おっパブなどのセクキャバに来るクソ客・良い客の見分け方を紹介

2023年12月14日

おっパブやセクキャバは、ナイトワークの中でも特に高収入を得られるお仕事です。男性からお触りされることに抵抗さえなければ、これほど効率よく稼げるお仕事はありません。ただ、おっパブやセクキャバには良いお客さんもいれば、いわゆるクソ客と呼ばれるできれば接客したくないお客さんもやってきます。

ここでは、クソ客と良い客の見分け方や、クソ客への対応の仕方などをまとめました。これからセクキャバで働いてみたいと考えている方は、ぜひ目を通してくださいね。

おっパブにやってくるクソ客と良い客の見分け方とは

そもそも、どのようなお客さんが良い客、クソ客なのでしょうか。明確な定義があるわけではありませんが、キャストの嫌がることをせず、ルールを守って遊びながらお金を落としてくれるのが良い客です。逆に、女の子の嫌がることをする、ルールを守らないといったお客さんがクソ客です。

おっパブにやってくるクソ客の特徴

クソ客への対応に頭を悩ませているセクキャバ嬢は少なくありません。おっパブやセクキャバに限らず、夜の世界で働く女の子はクソ客への対応に困っているもの。ここではまず、おっパブにやってくるクソ客の特徴を把握しましょう。

下半身を触ってくる

セクキャバでは、お客さんが女の子にボディタッチすることを許可しています。キャストのおっぱいに触れることを売りにしているので、訪れるお客さんの多くがそれを目的としているのも事実です。

ただ、お触りができるのは上半身のみで、下半身へのお触りはNGです。これは、基本的にどこのセクキャバでも同じで、お店のルールで禁止されています。しかし、クソ客と呼ばれるお客さんはお店のルールを守る気がないので、キャストの下半身に平気で触ってくるのです。

足を触るくらいならまだしも、酷いお客さんになると下着の中に手を入れてくるケースも。もっと酷いと、膣に指を入れられてしまうこともあります。

触り方が乱暴で痛い

おっぱいの柔らかさを堪能したい気持ちは理解できますが、強くおっぱいを揉まれると痛いですよね。お客さんによっては、胸を力いっぱい鷲掴みにしたり、乳首を噛んだりしてきます。

普段女の子のおっぱいをあまり触ることのない方だと、どの程度の力で扱えばいいのかわからないのかもしれません。また、乱暴に扱うことで女の子が痛がる顔、嫌がる表情を見たいといったドSな方もいます。このようなお客さんに当たってしまうと、痛みが気になって接客どころではありません。

サービスにないのに抜きを強要してくる

基本的に、セクキャバにはヌきのサービスはありません。あくまで、女の子のおっぱいを愛でながらお酒やお喋りを楽しめるのがセクキャバなのです。しかし、クソ客と呼ばれる男性の中には、手でヌてほしい、フェラをしてほしいなど無茶な要求をしてきます。

セクキャバの店内は薄暗くなっていることが多いので、こっそりヌいてほしいとお願いしてくるお客さんは少なからずいます。当然ですが、このような要求に応じてはいけません。お店にバレてしまった場合、間違いなく解雇されてしまいます。お店にも迷惑をかけることになるので、絶対に応じてはいけませんよ。

個人情報を聞き出そうとしてくる

セクキャバなど、夜の世界で働いている女の子の多くは、身バレしないよう気をつけています。そのため、職場ではなるべく個人情報を明かさないもの。自分を守るためにも、明かす情報は最小限にしているのです。

それにも拘わらず、クソ客はキャストの個人情報を何とか聞き出そうとします。LINEを交換しようとするのは可愛いほうで、人によっては本名や住所、出身校などあらゆる個人情報を聞き出そうとするのです。

これも、キャストからすると迷惑な話ですよね。わずかな情報から身バレしてしまう恐れがあるばかりか、そのお客さんがストーカーになってしまうリスクもあるのです。

乳首への責めがハード、乳首ばかり触る

多くのセクキャバ嬢が頭を悩ませている乳首ストーカー。乳首ばかりを執拗に責めてくるお客さんのことを、業界では乳首ストーカーと呼んでいます。乳首を指先でひたすらクリクリされる、歯で噛み続けられるといったことをされると、乳首が痛くなってしまうのは当然ですよね。

乳首はとてもデリケートな部位です。あまりにも執拗に責められてしまうと、お仕事が終わったあともずっと乳首がヒリヒリしてしまいます。

しつこく店外デートに誘ってくる

店内でエッチなことをさせてくれるのだから、店外で会えば本番をさせてくれるのでは、と淡い期待を抱くお客さんも少なくありません。外で会えば無料でエッチなことができる、と考える方は意外に多いのです。

当然ですが、セクキャバ嬢はそれほど安くありません。あくまでお仕事なのでサービスしているだけで、お金ももらえないのに店外でそのような行為に及ぶはずはありませんよね。勘違いしてしまうお客さんが多いのは困りものです。

