

企画女優

単体。
キカタン以外のAV女優で全体の約85パーセントが企画女優だと言われています。
知名度低いことを逆手にとった「初撮りもの「素人もの」の他には「乱交もの」といったところが主な活躍の場になります。
ギャラは数万とかなり低いです。

AV女優に求められるもの

なるもの、なってからも大変なAV女優ですが、女優として生き残っていくために必要なものがあります。

ルックス

女性 シルエットAV女優は見た目が重要です。
顔はもちろんですがスタイルや肌の色や艶、バストやヒップの形や大きさ、声、すべてがAV女優の商品価値として吟味されます。

オーディションではもちろんですが、メーカーへの営業活動や監督面接などあらゆる機会で全裸になって体の隅々までチェックされることになります。

キャラクター

若くて、スタイルのいい可愛い女の子は確かにオーディションには合格はしやすいかもしれませんが、仕事がもらえるかどうかは別問題です。
8000人以上はいるといわれるAV女優の中で仕事のオファーをもらうにはきらりと光る個性、キャラクターが必要なのです。

たとえ貧乳や幼児体系であったとしても、それを活かしたキャラクター作りをすればロリーターもののオファーはもらいやすくなりますし、高い身長ときつめの顔を活かしてお姉さんキャラとして成功した女優もいます。
最近のAVはほとんどがストーリーものです。
AV女優にもストーリに合ったキャラクターが求められるのです。

協調性

AVは案外狭い世界で同じスタッフと何度も一緒に仕事することになるでしょう。
AVの撮影は時間的、費用的にも制約が厳しく、効率的にいい作品を作ることが求められており、チームワークはとても重要です。
女優さんが緊張せず良い演技ができるように配慮して撮影現場はとても和やかで和気あいあいとしています。
自ら積極的にスタッフと協調して現場の雰囲気を壊さないことはAV女優として必要なことです。

エロさ

AVの生命線はエロさ、エロくないAVはもはやAVではありません。
初々しい清純そうな女の子が実はとてつもなくエロいから価値があるのです。
エロさの一つは女優の出すフェロモン、オーラです。

男性からみて「抱きたくなる」オーラや思わず勃起してしまうようなフェロモンが出ていると女優としてとても有利です。
もう一つはセックステクニックです。
フェラの時の舌遣いや目つき、手コキでの指の動き
騎乗位での腰の動かし方、目線や喘ぎ方、エロく見えることが肝心です。

セックステクニック次第で女優としての方向性も決まってきます。
ペニスの扱いが上手ければそれだけでも痴女系のキャラとして注目されるのです。

プロ意識

AV女優は自分の体が商品です。

綺麗に見せるため、スタイルの維持は当然ですが、肌や髪のコンディションを崩さないように日頃から気をつけないといけません。
また撮影日程に合わせて生理を調整する必要もあるでしょう。
完全に自己管理ができるプロ意識が強く求められるのです。

やる気・根性

AVは一日か二日で撮り終えますので、撮影が早朝から深夜にまで及ぶことは普通です。
予定が押してくれば休憩も十分に取れないこともあります。
AV女優の仕事はハードです。
やる気・根性は採用担当者が重視する要素の一つです

AV女優になるには制限はありません

Ok, GoodAV女優は正に実力の世界、学歴や経歴など制限はありません。
またこれまでの男性経験も面接時は聞かれますが、参考程度で経験の多少で合否が決まることはないのです。
人気のあるAVのジャンルに素人ものがあります。

男性慣れしていない初々しい女の子は
女優として需要は多いです。
風俗の経験がなくてもAV女優にはなれますし、実際に大勢の風俗未経験のAV女優はたくさんいます。

AV女優と風俗経験の関係

AV業界は風俗経験の経歴を隠す傾向があります。
AV女優は特別な存在でお金さえ出せばだれでも遊ぶことが出来るイメージは避けたいのです。
風俗店でのアルバイトを禁止しているプロダクションもあります。
それでは、風俗経験はAV女優になるにはマイナス評価かと言えば、そうでもないのです。

風俗経験者は即戦力

風俗経験者はAV女優の中でも多数派です。
風俗嬢はお客さんへのサービスを通じてAV女優として求められる要素を既に身につけていて、即戦力になるのです。
風俗嬢はスカウトの一番の対象なのです。

スカウトは風俗店のサイトでAV女優としてものになりそうな女の子を探しています。
風俗求人に面接に来た女の子をスカウトすることもあります。
風俗嬢とAV女優、「ものになる」女の子は共通点が多く、二つの業種間で取り合いになっているのです。

AV女優になりたいなら風俗バイトも有効です。

AV女優のオーディションに合格できないのは何かが足らないからです。
どうしてもAV女優になりたいのなら、まずは風俗店で働いてAV女優に必要な要素を身につけるのもいい方法です。
風俗嬢の中にはAV女優経験者も少なくありません。
もし同僚に経験者がいれば、貴重な話が聞けたり、アドバイスがもらえるかもしれません。

風俗店で頑張ってトップランカーになれば、露出も増えてスカウトの目に留まる可能性も高くなります。
スカウト女優はオーディションより待遇が良いことが一般的です。
一気に単体女優になるシンデレラストーリーも夢ではないのです。

まとめ

風俗経験がなくてもAV女優としても資質があればオーディションに合格することはできます。
一方で風俗の経験がAV女優として修行場に向いていることもまた事実です。
風俗経験を回り道と思うのか、AV女優へのステップと見るのかは考え方次第と言えます。

未経験

Posted by ヒロシ