女性向け風俗店はぽっちゃりでもレズじゃなくても働ける?

2023年12月14日

Kurious / Pixabay

風俗店と言えば男性が利用するイメージが定着している訳ですけど、実は女性向けの風俗店も存在しています。
当然そこで働いているのは女性ばかりという事になる訳です。
その様なお店ではぽっちゃりやレズでなくても働くことができるのでしょうか?
もしそうであれば働き先の1つとして新しい選択肢が増えることになります。

実際にやるかどうかは別の話になりますが、皆様としては好都合な話でしょうから興味深く見ていただきたいです。

女性が利用する風俗店がある

女性向け風俗店はぽっちゃりでもレズじゃなくても働ける?殆んどの繁華街の中心地に風俗店が存在しています。

しかし、見た所男性向けのお店ばかりになっています。
女性が利用できるお店は殆ど見かけることがありません。
ただ、全くないかというとそういう訳でもないです。
一部デリヘル店等では女性が利用できるお店が存在しています。

この頃はLGBTなどと言って同性愛に寛容な雰囲気が広がっていますが、そういった流れを受けて更に今後増加していくのではないかと考えられます。
ちなみにこの様な性癖は昔から知られていました。
レズビアンという言葉が使われてきた訳ですが、最近は百合がレズと同じ意味で使われるようになっています。
直接的な表現を控えてオシャレな花の名前を使う事によって、より同性愛の抵抗感というのを減らすことができました。

リアルの世界の関係が深まるだけではなくて、2次元世界においても百合文化が花開きました。
これは昔では考えられなかったことです。
これに更に拍車をかけたのがネットの普及です。
正確な言い方をするとスマホが普及したからという表現が適切です。

これによって女性のネット利用が劇的に増加する事になりました。
今まで隠すべき性癖として扱われがちだったレズが、そうではない事に気づいた訳です。
元々性欲旺盛ですから、どうしたってそれを発散したい気持ちになるはずです。
需要があれば供給が生まれるという訳で、女性向け風俗店が増えてきました。

ただ、ぽっちゃりの女の子の求人は殆ど行われていません。
元々太っている女の子というのは男女両方からそれ程需要がある訳ではないです。
もちろんマニア層からはありますが、一般的ではありません。
少ない女性向け風俗店の中で、更にマニアックなぽっちゃりを扱うケースは皆無に等しいでしょう。

ただ、採用の可能性も全くのゼロではありません。
ダメもとで面接に応募してみてもいいのではないでしょうか?

レズでなくても働くことが可能

レズビアンこの様な女性向けの風俗店ですが、レズでなければ採用されないなどという事はありません。
ただ、やはり理想的にはレズビアンの女性という事になるでしょう。
また、男女両方ともイケるというバイセクシャルでも構いません。
レズでない場合に不利になってしまうのは、やはりどうしても興奮しきれないからです。

演技でその様に見せることは可能ですが、やはり本気で感じている女の子には敵わないでしょう。
この辺りのハンデを許容できるかどうかがポイントになります。
ちなみにこの様なお店で働く際は、専門用語をある程度憶えておくことをお勧めします。
ネコ・タチ・バリなんかは典型的な物ですので、これ位は知っておいてください。

最初のネコですが、これは性行為における受け身の立場を好む人の事を言います。
上下でいうと下側という事になるでしょう。
おそらく語源は動物の猫からきていると考えられます。
次のタチですが、これは先程と丁度逆の攻めの立場の人の事を言います。

そして最後のバリは超のような意味になります。
先程紹介したネコ・タチと組み合わせて使うという事が多いです。
バリネコとか、バリタチという具合です。
元々の状態よりも更にその傾向が強いという事をこのように表現しています。

プレイをする際にお客さん側からこの様な表現でリクエストが行われる事がありますから、ある程度知っておきましょう。
もちろんここで紹介したもの以外にも沢山ありますから、それらに目を通しておかなくてはいけません。
オススメの勉強法としては様々な物がありますが、やはりレズ系のアダルトビデオを鑑賞しておくのがオススメです。
ノンケの人が見て楽しめるのかな?

という感じですけど、結構キレイな女優さんが出演しているので見ごたえがあります。
最初は興味がなかったけれど、見ている内に自分もレズになっていたなんて女の子も少なくありません。
残念ながら接客で相手をする女の子はそれ程可愛くないケースが多いので、そういう意味ではちょっとガッカリですが、それは仕方が無いところでしょう。

接客前の予習を欠かさないようにする

男性との性経験もある程度役に立ちますけど、レズが行うプレイはそれとは質が異なるものです。
股間を擦り合わせる動きの事を貝合わせと呼ぶ訳ですけど、こういう動きは普通男女間で行われません。
女性同士ならではですから、こういった事を予め予習しておいてください。

Ok, Goodと言ってもビデオを1、2時間見れば分かることですから、それ程難しい訳ではないです。
どなたでも直ぐに真似をする事ができます。
ちょっと面倒だから男性向けのお店で働こうかな?
なんて考えも浮かんだかも知れませんが、女性向けだからこそのメリットが沢山存在していますので、そこに注目をしていただきたいです。

まず性病になってしまうリスクが劇的に減少します。
キスをするので全くのゼロかというとそうではありませんが、射精する訳でもないですし本番を強要される事もないので、そういう意味では安心でしょう。
また、女性は何となく清潔なイメージというのもありますので抵抗感なくプレイができます。
また、鑑賞コースというのも用意されています。

これはお客さんとプレイをするのではなくて、お店に在籍している女の子同士のプレイをお客さんに見てもらうというものです。
見ず知らずの人と身体を触れ合わせたくない女の子に向いているでしょう。
キャスト同士で予めペアを組むことになりますので、皆さんの好みの人と楽しんでみてはいかがでしょうか?
ただ、お店によってはお店側から指示された相手としか出来ないという事もあるので、その場合は少し我慢しなくてはいけません。

この様な感じになっているので、初心者の女の子はどうしても戸惑ってしまう事になるでしょう。
でも、どの業界でもそれは同じですから、ここで頑張って新人として実績を積み重ねていってください。
かなりマニアックなジャンルなので、どんなお客さんが来るのかというのを楽しみにしていただきたいです。
お金を支払ってまで利用してくれるというのは考えようによっては非常に嬉しい事です。

この快感を得たければ早い内に在籍をしてください。

採用されるかどうかはお店側次第

それぞれのお店によって採用している女の子の年齢が違いますから、それに自分が当てはまっているかどうかをまず確認してみてください。

その上で最低限のルックスが備わっているかが重要になります。
レズプレイをしたいと考えているくらいですから、お客さん側が求める美しさの水準はそれなりに高いことが予想されます。
ただ、採用されるかどうかというのは結局のところお店側次第ですから、自分で無理だろうと勝手に判断してしまう事があってはいけません。
とりあえず面接に応募して相手側の判断に身を委ねてみてください。

採用の確率はそれなりにあるでしょう。
まだメジャーとは言い難いジャンルなので、そういう意味でも興味深く働くことができるはずです。