キャバクラのエスコートレディは高時給バイト?仕事内容を解説

2023年12月14日

キャバクラには、エスコートレディという仕事があります。高時給バイトとして知られていますが、具体的な仕事内容やどんな人に向いている仕事なのか、よく分からない部分もあるでしょう。

今回は、そんなエスコートレディについてご紹介します。エスコートレディの仕事に興味がある女の子やキャバクラで仕事をしたいと考えている女の子は、ぜひ目を通してみてください。

エスコートレディとは?

エスコートレディとは、その名の通りお客さんをエスコートするのが仕事です。席まで案内するだけではなく、お料理やお酒などをテーブルまで運んだりします。ここではまずエスコートレディの具体的な仕事内容について解説していきましょう。

ボーイの女性版

エスコ-トレディは、お店の中でガールさんという愛称で呼ばれることも多いです。お客さんを接客するキャストとは違い、ボーイと同じような仕事をこなすポジションとなります。

具体的にはお客さんから荷物を預かって席まで案内したり、料理やお酒を運んだりします。空いたお皿やグラスを下げるのも仕事の1つです。基本的には接客をするわけではないので、会話が苦手な人でも問題ありませんが、接客業である以上最低限の気配りは必要です。

またお店によっては、エスコートレディ兼キャストとしての採用を考えているケースもあります。キャストとしても働きたいと考えていれば、まずはお店に問い合わせてみましょう。

キャバクラでの勤務に興味があるけど、最初からキャストとして働くことに対する不安があるという女の子にもエスコートレディとして働くのはおすすめです。その場合は、エスコートレディ兼キャストの求人を出しているお店の方が働き始めてからの満足度は高くなると考えられます。

容姿端麗だと採用されやすい

エスコートレディは、お店に足を踏み入れた時に最初に出会うスタッフです。お店の顔と言っても過言ではないので、第一印象がとても大切になります。そのため、容姿端麗な女の子ほど採用されやすいと考えられるでしょう。

ただ容姿端麗なだけではなく、フロアの様子を常にチェックし、お客さんとフロアレディの双方に気を使えることも大切なポイントです。つまり、頭の回転が早くて、状況に応じて臨機応変な対応ができる人が向いています。場合によっては、お客さんからクレームを聞かなければいけないこともあるため、接客業の経験がある人の方が対応しやすいでしょう。

エスコートレディの中には、キャストとして働いていたけど年齢を重ねて、エスコートレディになったという人もいます。キャバクラのシステムを知っている経験者の方が採用後のフォロー期間が短く済むため、お店にとってもメリットが大きいと考えられます。

風俗嬢を意味するエスコート(エスコートガール)とは別物

エスコートレディとよく似た求人で、エスコートガールやエスコートクラブというものもあります。名前だけだと違いが分かりにくいですが、エスコートガールやエスコートクラブはデリヘルであるケースが多いです。デリヘルではない求人の場合は、恋人のように夕方から翌朝まで一緒に過ごすサービスを指します。

エスコートガールやエスコートクラブは、男性へのヘルスサービスを提供することから、セックスありきの仕事です。セックスが前提となっているので高時給バイトではありますが、キャバクラのエスコートレディとは全く別の仕事になりますので間違わないように注意しましょう。

見分けが付きにくい場合は、求人を出しているお店のホームページなどを事前に確認しておくと安心です。そうすることで、ヘルスサービスなのかキャバクラなのかを見分けられます。

私も風俗店やキャバクラに興味がなく知識もなかったら、エスコートレディとエスコートガールやエスコートクラブの違いは、初心者と同じくよく分からなかったと思います。きちんと違いを知っておけば、思っていたような仕事ができるので、知っておいて損はないでしょうね。

エスコートレディの仕事内容・給料

エスコートレディの仕事に興味がある女の子は、具体的にどのような仕事をするのか、またお給料はどのくらいもらえるのかなどが気になってくるでしょう。そこでここらからは続いては、エスコートレディの仕事内容や給料について紹介します。