基本的に、多くのセクキャバ店ではキャストとお客さんが店外で会うことを禁止しています。にも拘らず、しつこく店外デートに誘ってくるお客さんは少なくありません。

逆におっパブでの良いお客さんとは

クソ客に当たってしまうと最悪ですが、セクキャバにやってくるのはそのようなお客さんばかりではありません。気持ちよく対応できる良いお客さんもたくさんいますよ。

落ち着いたお客さん

セクキャバにやってくるお客さんの中には、とてもガツガツした方もいます。女の子のおっぱいに夢中になり、まともに会話ができないような人も少なくありません。このようなお客さんもいいのですが、あまりガツガツされるとちょっとイラっとしてしまいますよね。

一方、落ち着いたお客さんは、ガツガツした様子がまったくありません。おっぱいを触るものの、キャバクラの延長のような感じで遊んでくれます。キャストとお酒を飲みながらお喋りもしてくれるので、女の子も楽しめるのです。このようなお客さんは、また来てほしいと思いますよね。

恥ずかしがり屋なお客さん

セクキャバを利用するのが初めて、といった方は高い確率で緊張しています。おっぱいを触りたくても触れない、恥ずかしくて目を向けることができない、といった方も少なくありません。

このようなお客さんも、セクキャバ嬢にとっては扱いやすく良い客ですよね。ガツガツされる心配がなく、乱暴におっぱいを扱われることもありません。キャストが主導権を握りながらコミュニケーションをとれるので、とても扱いやすいお客さんです。

ドリンクをバンバン注文してくれて金払いのいいお客さん

セクキャバ嬢は、時給に加えてさまざまなインセンティブが支給されます。指名バックやドリンクバックなどが代表的ですね。セクキャバ嬢にとって良い客は、ドリンクをたくさん注文してくれる人です。キャストにもたくさんごちそうしてくれるので、ドリンクバックを稼ぎやすいのです。

たくさんオーダーはしてくれるものの、毎回ツケで飲むようなお客さんはあまり良い客とはいえません。お客さんのツケは、担当するキャストの売掛になってしまうことが多いので、支払ってくれないと女の子が困ってしまいます。良い客は、毎回たくさんドリンクをオーダーしてくれて、その都度きちんと支払いもしてくれます。

セクキャバが未経験のお客さん

セクキャバ未経験のお客さんは、遊び方を知らないのでキャストが主導権を握れます。遊ぶときのルールを最初に教えておけば、今後もキャストが嫌がるようなことはされないでしょう。

未経験のお客さんは、キャストのおっぱいを乱暴に扱ったり、ルールを破るようなこともしません。キャストにとっては、楽で扱いやすいお客さんといえます。

何回も指名してくれるお客さん

セクキャバは、キャバクラと同じように指名制度があります。指名されると、キャストには指名バックが入るので、何回も指名してくれるお客さんは女の子にとって神様のような存在ですね。セクキャバ嬢が安定した高収入を得るには、指名客を増やすことが何より大切です。このような良い客をたくさん増やしましょう。

差し入れしてくれるお客さん

お客さんによっては、キャストに差し入れをしてくれる方もいます。良客と呼ばれる人は、キャストの好みなども把握したうえで差し入れをしてくれるので、嬉しいですね。アクセサリーやバッグなど、高額なプレゼントをしてくれるお客さんは、キャストにとってありがたい存在です。

私もよくセクキャバには足を運んでいました。愛嬌があって可愛い子、一生懸命頑張っている子には、つい差し入れもしたくなるものです。クソ客にも神対応ができれば、もしかすると太い良客になってくれるかもしれませんよ。

度を過ぎたお客さんにはどう対応するべきか

我慢できるレベルのクソ客ならまだしも、中には度がすぎている方もいるでしょう。このような方にはいったいどのように対処すればいいのでしょうか。ここからは、困ったクソ客への対応方法について見ていきましょう。

風俗のクソ客への対応について詳しく知りたい方はコチラ

ボーイを呼ぶ

セクキャバの店内にはボーイが待機しています。ボーイを呼ぶときは、キャストが手を挙げるだけです。すぐにボーイが駆けつけてくれるので、何に困っているのか報告しましょう。いきなり呼ぶのではなく、前もってお客さんに「お店に言っちゃうよ?」と伝え、それでも嫌な行為をやめないときはボーイを呼んでください。

出禁にしてもらう

迷惑行為の止まないお客さんに対しては、出入り禁止にしてもらうこともできます。ストーカーになりそうな人、キャストの嫌がることをする人、ルールを守らないような人は出禁にしてもらいましょう。出禁にするとお客さんは二度と来店できないので、指名もなくなります。それも理解したうえで判断してください。

別のお店に誘導する

ヌきを要求されたときには、近所にあるピンサロや風俗店などを教えてあげる手もあります。ヌいてほしいといわれたときに、「近くにいいピンサロありますよ~」といった具合に教えてあげましょう。

クソ客に嫌なことや困ったことをされるのを、放置しないようにしましょう。どんどん行為がエスカレートしてしまう恐れがあります。私の知り合いのセクキャバ嬢も、クソ客の行為を放置してしまって大変な目に遭ったと言っていました。

まとめ

セクキャバには、良いお客さんも来ればクソ客もやってきます。初めて働く方は、クソ客の行為に「こんなものかな」と思ってしまうかもしれません。ここでお伝えしたことを覚えておけば、クソ客と良客の区別もできるようになるでしょう。ぜひ、今後セクキャバで働くときに活かしてくださいね。