具体的な業務内容

エスコートレディの主な仕事内容は以下の通りです。

・来店したお客さんを席まで案内し、荷物やコートを預かる
・食事や飲み物を運ぶ
・空いたお皿やグラスを片付ける
・灰皿を交換する
・お客さんをお手洗いに案内する

エスコートレディは、フロア全体を見渡しながらこのような仕事をしていきます。お店によっては、フロアレディのヘルプに入ることもあります。

お客さんを席へ案内する

エスコートレディはボーイと同じような役割を担っているため、お客さんが来たら席まで案内をします。ただ席についてもらうだけではなく、かばんなどの荷物、コートがある場合は預かるのも大切な仕事です。

灰皿の交換

お客さんが席についたら、後はフロアレディにお任せする形になります。そのため、エスコートレディがお客さんと会話をする機会はほとんどありません。しかし、灰皿の交換はエスコートレディの仕事なので、たばこを吸っているか、灰皿はいっぱいになっていないかを小まめに確認する必要があります。

お手洗いへの案内

お客さんがお手洗いへ行く際に案内することもエスコートレディの仕事になっています。常連のお客さんであれば慣れているのでトイレの場所などが分かりますが、全てのお客さんがそうとは限りません。そのため、お手洗いへ案内するという仕事もあります。

ヘルプに入る場合もある

フロアレディが少ない日や席を外す時にエスコートレディがヘルプに入ることもあります。エスコートをするのが仕事だからと言ってヘルプで手を抜かないようにしましょう。手を抜いてしまうと、お客さんに不快な思いをさせるだけではなく、お店のイメージを下げてしまう可能性があるからです。

ヘルプに入るとその分時給が上がりますが、ヘルプに入りたくない女の子は面接のときにヘルプに入れないことを伝えましょう。

勤務時の服装

エスコートレディとして勤務する際の服装は、スーツやバーテン風の服装、露出度が低いドレスなどです。お店のクラスやコンセプト、雰囲気によって規定があります。基本的には、お店のスタッフなのでフロアレディよりも目立つような服装はしません。

規模が大きいお店ではエスコートレディの求人が比較的多く出ていて、規模が小さめのお店ではボーイがエスコートレディの役割を担っているケースが多いです。キャバクラだけではなく、セクキャバでもエスコートレディを募集していることがあります。セクキャバの場合は、基本的にキャバクラと同じような仕事をしますが接客はありません。

求人は、一般的な求人サイトにも掲載されているので、気になる人は募集しているお店があるかチェックしてみてください。

給料の相場

キャバクラのエスコートレディとして働こうと考えている女の子は、時給がどのくらいなのか気になっているのではないでしょうか?高時給バイトとして知られているのでそれなりに稼げることは分かっていても、実際にはどのくらい稼げるか見当がつかないものです。

エスコートレディの時給は、働くエリアによって変動します。都心のキャバクラの場合は、時給1,500円~2,000円が相場となっています。

しかし、都心でもお店によって時給に差があり、お店によっては時給1,800円以上で実績や能力に応じて昇給するというケースもあるのでお店選びはとても大切です。老舗の優良店では、高時給が期待できるだけではなく、働きやすさも抜群なのでできるだけ老舗のキャバクラを選んだ方が良いでしょう。

求人を見る際には、待遇や手当も確認しておくことをおすすめします。貸衣装が無料、随時昇給あり、送迎あり、ノルマや罰金ナシのお店であれば、初めてキャバクラで働く人でも安心です。

エスコートレディとフロアレディの仕事の違いはメインで接客をするか、来店時やその他の場面で対応をするかといったところにあるようですね。仕事内容が分かれば、勘違いすることなくバイトの求人に応募できるでしょう。また、給料の相場が分かれば、相場よりも安いのか高いのか判断しやすくなり、賢く求人選びができますよ。

エスコートレディに向いているのはこんな人

接客がほとんどないエスコートレディですが、お店を訪れたお客さんの案内や、キャバ嬢のサポートをするエスコートレディは一体どんな女の子に向いているのでしょうか?ここからはエスコートレディとして能力を活かせる人の特徴をご紹介しましょう。

キャバ嬢として働いていた経験がある人

基本的に接客は行わないエスコートレディですが、キャバ嬢の人数が少ない日やお手洗いに行っている時などは穴埋めをしたり、ヘルプに入ったりすることもあるのでキャバ嬢の経験があるエスコートレディは重宝されます。なので、お店によってはエスコートレディとキャバ嬢を兼務する前提で求人を出しているところもあるので事前によく確認しておくといいでしょう。

接客業の経験がある人

エスコートレディの中にはナイトワークの経験がないという女の子もいます。もちろん経験はあるに越したことはないですが、大切なのはお客さんに対して丁寧に対応できるかどうかなので、絶対というわけではありません。丁寧な言葉遣いができる、預かったコートや荷物を丁寧に扱えるなど、どんなお客さんが訪れても失礼のない対応が求められるので、接客業の経験がある人は馴染みやすいでしょう。人のお世話が好きで接客業を楽しく感じられる人はエスコートレディに向いています。

気配りができる

エスコートレディはお客さんの案内やキャバ嬢のサポートが主な仕事内容です。常連のお客さんの名前や指名のキャバ嬢を覚えておくのはもちろん、お客さんの表情一つで気持ちを先読みできるような気配りが必要です。また、どんなことをしておくと仕事がしやすいか、キャバ嬢の立場から物事を見てサポートができるような気配りができる人が求められます。お店で働くスタッフやお客さん、それぞれの立場になって総合的なサポートができるようなマネージャー気質の人はエスコートレディに向いているでしょう。

キャバ嬢になりたいけど自信がないという人

最初はエスコートレディとして働き始めて最終的にキャバ嬢になるパターンはよくあります。エスコートレディは働くスタッフとお客さんの両方に気配りができなくてはならないので、ナイトワークの基本を学ぶにはピッタリの仕事です。エスコートレディとして経験を積むことで運営の楽しさを知り、幹部になる場合もあれば、接客の楽しさを知ってキャバ嬢になる人もいます。キャバ嬢に興味があるけどナイトワークの経験がなくて不安、自分にできるのか自信がない、という女の子はエスコートレディから始めてみるのもおすすめです。

頭の回転が早い人

お店を訪れたお客さんに気持ちよく過ごしてもらうにはキャバ嬢を始めとしたスタッフ全員が連携する必要があります。しかし、持ち場を離れられなかったり接客中だったりすると密な連携を取るのは難しくなります。そんな時に活躍するのがエスコートレディです。フロア全体の状況をつぶさにチェックし、何気なくフォローを入れるなどスタッフ同士の連携をサポートしなくてはなりません。状況把握と同時にトラブル回避のための提案ができたり、すでに起きてしまったトラブルを素早く解決できたりするような頭の回転の速さが求められます。しかし、ある程度は慣れればできるようになるのであまり身構える必要はありません。

ちょっと不手際があってもしっかりフォローがあるような店だと「また来てみよう」ってなるものなんだよね。結局はお客さんに対してどれだけ気配りができるかが大切で、それってフロアを仕切るエスコートレディの力量が問われるんだ。有能な人だと他のスタッフも協力的だから店の雰囲気もいいんだよね。

まとめ

今回はエスコートレディについて、仕事内容や服装、給料の相場や向いている女の子の特徴などをご紹介しました。仕事内容自体はボーイさんと似ているところも多いですが、ボーイさんとの違いとしてはキャストが少ないときにヘルプに入ることで多少収入が上がることです。もちろん入る入らないは事前にお店と相談して決めておきましょう。とにかくお客さんがお店を訪れて最初に目にするのがエスコートレディとなるので容姿端麗で丁寧な心配りのできる接客ができることが求められます。
 また、フロア全体を把握して瞬時に適切な対応を取らなくてはならず責任もありますが、その分やりがいのある仕事です。中小規模のお店だとエスコートレディが存在しない場合もありますが、探せば案外求人が出ているので興味がある人はチェックしてみてください。

キャバクラ

Posted by ヒロシ